[CML 024016] 【報告】第744日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 5月 3日 (金) 08:23:57 JST


青柳行信です。 5月3日。

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第744日目報告☆
   呼びかけ人賛同者5月2日2818名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】5月2日1名。
       佐藤 司
★ さよなら原発!5・6福岡集会
 ホームページ:http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまでした。
改憲の主張が 声高になってきました。
憲法を守らなければいけない、国会議員が改憲を口にするのですから、
状況はひどいものです。
朝日新聞の世論調査では、良識が少し上回っていますが、楽観はできません。
これからが闘いです。
子どもや孫のために、私たちが 頑張らなければいけない時期に来ているようです。
あんくるトム工房
改憲の動き    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2407
どんたくが始まるよ  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2408

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首連作> から:
 ☆原発のセールスマンを首相がする3・11から学ばぬ政府(左門 5・3−280) 
  ※アラブ首長国連邦と原子力協定を調印した。
      UAEは12基を建設するという。
      阿部首相は「日本の安全な高い水準の原子力技術を提供したい」と
      フクシマの人々の前では言えないことを平然とペラペラしゃべっている。
      被災二年を越えても「収束」しないで未来永劫核汚染の苦難を随伴する
     「安全な高い水準の原子力技術」という「神話」をくっつけて売り込むのだ! 

★ 小野進一 さんから:

★ 金子 譲 さんから:

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝届いた新聞の一面トップには、外遊している安倍首相の驚きの行動が大きく掲載されています。
1.「『福島』総括なき原発輸出 政府が原子力協定 大地震後初、UAEと 産業維持を優先」・・・ネットには、
1’.「日本とUAEが原子力協定 大震災後初の署名」西日本5月2日 21:32
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/361627
1”.「原子力協定に署名=原発輸出再開へ道−日・UAE」時事通信05/0222:41 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013050200870
【アブダビ時事】安倍晋三首相は2日午後(日本時間同日夜)、ドバイでアラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド副大統領兼首相と会談し、原子力協定の締結で最終合意した。こ
の後、両国政府は協定に署名。協定署名は東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故後初めてで、日本の原発輸出再開へ道を開くことになる。協定の署名は2011年1月のベ
トナム以来だ。3日にはトルコとの間でも原子力協定に署名することも固まっている。
 首相は会談後、アブダビに移動し、市内のホテルで記者団の質問に答え、「(中東では)東日本大震災の過酷事故を経験した日本の原子力技術への関心が高い。今後、水準の高い安
全な技術を提供していきたい」と強調した。
・・・・・なんということことでしょう、原発事故の原因もはっきりしないいま、「高い安全な技術を提供」とは、よくいえたものです。
その原発事故の検証は、
2.「地震で損傷」検証着手 福島事故 見解相違の原因分析」東京新聞」5月2日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013050202100004.html
記事「原子力規制委員会は一日、東京電力福島第一原発事故の原因を分析する検討会の初会合を開いた。1号機の重要設備「非常用復水器(IC)」が東日本大震災の地震の揺れで
損傷したかどうかや、4号機原子炉建屋の爆発原因など、政府や国会の事故調査委員会で見解が分かれている点を中心に検証した。」
・・・記事比較表が資料として使えます。
事故現場では、きょうも・・・・、
3.「緊急用汚染水タンク設置へ=4000トン分、福島第1−東電」時事通信05/0220:33 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013050200888
記事「福島第1原発で放射能汚染水の貯蔵先が足りなくなる緊急事態に備え、鋼鉄製の地上タンクを120基、計約4000トン分増設すると発表した。7日から搬入して設置を始
め、今月中旬に一部が使えるようになる見込み。」
・・・仮設の積み上げの現場が、原因追及も阻む、かもです。
4.「大事故の対応手順を説明=大飯原発の評価会合−関電」時事通信05/0218:55
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013050200805
記事全文「全国で唯一運転中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)が、原発の新たな規制基準をどの程度満たしているかを評価する原子力規制委員会の検討会が2日、
開かれた。関電は全交流電源喪失や配管破断など想定される大事故ごとに収束に向けた手順を示し、外部への大規模な放射性物質放出は起きないと説明した。」
・・・・よくこんなに断言します、相変わらず、安全神話の枠の中です。
次の記事もなん?でしょう、
5.「除染ガイドラインを改定=排水処理方法を詳述−環境省」時事通信05/0218:02
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013050200742
・・・・この記事の内容、よくわかりません。
その被災地フクシマでは、
6.「家不足深刻さ増す いわきの物件満杯状態」福島民報05/02 09:18
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305028177
記事「・・・・地震と津波の被災地となった同市には被災市民約8千人をはじめ、双葉郡の避難者約2万4千人が暮らしている。・・・・■背景 原発事故に伴う双葉郡内の住民
は、同じ浜通りで温暖ないわき市に避難したり、他の地域から再避難したりするケースが多く、現在の居住者約2万4千人は県内市町村で最多となっている。富岡、大熊、双葉、浪
江の4町は市内などに町外コミュニティー(仮の町)を整備する構想を掲げており、具体化すれば人口はさらに増えるとみられる。災害公営住宅は市が地震と津波被災者向けに16
団地計約1500戸を確保する予定で、早い場所では来年3月末までに入居が可能となる見込み。一方、県は原発事故の避難者用に250戸の整備を決めたが、建設戸数の上積み
が必要になっている。」
・・・・・避難者の滞在の長期化が、生活のいろんな影響して、住民間の対立も生まれていると報道もあります。いつの時代も弱者がいじめられます。
7.「『魚介類』7点から基準値超えセシウム検出」福島民友(05/02 09:10)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0502/news2.html
記事「(福島)県は1日、海や河川の魚介類152点の放射性物質検査結果を発表、7点から食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を上回る1キロ当たり120〜260ベ
クレルの放射性セシウムが検出された。」
・・・・基準を超えたもには出荷されないが、超えてないものは出荷されます。
8.「生活ごみ回収」始まる 全域避難続く南相馬・小高区」福島民友(05/02 09:25)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0502/news7.html
記事「・・・全域で避難が続く南相馬市小高区の中心市街地で、各家庭での保管が呼び掛けられていた生活ごみの回収が行われている。1日にはごみの搬入先となる同区塚原地区の
仮置き場と集積所を大型トラックなどが往来し、住民の懸案材料となっているごみを運び出した。・・・環境省の事業。小高区の市街地を5地区に分け、上町、西町などを含む小高
1区から作業に着手、6月上旬まで回収を続ける。大型連休中とあってか1日の小高区中心部では、通知を受けた周辺住民の運んだごみが各集積所に山をつくった。」
・・・・今度はどこに保管するのでしょう、燃やせば大気中に放射性物質が拡散します。
電力会社は、
9.「電力株主総会、今年も一斉開催 6月26日、偶然と各社」東京新聞5月2日 19時07分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013050201001660.html
記事「・・・・9社は2012年も同じ日に総会を開いたが、11年までは日程が分かれていることが多く、2年連続の一斉開催は異例だ。・・・今年も日程が集中したことで、脱
原発派の株主らは掛け持ちでの出席が難しくなる。電力各社は一斉開催を偶然と強調するが、株主からは不満の声も出そうだ。・・・・(共同)」
・・・原子力ムラ内で打ち合わせされています。
10.「都の新電力契約 300施設 東電からの切り替え 10倍に」東京新聞5月2日 07時00分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013050290070008.html
記事「・・・・新電力の多くは自前の発電施設を持たず、工場の余剰電力や市場で調達しているが、夜間を中心に電力が不足しがちだった。過去には都が入札を行っても、新電力の
供給力不足から入札が不調に終わることもあった。・・・・しかし、国の電力システム改革専門委員会が二月、新電力の新規契約の三割程度を常時バックアップで補うよう電力会社
に要請。新電力のシェア拡大を提唱する都の猪瀬直樹知事も二月、東電との会合で常時バックアップ促進を求め、東電も要請に応じた。・・・・都の幹部は「電力需給が厳しい夏場
を乗り切った後、民間の新電力需要を妨害しない形で切り替えを進めたい」と話している。・・・新電力大手の『エネット』(東京)は『常時バックアップは電力会社が渋った
り、高値で卸したりしてできなかった。こうした仕組みが広がれば前進』と期待する。
<新電力> 正式名は特定規模電気事業者。3月現在で全国に79社あり、契約電力50キロワット以上の事業所や工場に電気を供給する。家庭用などを除いた電力自由化部門に占
める新電力のシェアは、2011年度現在で3・5%。24時間稼働する大規模発電所を持つ電力会社に比べ、調達できる電力量が限られる。」
・・・・もっと、競争環境を整備していきましょう。
次に、九州の片隅での不可解な町政の続報、
11.「核関連施設疑惑の南大隅町長 ― 辞められぬ理由  背景に歪んだ町政」HUNTER 2013年4月30日 08:25
⇒http://hunter-investigate.jp/news/2013/04/-26.html
記事「核関連施設の誘致にからむ黒い交際について、数々の嘘を重ねて町民を欺いてきた鹿児島県南大隅町の森田俊彦町長が、記者会見で、辞任しない考えであることを表明し
た。・・森田氏は、今月行われた町長選で、贈収賄が疑われる飲食接待やモーターボート譲渡、さらには疑惑の東電関係者への委任状といった一連の事実を否定して当選しており、
有権者を欺いたことは明らか。そうした中で、前代未聞の居座り劇だ。」
・・・・町民は、どう対応するんでしょう。
さて、今朝の西日本新聞の紙面の続きは、
2面に、“政治’13考”とする囲み記事、
12.「経産省委、電力見通し検証のはずが・・・・『原発維持』の歩調jに違和感」
・・・・記事は、もともと今年の夏の電力各社の供給見通しの検証が目的の会議が原発を必要とする主張する場となって、その報告書を閣議も了承したことに違和感を覚える、との
主旨です。
13面経済欄に、
13.「九電、賞与見送りで社員の生活支援 退職金前払いなど」西日本電子版05月03日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/16714/1/
記事「九州電力(福岡市)は2日、夏のボーナス支給見送りに伴う社員の生活支援策として、退職金の前払いなどを実施すると発表した。・・・・」
・・・・といっても、会計処理で対応可能、会社には何の損金が発生するわけではない。
14.「【業績予想修正】九州リースサービス」西日本電子版05月03日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/16716/1/
記事「・・・・大規模太陽光発電所向けなどの設備リースが増えたため売上高を上方修正。・・・」
・・・・太陽光・・・・意外なところに影響が出ます。
34面に、
15.「シリーズ 変わるか九電?33年ぶり料金値上げ(3) 広告・人件費」西日本電子版05月03日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/16712/1/
記事「◆年収 地場大手並みに 女性や若者でにぎわう福岡市・天神の商業ビル『イムズ』6階にあったショールームが3月1日、シャッターを下ろした。九州電力が運営してきた
オール電化商品のPR施設『イリス』。長崎市や熊本市などにあった5店もこの日に店を閉じ、残る宮崎市と鹿児島市の店も同じ道をたどる。東京電力福島第1原発事故以降、オー
ル電化の営業は自粛中。九電幹部は『運営費をまかなえなくなった』と明かす。オール電化と原発の推進は九電の経営戦略の両輪だった。九電はイリスなどの運営費年間約6億
2400万円を電気事業に必要な経費と位置付け、その分も電気料金として徴収してきた。しかし東電の電気料金値上げを審査した経済産業省の専門委員会は昨年7月、販売促進目
的の広告やオール電化関連費は電気事業に必要な経費と認めないと判断。九電がイリス閉鎖を決めたのは、その2カ月後だった。・・・・・・電力10社の2012年度決算。九電
の最終赤字3324億円は、東電に次ぐ規模だった。経営危機が続く東電では、会社を見切った中堅や若手の人材流出が続く。『今は現場の頑張りで何とか踏ん張っているが…』。
九電幹部がつぶやいた。 」
・・・給料が下がったといっても、それでも普通以上、それで辞めていくのであれば、入社のときの意気込みは嘘だったのでしょう。電力の社員はエリート意識の集団なんでしょ
う。

★ コリン@パリ さんから:
疎開裁判と同時に、経産省前テント村への支援メッセージを 仏元環境相コリーヌ・ルパージュ女史から頂きました。
その和文字幕版が、ドイツの新居朋子さんの訳・字幕挿入でやっと完成しましたので、お届けします。
http://echoechanges-echoechanges.blogspot.fr/2013/05/blog-post.html
ないしは
http://www.youtube.com/watch?v=FEY_PFmGN2I

★ 三好永作 さんから:
九州玄海訴訟の「風船プロジェクト」に関連して以下のサイトで風船と放射性微粒子
の飛び方の違いと共通性についての考察を行ってみました.興味のある方はサイ
トを覗いてみてください.
http://jsafukuoka.web.fc2.com/Nukes/blog-2/files/archive-apr-2013.html

★ iPhone さん	高橋美穂子 (@roarmihoko)さんからのツイート
自民党議員「憲法を変えやすくすることで、ほんとうの意味で国民の手に憲法を取り戻すわけです」とコメント。
これに対してスタジオの松尾貴史、高木美保「そうは思わない」
「国民の側からでなく、権力の側から改正を言い出すのはおかしい」。

安部晋三は頭おかしいのではないか?
「安全な日本の原発をご利用ください。」と中近東諸国に宣伝したり、
「××××万歳」と言ったり、他国を侵略したことはありませんとか、
精神科に一度行ってもらいましょう。

★ 黒木 さんから:
☆ たんぽぽ舎です。【TMM:No1825】2013年5月2日(木)その2午後 9:34より転載
◆汚染水は「最新の危機」「東電は戦略欠如」 太平洋に流出懸念
 【ニューヨーク=共同】
米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は30日までに、東京電力福島第一原発で増え続ける汚染水が
同原発事故の「最新の危機」だと報じた。
汚染水が漏れ出し、太平洋に流出する危険を指摘したほか、東電に「一貫した戦略がない」とし、
次々に表面化する問題の処理を場当たり的にこなしているとも批判した。
 記事は東電と政府が事故後の対策に外部専門家らの関与を拒んだと指摘。
同原発を「原子力産業のコントロール下に置き続けたかったためだと指摘している。
 汚染水増加の原因である地下水の流入を止めるため、原子炉建屋の周囲にコンクリートの壁を
地下約18メートル以上の深さまで設置する提案も東電は拒否し、
代わりに地下貯水槽を急造するなどの暫定策を取ったが、結局、貯水槽が水漏れを起こしたと伝えた。
(5月1日東京新聞より)

☆たんぽぽ舎です。【TMM:No1822】2013年5月1日(水)午後 6:54より転載
┏┓
┗■1.潮干狩りも要注意 首都圏海岸線はセシウムがいっぱい
 |  放射線量独自調査の第4弾の報告 
 └─── 桐島瞬(ジャーナリスト)

 福島第一原発から拡散した夥しい量の放射性物質は、関東全域に降り注いでいる。
本誌はこれまで3度にわたり、関東地方の放射線量を独自調査(4月5日、19日、26日号)。

その結果、1都4県で除染基準(地上1メートルで毎時0・23マイクロシーベルト)を超える“ホットスポット”が見つかった。
だが汚染されているのは、空間や地表だけではない。海岸も放射性物質に侵されているのだー。
 今回はゴールデンウイークから潮干狩りシーズンを迎える関東の海辺を測定た。
すると18カ所で採取した砂の大半から、放射性セシウムが検出されたのである。
 最も高い汚染地を記録したのは、東京湾にある『葛西臨海公園』(江戸川区)だ。
この公園が接する海には、旧江戸川と荒川の2つの河川が流れ込む。
(中略)
 原発問題を追及する市民団体『たんぽぽ舎』副代表の山崎久隆氏が解説する。
「原発事故で飛び散った放射性物質の多くは最初、北関東の山林に降り注ぎました。
樹木の葉などに付着したセシウムは雨水に溶けながら地表に流れ落ち、やがて上流の河川に混じる。
それが河口付近まで流れてきているのが、現在の状況です。
外部被曝は心配ありませんが、海岸で土壌に含まれるセシウムを吸い込めば、内部被曝してしまいます。

汚染が広範にわたっていれば、注意を促す看板を立てる。
また、もし1区画だけ線量が高いようなら、その場所に上から土をかけて除染する方法もあります。
(後略)
☆関東レジャー海岸の放射線量と汚染値―・江川海岸(千葉県木更津市江川)、富
津海岸(千葉県富津市富津)、葛西臨海公園西側(東京都江戸川区臨海町)、お台場
海浜公園(東京都港区台場)ほかいくつかの地区 (フライデー5月10・17号より抜粋)

★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば 599日目 メーデーのデモとエールの交換 テント日誌 5月1日(水) 

 気がつけばいつの間にかゴールデンウィークに入っている。この歳になるとあまりその実感はないのだがそれでも何となく都心の人出は少ないようだ。もっとも、ここは都心と
いっても官庁街であり、人出が多ければ不思議ということになるのだろう。いつもは昼飯時には多くの人がテント前を行きかうが、今日はあまり目立たない。そのかわりに日比谷で
集会をやっていたメ―デ―の行進がテント前を通る。テント前の椅子に座りながら、過ぎ行く面々とエール交換をするが、脱原発や再稼働反対のプラカードも目につく。それにして
も4月28日の「国民主権回復・国際社会復帰記念の式典」は奇妙だった。要するに目的のはっきりしないものだったからだ。沖縄からの抗議、天皇の政治利用などの声もあってか
式典はすぐに終わった。

 ウクレレ漫談「あ〜やんなっちゃった」で楽しませてくれた牧伸ニさんがなくなった。自殺とのことだ。死因は分からないが、「やんなっちゃった」という声があちらこちらで囁
かれている気がする。特に安倍政権が出来てからそれが増えたのではないか。こういうつぶやきをしている間に、憲法改定のための外堀とでもいえる第96条の改正が進んでしまう
と大変である。5月3日は憲法記念日であるが、すべては政府の先手でことが進行しているようで、それこそ「やんなちゃう」というところだ。事態を逆転する契機はなかなか見い
だせないし、それは難しいことには違いないが、そろそろどん底からの反転が出てきてもいいのではないか。

脱原発と憲法96条の改定に反対を二大公約にして大道団結とはいかないものか。テント前ひろばの運営の基本は脱原発の大道を行くということで、こういうことを初めから考えて
きた。そして、それなりの経験も積み上げてきた。だが、党派(セクト)絡みのことはいろいろと現れる。それへの対応の難しさは実感している。テントの運営には党派の参加は認
めていないし、個人参加の原則は貫かれている。党派については厳しい態度を取っているがこれについては今後も変わらないと思うし私は変える気はない。自分たちもテントの運営
一つで結構苦労しているからよく分かるが、選挙のような政党が主体になれば、党派からみのことはもっと難しいのだろうと想像できる。だが、政党は今こそこのことを考え、知得
を出さないといけない局面にあるのではないか。脱原発と憲法96条改定反対での統一的の動きをというのは多くの国民の望んでいることではないのか。(M/O)

 ◇◆◇◆◇◆ 「脱原発テントといのちを守る闘い」今後の日程 ◇◆◇◆◇◆

5月10日(金)迄「訴訟取り下げ」署名
5月10日(金)「訴訟取り下げ」を求める抗議集会・署名提出 経産省正門前
5月16日(木)「明渡請求訴訟」抗弁書提出
5月23日(木)「明渡請求訴訟」第一回公判
◇◆◇◆◇◆ 「脱原発テントといのちを守る闘い」テントからのお願い ◇◆◇◆◇
☆「土地明渡請求訴訟取り下げ署名」への協力・拡散のお願い>
現在、テントひろばでは、「土地明渡請求訴訟の取り下げを求めるための署名」を経産省前テントひろば受付と、インターネットでお願いしております。

「土地明渡請求訴訟」取り下げを求める請願署名 
http://tentohiroba.tumblr.com/post/48968694817

署名への協力、ツイッター、フェイスブック、メーリングリスト、ブログ
などでの拡散も宜しくお願いします。今回の署名は、情報を削除の上、請願の形で、5月10日(金)経済産業省に請願の形で提出します。
署名提出とテントからの連絡以外には一切使用しない事をお約束いたします。
◆「かんぱ」のお願い
裁判にかかる費用を捻出するためにカンパへの協力をお願いしています。
以下の口座まで、皆様のお気持ちをお寄せ下さい。
郵便振替口座
00160−3−267170
ゆうちょ銀行
【店名】〇〇八【店番】008(普)5289163
【口座名義】経済産業省前テントひろば

★ 安間 武 さんから:
-----------------
反原発行動
-----------------
★全国原発関連デモ開催情報
http://www47.atwiki.jp/demomatome/

■定例!4月毎週金曜! 首相官邸前抗議
5月3日:18時〜20時
大飯原発を停止せよ!
呼びかけ:首都圏反原発連合
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=2971

■ふくしま集団疎開裁判
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/
▼5月4日(土) 有楽町アクション(数寄屋橋交差点) 13:00〜14:30 (雨天中止)
▼5月10日(金) 文科省前アクション
▼5月11日(土) 有楽町アクション(数寄屋橋交差点) 13:00〜14:30 (雨天中止)
 
▼5月18日(土) 第2回新宿デモ 実施 13:00 新宿東口アルタ前広場 集合

■【5.5公開フォーラム】子どもたちの未来のために…
健康被害の未然防止と支援法の早期実施を求め、1mSvを守ろう 
5月5日(日)13:30〜16:30 日比谷コンベンションホール(大ホール)
参加費:700円(カンパ歓迎)
申し込み:必要 https://pro.form-mailer.jp/fms/3faa687a41013
主催:放射線被ばくと健康管理のあり方に関する市民・専門家委員会
※終了後、16:45から日比谷公園発「こいのぼりウォーク」
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/1msv-e993.html

■官邸抗議は2年目に突入! 今年こそ原発ゼロに!
http://coalitionagainstnukes.jp/wp-content/uploads/2013/03/MCAN_A4_13Apr.pdf
----------------
原発関連情報
----------------
■福島在住のジャーナリストが告発 「地元住民も食べない放射能汚染された山菜が
闇出荷されている」
(日刊ゲンダイ 5月1日)
 http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/439.html

■ 福島市街地の半分は居住不適。報道されぬ不思議
(団藤保晴 4月29日)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/dandoyasuharu/20130429-00024621/

■自民 参院選の公約原案に再稼働を明記
(NHKニュース 4月27日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130427/k10014231671000.html

■「安全のため、原子力は減らすべき」仏・放射線防御原子力安全研究所(IRSN)所
長
/ルモンド紙(4月24日)
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/irsn-424-1640.html
---------------------
田中龍作ジャーナル
---------------------
■非正規労働者のメーデー 「アベノミクスから雇用を守れ」(5月1日)
http://tanakaryusaku.jp/2013/05/0007057

■右も左も反対する「主権回復の日」 天皇のお言葉もなし(4月28日)
http://tanakaryusaku.jp/2013/04/0007045

■福島原発原告団 地検に「強制捜査」要請 チェルノ事故から27年目の日に(4月
26日)
http://tanakaryusaku.jp/2013/04/0007035

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● 未来への決断!私たちの選択〜渡されたバトン〜さよなら原発〜●
    ――九州初公開!――
日 時:5月6日(月・祝日)10:30〜13:00 13:30〜16:00
 ´回とも ☆福島からの声〜釋尼・倶會(シャクニ・クウエ)さん
       ☆池田博穂監督 挨拶
場所:福岡市民会館大ホール
    福岡県福岡市中央区天神5丁目1-23 電話 092-761-6567
     地図:http://tinyurl.com/c47am3d
主 催:さよなら原発!福岡5・6上映実行委員会 
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

★ 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    原告数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内