[CML 024170] 【報告】第753日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 5月 12日 (日) 07:39:22 JST


青柳行信です。 5月11日。

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第753日目報告☆
   呼びかけ人賛同者5月11日2829名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】5月10日1名。
       桑野恭彰
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまでした。
最近、ブログに 変なトラック・バックが増えました。
1日に30本くらい入ることがあります。
それも、古い記事についています。 変なウイルスがくっついていると
困りますので、できるだけ開けないようにしています。
皆さまもお気を付けください。
あんくるトム工房 
大宰府から木簡   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2424
南正人さんのライブ http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2425

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首連作> から:
 ☆震災の危急の中の高きモラル褒められし国のマフィアなる恥部(左門 5・12−289)
   ※日本官僚機構ー原子力ムラーピンハネのマフィア 
    原発事故三悪も共に「収束」させなければ平和な被災地と日本は望めない。
    クリーンアップ・日本の課題は多くかつ重い。 

★ 川崎順哉 さんから:
 <久々の長崎>
青柳様
金曜日は長崎に行きました。
長崎大学医学部「原爆医学資料展示室」を訪問しました。
また同展示室の置かれていた冊子三冊を持ち帰りました。

被爆と被曝は核兵器と核の平和利用という目的こそ違え、
核が人間の生命や健康を脅かすという点では同じ。
これが人類最大の功罪であり、永久の課題かもしれない。
そんな想いで帰路に就きました。

そして久しぶりに理事長とも懇談が出来ました。
市民運動の難しさや日本人に資質、
過去の歴史認識などについて9時間にも及ぶ懇談は、
実に有意義な時間でした。
我が市民運動の原点回帰を久しぶりに致しました。

★ 後藤富和(原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団) さんから:
バイオマスタウン構想で有名な岡山県真庭市にいってきました。
再生可能エネルギーの活用について非常に参考になります。
視察の様子を大橋法律事務所のブログに写真付きでアップしましたのでぜひご覧下さい。
http://blog.ohashilo.jp/

★ M.nakata さんから:
原発政策 国内外で使い分けるな(東京新聞・社説・2013年5月11日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013051102000144.html

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日は、福島の原発現場ではテロ対策のデモンストレーションで銃撃戦、などの報道がありました。そうした記事は後半にまわして、大震災から2年2ヶ月目の被災地フ」クシマを伝
える記事を多数紹介します。先ず、第一原発至近の被災地域視察のレポート、
1.福島・浪江 『沈黙の春』高い線量・津波のつめ痕…これが『収束』といえるのか」しんぶん赤旗5月11日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-11/2013051114_01_1.html
記事「人っ子一人もいない・・・・『全て流されても、私たちの心の中では請戸は生きている』。請戸小学校の教室の黒板に書かれた生徒の文字です。・・・・・津島地区から、居
住制限地域や避難指示解除準備地域の線量の低い地域にある役場やJR浪江駅の地域に移動。役場では『町応急仮設診療所』がこの日から開所しました。『医者が診療所にいれば、
安心して町に戻ってもらえる』と二本松市の仮設住宅で診察している関根俊二医師(71)が週1回、浪江町まで通ってきます。『患者はまだ一人もきません』と関根医師。『ライ
フラインが復旧していません。医療に水は欠かせませんからペットボトルを大量に準備はしていますが…』と訴えました。」
・・・・人の気配のない町。区域が再編されようが、生活基盤がなければ帰れない。診療所開設の記事は昨日ありました。その浪江町の続き、
2.「災害公営住宅3100戸要望 浪江町」福島民報(05/11 08:50)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305118329
記事「福島第一原発事故で全町避難している浪江町は、災害公営住宅を整備する県に対して町外コミュニティー候補地のいわき、南相馬、二本松の3市に計3100戸の確保を要望
している。10日、二本松市で開かれた浪江町行政区長会で町が明らかにした。」
3.「慰謝料増額求め申し立て=浪江町民7300人、年300億円−東電に請求、原発事故」時事通信05/1118:55
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?k=2013051100271&g=eqa
記事「・・・同町の人口(約2万1400人)の3分の1以上で、原発事故をめぐるADRの集団申し立てとしては最大規模。請求する慰謝料は年間300億円以上の見通
し。・・・弁護団によると、4月30日時点で参加者数は3211世帯7324人で、申立時にはさらに増える予定。・・・・ADRで解決しない場合は民事訴訟を検討する。現在
1人当たり月10万円の慰謝料を35万円にするよう求め、事故発生から2年分についてもさかのぼって請求する。」
・・・すごい原告数の訴訟です。
4.「保管庫に受け入れ制限 中間貯蔵施設公開質問書、楢葉町長が回答」福島民報(05/11 08:49)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305118328
記事「・・楢葉町の松本幸英町長は10日、町民有志でつくる「ふるさと楢葉を取り戻す会」が提出した中間貯蔵施設に関する公開質問書に対して回答した。公開質問書には「中間
貯蔵施設と町が提案する保管庫(仮称)の違い」など5項目が盛り込まれており、回答では、保管庫は搬入する廃棄物の放射性物質濃度が1キロ当たり10万ベクレル以下であるこ
となどの受け入れ制限を設けるとした。・・・・『なぜ町が放射性廃棄物を町内で保管する結論に至ったのか』とする質問に対しては、『仮置き場の撤去までの道筋を示すためにも
町内で一元的に廃棄物を集約・保管する施設を検討する必要がある』などとした。」
5.「バリケード設置準備 28日に避難区域再編の双葉町」福島民報(05/11 08:48)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305118327
「・・・・同町の区域再編では、町北東部の浜野・両竹地区が避難指示解除準備区域、他の地域が帰還困難区域となる。・・・バリケードは帰還困難、避難指示解除準備の両区域境
の他、防犯対策のため6号国道周辺にも設置される。設置箇所は約100カ所に上る見通し。・・・・」
6.「周産期医療など東電病院活用を 二本松市が要望」福島民報(05/11 08:46)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305118325
記事「・・・・東京都内にある東電病院を、市民や被災住民が子どもを産み育てる環境づくりに活用するよう東京電力に要望した。・・・・二本松市で出産できる唯一の医療機関
だった社会保険二本松病院は3月末で産科の常勤医師が退職し、4月から産科を休診している。」
・・・東京まで通院する費用もだしてあげれば・・・。
7.「放射性物質汚染汚泥、国処分を 県下水道協会総会で決議」福島民報(05/11 08:47)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305118326
記事「・・・・・総会には県内の市町村などから約40人が出席した。地方の下水道整備促進に向けた予算の拡充なども含め国に4項目、県に1項目を求める。・・・・」」
8.「葛尾の野生コシアブラ1点から7700ベクレル」福島民友(05/11 10:00)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0511/news7.html
記事「・・・福島第1原発事故に伴う避難区域が再編された市町村で初めて山菜の放射性物質検査を行った結果、葛尾村で採取した野生のコシアブラ1点から食品の基準値(1キロ
当たり100ベクレル)を上回る1キロ当たり7700ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。・・・このほか放射性セシウムの検出値が高かったのは、楢葉町の野生
のゼンマイで4500ベクレル、葛尾村の野生のタラノメで1400ベクレル。・・県内全域で行われた検査結果を含めると、二本松、楢葉、広野、葛尾、川内、鮫川の6市町村で
採取した山菜7品目、17点が基準値を上回った。」
一方では、
9.「アスパラ、トマトをタイへ 県産品の輸出拡大」福島民友(05/11 10:00) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0511/news6.html
記事「・・・・・タイへの輸出品目は、新たにナシやイチゴ、柿などの県特産の果物を充実させるほか、加工食品の追加も検討する。品目の拡大で年間を通じた切れ目のない販売促
進活動を展開、タイで『福島ブランド』の知名度向上を図りたい考えだ。・・・」
・・・・・・・?!!
10.原発被災者支援法 基本方針策定狙う 福島大でフォーラム」河北新報5月10日06:10
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/05/20130510t65001.htm
記事「・・・・福島第1原発事故に伴う被災住民の支援を目的とした「子ども・被災者支援法」をめぐり、医師や弁護士らでつくる実行委員会(委員長・熊坂義裕前宮古市長)は
11日、福島市の福島大でフォーラムを開く。昨年6月の同法成立後、支援策や対象地域を指定する基本方針がたなざらしになっている現状を踏まえ、早期策定を促すのが狙い。実
行委には日本弁護士連合会、放射線被ばくや健康管理の専門家らが参加している。」
・・・・現時点で開催後の記事がありません。
政府は、
11.「避難所のペットOKに=自治体向けガイドライン作成−環境省」時事通信05/1116:13
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051100200
記事「・・・同省は、ペットを家族の一員と捉え、『一緒に避難することが被災者の心の安定にもつながる』(動物愛護管理室)と判断し、避難所、仮設住宅での受け入れを自治体
に要請することにした」
・・・実施するのは、自治体・・・どう対応できるのか、避難者同士のトラブルのほうが心配です。
原発施設の労働では、
12.「福島第1原発に違法派遣 長崎の3社、改善命令」西日本 5月11日 10:36
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/363020
記事「・・・福島第1原発事故の収束作業に、延べ510人の作業員を違法に派遣したとして、長崎労働局は11日までに、長崎県内の派遣業者3社に労働者派遣法に基づく事業改
善命令を出した。 ・・・・労働局によると、創和とアグレスは2011年7月1日〜8月9日、自社で雇用した341人と、他社からの派遣を受けた169人を大和に作業員とし
て派遣。大和は、全員を福島第1原発の配管工事に派遣した。」
電気料金値上げのこと、
13.「東北電力の値上げ、8月以降にずれ込む可能性」福島民友(05/11 10:00)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0511/news5.html
記事「・・・東北電力が7月から予定していた家庭向け電気料金の値上げについて、実施時期が8月以降にずれ込む可能性が高くなった。・・・・通常は申請後に10回ほどの審査
会が1〜2週間ごとに開かれるが、10日までに開かれた審査会は4回にとどまっている。」
14.「電力契約、『乗り換え』加速=東電は前年の10倍−値上げで」時事通信05/1115:40
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013051100187
記事「・・・・2012年4月に企業向け料金を平均14.9%引き上げた東京電力は、12年度の顧客の流出が約7000件に上り、11年度の10倍に達した。・・・」
・・・競争ができる環境ができれば、こうなるのが当たり前、家庭用も選べるとよいのですが・・・。
15.「福島第一原発へのテロを阻止せよ! 警察・海保が訓練」5月11日21時18分
⇒http://www.asahi.com/special/news/articles/TKY201305110262.html
記事「・・・警察と海上保安庁は合同で11日、福島県の東京電力福島第二原発でテロ事件に対処する訓練を行った。特殊部隊など約150人が放射性物質を防ぐ防護服を着用して
臨んだ。 ・・・事故後の廃炉作業が行われている福島第一原発がテロリストに襲われた事態を想定した初の合同訓練。第一原発は停電で冷却システムを停止するなど不安定な状態が
続いている。原子炉は放射線量が高く、人がなかなか近づけない。このため警察などは、放射性物質を拡散させるといったテロの懸念が一層高まっていると判断、警備を強化してい
る。 」
・・・わざわざ、大きな音をたてて見せなくとも・・・まるで戦争ごっこでしたね。原発をねらうテロはこんな形をとらなくても簡単な方法でできるはずです。
反原発金曜行動、各地でがんばっています。
16.「『6・2行動』私も参加します 『原発ノー』一日中 反原連スタッフ、フライヤー配布 官邸前」しんぶん赤旗
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-11/2013051115_01_1.html
記事「・・・東京の首相官邸前では、6月2日に行われる『6・2NO NUKES DAY』にむけ、反原連スタッフがフライヤー(チラシ)を配布しました。『全国から集まろ
う』と呼びかけました。」
次に、こんな記事にも原発事故の影がみえます、という事例を、
17.「北海道へ、あえて船旅 豪華フェリーで行く開拓者の道」(有料記事?)朝日デジタル5月12日00時03分
⇒http://digital.asahi.com/articles/NGY201305090018.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_NGY201305090018
記事・・・これから、北海道は観光のベストシーズンを迎える。中部空港から飛行機でひとっ飛びもいいが、今回はあえて、船旅で向かうことにした。それは、今から百年以上前、
東海地方から開拓に旅立った人が通った道でもあるからだ。 ・・・・・乗客がレストランで昼食を楽しんでいるころ、遠くの海岸に東京電力福島第一原発の建屋がぼんやりと見え
た。東日本大震災が発生した2011年3月11日。『いしかり』は東京で就航のお披露目会を開いていた。津波を避けるため、そのまま名古屋港に避難し、すぐに救援物資や人の
輸送に当たった。現在も空間の放射線量を計測し、原発を避けた大回りの航路をとっているという。 」

それでは、今朝5時前に届いた西日本新聞の紙面では、 あれっ! 記事はないです。
29面福岡ワイド面にある次の記事を紹介しておきましょう。
18.「『戦争拒む憲法守ろう」纐纈・山口大副学長が講演」
・・・・市民団体「原発もミサイルもいらない 9条を活かす九州ネットワーク」の主催、福岡市の早良市民センターで、50人が参加した、と。

作日の訂正:8.の記事 誤「高線量の場所が修験する」→正「高線量の場所が出現する」

★ 大山嘉夫 さんから:
 <虹龍の手紙> 
  5月5日は日本の原発がすべて止まった一周年記念日でしたね☆最高の子どもたちへのプレゼントだと喜んだあの日は遥か記憶の彼方に…。あっという間に拝金信者が多数を占め
る老人大国は、子どもたちに放射能と戦争の恐怖を遺産にする道に戻ってしまったような気配…。「生きるためにはお金が必要」な社会を守るために、「生活の安定」を「お金の安
定収入」にすり替えて。
福岡の九州電力本社前で福島原発大爆発から2年以上テントを張り続けている青柳さんは、全国から集まってくる情報を一斉メールでほとんど毎朝送信してくれています。いつも興
味深い情報が満載されていますが、その中の一つの情報 <☆ 仏教と3・11>
  はたして人は人を救うことができるのでしょうか?
  どうやって?
<つづきと全文↓>
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11528827564.html

★ 国際環境NGOグリーンピース さんから:
<チェルノブイリから27年>
1986年4月26日、ソビエト(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所で
発生した未曽有の大事故から、今年で27年が経ちました。
グリーンピースでは現地での放射能調査を継続していますが、四半世紀を経た
今も高レベルの放射線が検知され、農作物の汚染も続いていることが
わかっています。
この結果を受け、グリーンピースはウクライナ政府当局に食品汚染の
モニタリングを再開するよう求めています。

今年、ゴルバチョフの科学顧問を務めたロシアの科学者アレクセイ・ヤブロコフ
博士を中心とする研究グループが2009年にまとめた報告書の日本語訳
『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』が刊行され、ヤブロコフ博士の
来日講演も東京・盛岡・郡山・京都の4か所で予定されています。

【東京】
『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』刊行記念
  アレクセイ・ヤブロコフ博士講演会
 
 日時: 5月18日(土)午後6時30分〜
 会場: 星陵会館
 主催: チェルノブイリ被害実態レポート翻訳プロジェクト
 共催: ピースボート、グリーンピース・ジャパン、FoE Japan、
     グリーン・アクション、原子力市民委員会
 協賛: 岩波書店
 解説: 崎山比早子
 司会: おしどりマコ
 参加費: 1,000円(邦訳書持参の方は無料) 

他地域での開催情報など詳細は下記をご参照ください。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M268509&c=49050&d=6f1e

また、4月26日に脱原発・東電株主運動(世話人 木村結)は、東京電力株主総会に
向けた株主提案議案を、脱原発を求める株主たち354人の賛同を得て、東京電力に
提出しました。
グリーンピースは、昨年東電株を取得して脱原発・東電株主運動に
参加しており、今回の株主提案の一つとして、福島第一原発の原子炉メーカーの
責任を問う内容の議案を出しています。
詳細は下記URLをご覧ください。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M268510&c=49050&d=6f1e

これに先立ち、グリーンピースでは被害者保護を優先した原賠法改正を求める
要請書を自民党に提出しています。
4月19日、環境エネルギー政策研究所、国際環境NGO FoE Japan、
国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、日本消費者連盟の
共同で、「被害者(被災者)保護を優先した原賠法改正を求める要請書」を
作成、自民党で原賠法見直しの議論を始めている「資源・エネルギー戦略調査会・
原子力政策に関する小委員会」の山本拓委員長に手渡しました。
詳細は下記URLをご覧ください。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M268511&c=49050&d=6f1e
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●わたしたちの活動をご支援ください。
グリーンピースの活動はすべて、ともに行動してくださる市民の皆さまの
お力のみに支えられております。
より持続可能な社会の実現のために、是非グリーンピースへのご支援を
お願いいたします。
詳細はこちら http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M268512&c=49050&d=6f1e
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 三好永作 さんから:
以下の講演会を開きます.お集まりください.
講 演:「立憲主義からみた自民党改憲案の問題点」
講演者:星野圭弁護士(福岡第一法律事務所)
日 時:2013年5月12日(日曜日)開場15:00 開始15:30〜17:00
場 所:大丸エルガーラ 6F 久留米大学・福岡サテライト(国体道路側入口より)
入場料:無料
詳しくは以下をみてください.
http://jsafukuoka.web.fc2.com/Reikai/blog/files/archive-may-2013.html

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

★ さよなら原発!福岡
5月18日(土)懇談会 午後2時〜6時 懇親会6時〜8時
福岡市農民会館 中央区今泉1丁目

★ 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    原告数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内