[CML 023989] 朝鮮史セミナーご案内

飛田 雄一 hida at ksyc.jp
2013年 5月 1日 (水) 16:35:43 JST


神戸学生青年センターの飛田です。複数のメーリングリストに投稿します。重複して受け取られる方には申し訳ありません。

==============================================================================
朝鮮史セミナー http://ksyc.jp/seminar/korea/
------------------------------------------------------------------------------
(1)『李朝陶磁と陶工たち』 姜健栄さん
   http://ksyc.jp/seminar/korea/
 日時:5月7日(火)午後7時
 会場:神戸学生青年センター
 講師:姜健栄さん
(2)「韓国歌謡とともに60年」 朴燦鎬さん
 日時:2013年7月17日(水)午後7時
 会場:神戸学生青年センター
 参加費:600円
 講師:朴燦鎬さん(韓国大衆歌謡研究家)
(3)「関東大震災90年〜朝鮮人虐殺事件の意味を、
    いま、考える〜」(仮題) 山田昭次さん
 日時:2013年9月3日(火)午後6時30分
 会場:神戸学生青年センター http://ksyc.jp/map.html
 参加費:600円
 講師:山田昭次さん(立教大名誉教授.)
 ※以上、神戸学生青年センター主催です。
  TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
  http://ksyc.jp/ e-mail info@ksyc.jp

------------------------------------------------------------------------------
●関連ブックレットのご紹介
-------------------------------------------------------------------------------
第6回強制動員真相究明全国研究集会(2013.3.30、東京大学)
「強制動員真相究明の到達点と今後の課題」<報告集>ができました
(主催:強制動員真相究明ネットワーク http://www.ksyc.jp/sinsou-net/)
 A4、119頁、定価800円(送料80円)
 購入方法:本代800円+送料80円=880円を下記郵便振替で送金ください。
 折り返し送本します。<00930−9−297182 真相究明ネット>
<目次>
開会挨拶  外村大さん 3頁
<メイン報告> 
1. 韓国での研究の現状と課題  報告 金廣烈さん 4頁 
2. 日本での研究の現状と課題  報告 竹内康人さん 27頁
3. 日韓会談研究の現状と課題   報告 太田修さん 58頁
<活動報告>  
1.	奈良・発掘する会 高野眞幸さん 65頁
2.	滋賀県から    河かおるさん 73頁
3.	長野県強制労働調査ネットワーク 原英章さん 77頁
4.	強制労働被害者補償立法をめざす日韓共同行動 矢野秀喜さん 81頁
5.	浮島丸事件 青柳敦子さん 84頁
6.	「慰安婦」問題の現状と課題 梁澄子さん 88頁
7.	旧日本海軍朝鮮人軍属関連資料(2009)の紹介 沈在〓さん 90頁
8.	長生炭鉱の”水非常”を歴史に刻む会 内岡貞雄さん 101頁
9.	強制連行強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム 殿平善彦さん 106頁
<フィールドワークの案内> 塚崎昌之さん  
 「旧日本軍地下壕と朝鮮人労働−浅川地下壕を見学するために」 112頁
閉会挨拶    飛田雄一さん/研究集会、フィールドワーク写真帖 116頁
---------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------
飛田雄一  HIDA Yuichi    神戸学生青年センター 
http://www.ksyc.jp  hida@ksyc.jp
Kobe Student Youth Center
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
3-1-1Yamada-cho, Nada-ku, Kobe ,657-0064 JAPAN
TEL +81-78-851-2760 FAX +81-78-821-5878
hidablog  http://blog.goo.ne.jp/hidayuichi/




CML メーリングリストの案内