[CML 023997] 【報告】第743日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 5月 2日 (木) 07:22:33 JST


青柳行信です。 5月2日。

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第743日目報告☆
   呼びかけ人賛同者5月1日2817名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】5月1日1名。
       匿名者
★ さよなら原発!5・6福岡集会
 ホームページ:http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまでした。
風の強い 一日でしたね。
今日はメーデーに参加してきました。
働く人の賃金が上がって、雇用が増えると、経済もよくなると
思うのですが、アベノリスクでは 庶民の暮らしにしわ寄せがくるだけだと
心配します。
あんくるトム工房  
核発電は安くない  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2406
メーデー     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2405
9条を生かした外交を http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2404

   ソニーの役員は賞与を返上しました。
   九電は 自分の懐を肥やしました。 九電は社会性のない会社です。

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首連作> から:
 ☆「原発を並べて自衛戦争はできません」日米同盟は何を守るのか(左門 5・2−279)
  ※「一旦緩急あれば」惨憺たる放射線被曝の原子野に死者・気息奄々の者地獄の出現なのです。
   その当然のことを予測できない石頭・石心の者たちが政治を牛耳っているのが間違い。
   これを止めさせなければ・・・・。
   今ほど「大同団結」が必須な時節はないのに! 

★ 小野進一 さんから:
 <スローガン>   
"一人は万人のために万人は一人のために
チーム日本で一致団結"
三・一一東日本大震災後の朝礼の社訓
パート社員のMさんは皆んなと
声がかれるほど唱和していたが
先日 製造部長から廊下の片隅に呼ばれて
「Mさん悪いけどいま会社厳しいので
決算の六月で危なくなったら
六十才以上の方はすまないけど
雇用契約の更新は無しということで・・」仏様のように手を合わせてお願いされる
つまり首ということだ
で辺見庸詩集「生首」がリアルに蘇る
Mさんの「生首」も製造部長の「生首」も
百メートル三・三八秒で中空を
にやけた面をして飛んで行く
ゴーストタウンと化した街へ
福島県双葉町のアーチに記された
スローガン
"原子力 郷土の発展 豊かな未来W
第二次世界大戦中のポーランド
オシフィエンチム※強制収容所の
入口のアーチには
"労働は自由をもたらすWと記されていた

  ※オシフィエンチム強制収容所  ドイツ占領地のポーランド南部の都市

2013年4月発行
潮流詩派233号より

★ 金子 譲 さんから:
【Oneness TVアーカイブ:TwitNoNukes九州「福岡・九電本店前 原発反対・再稼働反対抗議」(2013/4/30)】
TwitNoNukes九州主催による九電本店前、隔週火曜脱原発抗議行動の中継録画。 
http://samadi.cocolog-nifty.com/sahasrara/2013/05/twitnonukes-201.html

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
規制委が次のような動きを開始しました、福島第一の事故は先ず地震で施設が損傷したことに端を発したことの検証になればよいが、調査開始の動機がIAEAのため?
1.「福島事故の調査開始=水素爆発など先行−規制委検討会、課題ごとに結論」時事通信05/0118:22 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?k=2013050100800&g=eqa
記事「福島第1原発事故で、政府や国会などの事故調査委員会で未解明とされた部分を分析する原子力規制委員会の専門家検討会が1日、初会合を開いた。当面の課題として1号機
原子炉建屋内で目撃された出水や、4号機建屋の水素爆発の原因究明が選ばれた。来年末に出る国際原子力機関(IAEA)の事故調査報告書に反映するため、この2点は年内に一
定の結論をまとめる方針。・・・検討会は、2月に発覚した国会事故調に対する東電の虚偽説明問題などを機に設置。政府や国会などの事故調で見解が異なる点や、未解明とされた
部分について検討する。」
・・・・・“国際原子力機関(IAEA)の事故調査報告書に反映するため”?? 国民のためではないようです。とんでもない規制委ですね。
1’.「福島原発『地震で損傷』を検証 規制委が原因分析の初会合」東京新聞5月1日 17時08分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013050101001506.html
・・・・同じ会議を報道するのも、見出しだけでもこれだけ違う、何が規制委の本心か。
その福島第一事故現場では、不安定そのもの、すべてが仮設だから、
2.「使用済み燃料容器で警報=現場確認で異常なし−福島第1」時事通信05/0111:42 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013050100300
記事「・・・・・同日(1日)午前9時10分ごろ、福島第1原発の使用済み燃料を収容している空冷式容器(乾式キャスク)で、表面温度の上昇と、2重ふたの間の圧力異常を示す
警報が鳴ったと発表した。ただ、遠隔監視している数値データに異常はなく、現場確認でも異常がみられなかったため、誤報の可能性が高いとみられる。」
事故当事者の東電は、
3.「事故収束費が圧迫 福島第一 東電新たに446億円」東京新聞5月1日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013050102100015.html
記事「・・・・・東電は決算期ごとに、福島第一原発の事故収束に今後どれだけかかるかを見積もり、新たな費用を追加分として損失計上している。一三年三月期の追加費用の用途
について、住吉克之経理部長が三十日の記者会見で『汚染水を貯蔵するタンクの増設のため』と説明。事故からわずか二年で、収束費用は九千六百五十億円に上ることになっ
た。・・・収束費用はこれだけでは済まない。壊れた原子炉や溶融した核燃料の詳細な状況はいまだ不明で、さらに増える見通し。将来の収束費用について、東電の広瀬直己社長は
同日の会見で『必要な対策やこれまでに想定していなかった工事があればやらなければいけない』とだけ話し、明示できなかった。・・・・原発事故が経営を打撃するのが明らかな
の
に、電力各社は原発再稼働を目指す。・・・・」
こちらの人も原発推進、
4.「サウジと安保対話で合意=安倍首相、サルマン皇太子と会談」時事通信05/0109:10 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013050100043
記事「・・・・・会談では、2国間の原子力協定締結を視野に、協議に入ることでも合意。」
4’.「首相、原発輸出の推進表明 中東安定化に22億ドル支援 」西日本5月1日 17:07
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/361355
記事「・・・・・1日午前(日本時間同日夕)、サウジアラビアのキング・アブドルアジズ大で講演し、中東諸国への原発輸出など経済外交の推進を表明した。
」・・・・・よそに言ってよい顔ばかりして、原発まで・・・。
一方で、原発事故で被害にあった被災地では、
5.「大卒232人採用へ 県職員、過去2番目の多さ」福島民報05/01 09:43
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201305018172
記事「(福島)県人事委員会は、本県の復興に向けた各種事業に対応するため、来年4月1日採用の大学卒程度の県職員を過去2番目に多い232人程度とする採用試験の内容を
30日、発表した。」 
6.「“山歩き本番”注意を 放射線量低減で戻る登山者」福島民友(05/01 09:55) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0501/news8.html
記事「・・・県山岳連盟によると、原発事故後は、放射線の影響を心配し、登山者は減少した。しかし、同連盟が県内の主な山に登り、放射線量を測定、12年からインターネット
や山岳雑誌で全国に本県の現状を発信してきた。」
・・・・山野にはホットスポットがたくさんあると思うが、わざわざ呼びかけた、と。
7.「南相馬の野生ゼンマイから基準値超セシウム」福島民友05/01 09:15)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0501/news2.html
記事「・・・・基準値を超えたゼンマイは出荷前のため市場には流通していない。」
・・・・・1キロ当たり100ベクレルの基準を超えてなければ出荷されているのです。こんな状況なのに、山菜取採りとは、 
8「猪苗代で山菜採りの80歳男性がクマに襲われ重傷」福島民友05/01 09:15
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0501/news3.html
記事「・・・・・男性は1人でコゴミを採っていたところ、突然やぶの中からクマが出てきて襲われたという。男性は自力で下山。通行人が同署に通報し、会津若松市の病院に運ば
れた。・・・」
・・・・・山野の山菜の線量が高いことを承知してのことか、生活習慣だとしても放射線被曝の面でも危ない。
9・「被災者の土地賠償、移転希望先の地価上積み」福島民友(05/01 09:55) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0501/news9.html
記事「・・・・事故で避難している双葉町の夫婦が東電に土地賠償を求めていた申し立てで、地価の高い移転希望先との差額分の一部を上積みし、約1120万円を支払うとする和
解案を原子力損害賠償紛争解決センターが提示していたことが30日、分かった。夫婦を支援する弁護団が明らかにした。・・・・今後、本格化する不動産賠償にも影響するとみら
れる。」
その賠償が本格的に開始と、
10.「『財物賠償支払い』開始 宅地、建物各1件、家財4件」福島民友(05/01 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0501/news10.html
記事「・・・・同社によると、賠償金を支払ったのは宅地、建物各1件。4月25日に最初の被災者に対して支払いを行ったという。いずれも固定資産税評価額や平均新築価格を基
準とする「定型評価」に基づく賠償の支払いだった。また、家財についても30日までに4件を支払った。・・・・3月下旬に始まった土地、建物の財物賠償は、4月24日現在、
約5万件の対象のうち約1万6400件に請求書を発送。うち賠償額の算定方法が決まったり、近く決まる予定となっているのは約90件にとどまっている。」
・・・・線引きによる賠償の格差がますます福島県民間の溝を深くしている状況も生まれていると聞く・・・、“原発”は、最後まで金です。
そして、福島県そのものも請求です、
11.「福島県、仲介申し立てへ=東電に数十億円請求−風評対策費など、訴訟も視野」時事通信05/0120:36
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013050100872
記事「・・・福島県が2011年度の風評被害対策費や税収減少分について東電に損害賠償を求め、今夏にも裁判外の紛争解決手続き(ADR)を行う原子力損害賠償紛争解決セン
ターに和解の仲介を申し立てる方向で調整していることが1日、分かった。申立額は数十億円になる見通しで、ADRでも進展がない場合、民事訴訟を起こすことも視野に入れてい
る。・・・・」
12.「三春に『葛尾村仮庁舎』開所 機能集約、利便性を向上」福島民友(05/01 09:35)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0501/news6.html
・・・・・三春町内4箇所の“公式発表”の線量は、0.12〜0.25(5月1日)となっている・・・。
東電は、電力供給はやめられないから、こんな面でも開発継続です、
13.「東電の次世代電力計、東芝・NECが落札」日経 5/1 12:23
⇒http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD0101H_R00C13A5MM0000/
記事「東京電力は1日、2015年度から本格運用する次世代電力計「スマートメーター」に関し、東芝やNECが共同開発する通信システムを採用すると発表した。インターネットに
つないで電力消費などのデータをやり取りする中核システムで、14年度中に導入する。発注額は明らかにしていないが、数百億円とみられる。・・・東電は14年度からスマートメー
ターの設置を始め、23年度までに管内の全2700万世帯に導入を終える計画。・・・」
九州電力では、
14.「九電離れ2100件超 値上げ受け前年比377件増」西日本電子版05月02日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/16643/1/
記事「・・・・・・九州電力は1日、電力小売りの新規参入事業者(PPS、新電力)に電力供給契約を奪われている企業顧客が、契約切り替えが集中する4月1日時点で2117
件(前年同期比377件増)に上ったと明らかにした。小売り自由化で新電力が参入した2000年以降、初めて2千件を突破した。・・・購入先を九電や新電力から自由に選べる
顧客は九州で約7万4千件。九電によると、99%以上は値上げ要請を受け入れたが、約500件が受け入れるかどうかの回答を『保留』としており、今後も九電からの離脱が増え
る可能性がある。・・・関係者によると、九電からの離脱は、官公庁施設のほか、工場など民間の中規模設備にも広がっているという。」
15.「シリーズ 変わるか九電?33年ぶり料金値上げ(2) 燃料費削減」西日本電子版05月02日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/16656/1/
記事「◆調達見直しの壁厚く 4月2日。待ちに待った値上げ認可が出たというのに、九州電力幹部の表情はさえなかった。発電事業のための経費が大幅に削られ、値上げ幅は平均
6・23%と当初の申請から2ポイント以上抑えられた。・・・最も削られたのは燃料費で104億円の圧縮。このうち92億円が液化天然ガス(LNG)購入価格の見直し。契約
改定時に交渉し、買値を引き下げるよう求められた。『長期契約していて、原発停止でLNG輸入量が急増しているのに、値切るなんてできるわけがない』。これが九電幹部の本音
だった。」
・・・・競争の会社の言い分を降ります体質が電力会社、・・・興味ある方は検索して続きをどうぞ。
さて、次の記事のその後が気になるがまだ記事はない?
16.「(佐賀)知事に謝罪要請書 30日までの回答求める」佐賀新聞4月26日 
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/genkai_pluthermal.0.2443559.article.html
記事「佐賀県議会の全議員で構成する原子力安全対策等特別委員会(石丸博委員長)は25日、古川康知事に対し、九州電力の『やらせメール』など一連の問題の責任を認めた上で
謝罪を求める要請書を提出した。30日までの回答を求めている。」
・・・・これも再稼動へ向けて、巧妙にしくまれた行動の一環と疑いたくなる。回答期限は過ぎている。
17.「市内の30キロ圏外に避難 日置市、原発事故想定し計画」西日本5月1日 00:08
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/361254
記事「鹿児島県日置市は30日、防災会議を開き、九州電力川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)の事故を想定した市地域防災計画の原子力災害対策編を策定した。日置市は市
域の北半分が川内原発から半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)に入るが、住民避難先は現段階ではUPZ圏外の市内と明記。広域避難が必要な場合は、今後検討するとし
ている。」
・・・避難先を市内に想定したのでは、役にたたないのでは。
18.「荒尾市で初のメガソーラー完成」西日本電子版05月02日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/16662/1/
記事「・・・建設地は三井三池炭鉱の主力坑の一つだった万田坑(国重要文化財・史跡)南側の民有地。約3ヘクタールの敷地にパネル約8300枚を設置し、一般家庭600世帯
分に相当する1時間当たり最大2千キロワットを発電する。4月中旬に稼働、九州電力へ売電している。・・・・同市の前畑淳治市長は『こうした施設が万田坑近くで完成したの
は、エネルギー転換を物語る象徴的な出来事。市の歴史や環境を語り継ぐ教材としても活用したい』と話した。」
・・・旧産炭地のこうした光景は、国のエネルギー政策の脆弱性を象徴しているような気がします。

今朝の西日本新聞では、1面に14.の記事、2面に、4.と4’の記事、24面社会欄に、
19.「原発避難 個別訪問で説明 薩摩川内市が事業開始へ」
記事「1日、・・・原発から半径5キロ圏の予防防護措置区域(PAZ)内の住民約2900人を個別訪問し、原発事故時の避難方法などを説明する事業を始める。・・全国の自治体でははじめ
て・・・・あらたに雇用した訪問員4人に辞令が交付された。・・・・」
・・・・・これも再稼動に向けた意欲的な行動ですね。ネットで検索しても、まだ記事が見当たりません。

昨日の誤字訂正:4.の記事 誤「・・受けれ居た・・」→正「・・受け入れた・・」、16.の記事 誤「害一回目」→「第一回目」、いずれもいらぬ言葉を追加した私のコメン
トの部分でした。 

★ 永島(脱原発・放射能汚染を考える吹田の会)さんから:
青柳さま
いつもご苦労様です  
原子力規制委員会は、4月10日に「規制基準」(正直なのか居直りか
わざわざ安全基準の名を変更)を決定し、5月10日までの1ヶ月の意見
公募(パブコメ)を行っています。
昨年の夏の「原発依存の選択」の時は、各地で意見聴取会が開かれ、
パブコメ件数は約9万件となり、そのうち「原発0%」の意見が87%を占め、
エネルギー戦略の決定に大きな影響を与えました。
安倍首相は、「2030年代原発ゼロ」を投げ捨て、原発の再稼働と推進に
進もうとしています。それを許さないためにも圧倒的多数のパブコメで
原発再稼働のための「規制基準」に反対し、原発の危険性を規制する
「安全基準」にすることを要求していきましょう。
隔週の金曜日に続けられている関電本社前での抗議行動に、時間に余裕の
あるときはぜひご参加ください。次は5月10日と24日の午後6時半から8時までです。

★ 京都の菊池 さんから:
<3/14「基準緩和より脱被ばく」 荒木田岳・福島大准教授に聞く(東京新聞:特報)について>
京都・市民放射能測定所(京都・市民放射能測定所ブログは
http://crmskyoto.exblog.jp/ です。
京都市民測定所のブログでは、イベント情報や測定日誌を掲載しています。ぜひ、お立ち寄りください。
ホームページ http://nukecheck.namaste.jp/ もぜひご覧ください。
そして、測定もぜひどしどしお申し込みください)

福島大学の教員である荒木田岳さんへのインタビューを中心にした記事
3/14「基準緩和より脱被ばく」 荒木田岳・福島大准教授に聞く(東京新聞:特報)
は、東京新聞により関東に伝えられました。
早い時期にこの記事を教えてもらっていましたが、
お知らせするのが1ヶ月半以上たってからですみません。
読んで大事な発言だと思いました。よろしければお読みください。

3/14「基準緩和より脱被ばく」 荒木田岳・福島大准教授に聞く(東京新聞:特報)【阿修羅/播磨さん】
2013/03/15 金 08:35 市民社会フォーラム を通して教えていただきました。
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=20332

★ 木村(雅)さんから:
首相官邸「裏」からの抗議行動
(2013年5月10日、17日、24日、31日(金)、18時〜19時)
5月も反原連有志が呼びかける金曜の首相官邸前抗議行動に同期しながら、官邸「裏」からも行動します。
但し、3日(憲法記念日)は安倍首相が中東渡航中ゆえ中止します。ご了解願います。

(名前) 首相官邸「裏」からの抗議行動
(目的) 首相官邸により近いところで脱原発他を訴える
(呼びかけ) 木村(連絡先:080-5062-4196)
(日時)5月10日、17日、24日、31日(金)、18時〜19時
(集合場所)首相官邸「裏」官邸西側(地下鉄銀座線・南北線の溜池山王駅7番出口すぐ)
(抗議内容)脱原発(被災者を救え・再稼働反対・規制委員会抗議・大飯原発止めろ・大間原発造るな、自民党は原発推進の責任をとれ、原発廃炉、関西大弾圧抗議)、戦争反対
(オスプレイ配備・訓練反対、普天間閉鎖・撤去、辺野古新基地建設反対、憲法改悪反対、集団的攻撃権反対)など。
(注意)「表」の行動とは全く独立の行動です。
警察の不当な「誘導」や規制や「お願い」には非暴力で毅然と抵抗します。

★ 坂井貴司 さんから:
 ☆「標的の村〜国に訴えられた沖縄・高江の住民たち」再放送です。
  国家権力によって二度も『標的』にされた村人がいます。
 沖縄県高江村です。
  ベトナム戦争中、高江村の人々はわずかな報酬と引き替えに、アメリカ軍基地
内に建設された「ベトナム村」の村人の役を演じさせられました。
 戦争が終わった後も、集落や村人は米軍ヘリコプター部隊の仮想標的とされ続
けました。
 ヘリコプターとレシプロ飛行機を合わせたような新型輸送機MV22オスプレイが
村の近くの米軍基地に配備されることを知った村人はついに配備阻止に立ち上が
り座り込みを行いました。
  すると日本政府は、村人を通行妨害で告訴しました。
 権力や企業が個人などを標的にして裁判に引きずり込み、消耗させる「スラッ
プ訴訟」の標的にされたのです。
  日米両国の国家権力のひょてきにされた高江の人々の今をとらえた番組です。
  テレメンタリー
 「標的の村〜国に訴えられた沖縄・高江の住民たち」
 http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/
 
 放送日:5月6日前後  放送時間は各地で異なります。
 
 ☆ 仏教と3・11
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故では、あらゆる宗教が救援や支援活
動を行いました。
 日本のみならず,世界中の仏教・キリスト教・イスラーム教やいわゆる新宗教、
神社などが組織をあげて、募金や救援物資の輸送・配布、医療活動やガレキ撤去
ボランティアを行いました。そして宗教ならでは活動として慰霊や葬儀、結婚式、
相談などの活動を行いました。
 今も活動は続いています。
 その中で、教科書でもおなじみの古刹、奈良・薬師寺は「被災者の心の苦しみ
を少しでも和らげたい」と所属する僧侶全員が『般若心経』を手に被災地を巡り
ました。
 「仏の教えで被災者の心の苦しみを和らげたい」
 と僧侶たちは仮設住宅を回り、法話を行い、墓地で読経を上げました。
  しかし、想像を絶する被害の酷さに、僧侶たちは
 「仏の教えで救われるのか。自分は被災者を救うことができるのか。その資格
   があるのか」 という問いに直面します。
 仏教は3・11とどう向き合ったのか。一年間の記録です。
 NHK教育  ETV特集
 「仏教に何ができるか〜奈良・薬師寺 被災地を巡る僧侶たち〜」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2013/0511.html
  
 放送日:5月11日23時 再放送:5月18日午前0時45分金曜日深夜

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● 未来への決断!私たちの選択〜渡されたバトン〜さよなら原発〜●
    ――九州初公開!――
日 時:5月6日(月・祝日)10:30〜13:00 13:30〜16:00
 ´回とも ☆福島からの声〜釋尼・倶會(シャクニ・クウエ)さん
       ☆池田博穂監督 挨拶
場所:福岡市民会館大ホール
    福岡県福岡市中央区天神5丁目1-23 電話 092-761-6567
     地図:http://tinyurl.com/c47am3d
主 催:さよなら原発!福岡5・6上映実行委員会 
連絡先: 080-6420-6211(青柳)

★ 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    原告数 6097名(4/12現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内