[CML 024030] (要申込)5/15(水)【緊急セミナー】世界の富を吸い込み、貧困と格差を助長するタックスヘイブン@青山学院大学

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2013年 5月 4日 (土) 06:50:28 JST


紅林進です。

5月15日(水)に青山学院大学で開催されます「タックス・ヘイブン」(租税回避地)
問題に関する下記緊急セミナーのご案内を転載させていただきます。

要申込です。(定員: 45名)
【お申し込み】
5月14日正午までに、以下のフォームからお申し込みください。
http://goo.gl/DIZXu



(以下転載)

みなさま、田中徹二です。

以下の通り、『タックス・ヘイブン―逃げていく税金』(岩波新書)の著者で
弁護士の志賀 櫻氏とオックスファム・ジャパンの山田太雲氏を招き、緊
急セミナーを開催します。ふるってご参加ください。

-----------------------------------------------
【緊急セミナー】
世界の富を吸い込み、貧困と格差を助長するタックスヘイブン
~日本の経済と途上国開発をつなぐ租税回避問題を考える~
------------------------------------------------

全世界で、大企業や富裕層による租税回避が問題となっています。

緊縮財政に苦しむイギリスでは昨年、スターバックス、アマゾン、グーグルなど
の多国籍企業が法人税を十分に支払っていないことに市民の怒りが広がり、
政府は今年開催するG8サミットで企業の租税回避に対する規制を強める
ことを約束しました。途上国においても、経済のグローバル化に伴って台頭
した大富豪や、自国で活動する多国籍企業が十分な税を納めないことに
よる税の喪失が、ODAの世界総額の10倍に上ると言われています。

このような租税回避を可能にする主要な仕組みが、「タックスヘイブン」
です。タックスヘイブンは、先進国・途上国を問わず、次のような大きな社会
問題を引き起こしています。

*国境を越えて税逃れをする富裕層や多国籍企業と、国内に留まって
納税する庶民や中小企業の間に不公平を生むこと。

*国家が十分な税収を得られないことで、医療、教育、子育て、インフラ
整備、社会保障などの公共政策が財源不足に陥り、高額な民間サー
ビスを購入できる富裕層と公的サービスに頼る貧困層の間に格差を生むこと。

*経済成長の恩恵を社会全体に届けるために、政府が高所得者から
低所得者に富を再分配することができなくなるため、政治や民主主義が
機能しなくなってしまうこと。

この問題は、高齢化を迎え、年金や国民皆保険の制度の今までのような
存続が難しくなっている日本国内においても他人事ではなく、タックスヘイ
ブンによる、財政の圧迫は、日本でも徐々に問題として認識されつつあります。

国税庁長官に就任した稲垣光隆氏は4月24日に行われた就任記者会見
で、「経済のグローバル化で国際的な財産隠しが起きている。外国の
当局と連携し、国際的な租税回避を防ぎたい」と語りました。

本セミナーでは、昨年まで日本政府の税制調査会特別委員を務めた
弁護士の志賀櫻氏をお迎えし、オックスファム・ジャパンの山田太雲と
ともに、租税回避問題と私たち納税者の関係、そしてこれが日本の経済や
途上国開発に与える影響について、議論します。


【セミナー概要】
◆日時    : 2013年5月15日(水)18時半~20時
◆会場    : 青山学院大学 17号館8階 17802教室
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
JR山手線、東急線、東京メトロ副都心線 他「渋谷駅」より徒歩10分
東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」より徒歩5分
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html
◆定員    : 45名
◆参加費    : 無料
◆共催    : (特活)オックスファム・ジャパン、国際連帯税フォーラム

【お申し込み】
5月14日正午までに、以下のフォームからお申し込みください。
http://goo.gl/DIZXu

【登壇者略歴】
◆ 志賀 櫻(しが・さくら)
1970年司法試験合格、1971年東京大学法学部卒業、大蔵省入省。
主税局国際租税課長兼OECD租税委員会日本国メンバー、1998年
金融監督庁国際担当参事官兼FSF日本国メンバー、特定金融情報
管理官兼FATF日本国メンバー、2000年東京税関長、2002年財務省退官、
2010~12年政府税制調査会納税環境整備小委員会特別委員。現在、弁護士。

◆ 山田太雲(やまだ・たくも)
(特活)オックスファム・ジャパン アドボカシー・マネージャー
2000年、英国立セント・アンドリュース大卒(国際関係学修士)。2002年
より現職、政策提言や各種発信活動を担当。主に貧困層の教育・保健
サービスへの権利を実現のための政府開発援助(ODA)の改善を、
国内外のNGOと連携しつつ、日本政府に働きかけている。G8/G20
サミットや国連会議など、開発問題に関する国際政治プロセスをウォッチ。

【問い合わせ先】
(特活)オックスファム・ジャパン 佐々木
  電話:  03-3834-1556 /(平日10時~18時)
e-mail:    yu at oxfam.jp
※5月9日、10日はイベントで終日外出しております。ご了承ください。

*********************************************
●国際連帯税フォーラム(FISL)事務局
 〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3F
  オルタモンド気付
   Tel: 03-3831-4993  Fax: 03-3834-2406 
      携帯電話:090-3598-3251
        http://www.acist.jp/
      http://blog.goo.ne.jp/global-tax 
facebook<https://www.facebook.com/pages/Citizens-NGO-Forum-for-International-Solidarity-Levies/230877356994557>
twitter <https://twitter.com/acist>


CML メーリングリストの案内