[CML 023442] 新宿区新大久保地域で行われる外国人排撃デモについて(声明転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2013年 3月 31日 (日) 02:53:36 JST


紅林進です。

日々勢いを増す「在特会の外国人排撃デモ」に関して
宇都宮健児弁護士さんたちが、下記の通り声明・申し入れ
・人権救済申立を行ったとのことです。

デモ等への公権力の不当な介入は避けねばなりませんが、
「殺せ」「死ね」等の殺人教唆や脅迫に当たる行為を公然と
放置しておくことは許されません。

外国人に対する差別・排外主義に対しては、市民社会としても、
それを許さない世論を作ってゆくべきです。

(以下転載)
---------------------------------------------------------------
新宿区新大久保地域で行われる外国人排撃デモについて
http://www.mklo.org/public_html/mklo/html/archives/94.html
声 明
1 本日私たちは、本年2月9日以来4回にわたって東京都新宿区新大久保
地域で行われてきた外国人排撃デモの実態に鑑みて、今後周辺地域に居住、
勤務、営業する外国人の生命身体、財産、営業等の重大な法益侵害に発展
する現実的危険性を憂慮し、警察当局に適切な行政警察活動を行うよう申
し入れた。

2 外国人排撃のための「ヘイトスピーチ」といえども、公権力がこれに介入する
ことに道を開いてはならないとの表現の自由擁護の立場からする立論がある
ことは私たちも承知している。しかしながら、現実に行われている言動は、これ
に拱手傍観を許さない段階に達していると判断せざるを得ない。
このまま事態を放置すれば、現実に外国人の生命身体への攻撃に至るであろ
うことは、1980年代以降のヨーロッパの歴史に照らして明らかなところである。

3 また、ユダヤ人への憎悪と攻撃によって過剰なナショナリズムを扇動し、その
ことにより民主主義の壊滅を招いたヒトラーとナチズムの経験からの重要な教訓
を、この日本の現在の全体状況の中でも改めて想起すべきと考える。

4 以上のことから、私たちは当面の危害の防止のため緊急に行動に立ち上がる
とともに、マスメディアや、人権や自由と民主主義の行く末を憂慮する全ての人々
に関心を寄せていただくよう呼びかける。

5 また、上記の集団行進や周辺への宣伝活動において一般刑罰法規に明白に
違反する犯罪行為を現認確認したときは、当該実行行為者を特定したうえ、当該
行為者と背後にある者に対して、その責任追及のためのあらゆる法的手段に及
ぶことを言明する。

2013年3月29日


弁護士 宇都宮 健 児
弁護士 澤 藤 統一郎
弁護士 梓 澤 和 幸
弁護士 中 山 武 敏
弁護士 海 渡 雄 一
弁護士 中 川 重 y~
弁護士 渡 邉 彰 悟
弁護士 杉 浦 ひとみ
弁護士 殷 勇 基
弁護士 神 原 元
弁護士 田 場 暁 生
弁護士 中 川 亮   


CML メーリングリストの案内