[CML 023439] 【紹介】かもがわ出版・メルマガ(2013年 Vo.25)

hiko-1956 at h.zaq.jp hiko-1956 at h.zaq.jp
2013年 3月 30日 (土) 22:00:14 JST


浜田です。
かもがわ出版:http://www.kamogawa.co.jp/
「かもがわ出版メールマガジン 2013年Vo.25」を紹介します。ただし一部です。以下。

安倍政権の支持率が66%を超えたとのこと。
消費税の布石となる一時の好景気を演出するためのカンフル剤的景気対策が支持率上昇の要因でしょうか。
安倍政権とすれば、たとえアベノバブルが長続きしなくとも、参院選までもってくれれば構わないというところでしょう。選挙で勝って、両院のねじれがなくなったら、社会保障削減と消費税増税で帳尻を会わせればいいという目論見が透けて見えます。
上記は私個人の私見ですが、作戦としてはとてもいいと思います。そして現在までその作戦通りに事が運んでいるとも思います。

いずれにせよ、まず勝負は参院選まで。その間になにができるかでしょう。
そこで弊社では、新シリーズとして『安倍新政権の論点』を立ち上げます。
すでに刊行された2作と合わせて全部で8巻を予定しています。

3月中旬に刊行された既刊2点
1巻『「国防軍」私の懸念』にて自衛隊問題。
2巻『「アベノミクス」の陥穽』にて財政問題。

今後刊行を予定している6点(4月~6月の間に順次刊行予定)
3巻『「村山・河野談話」見直しの錯誤』にて慰安婦を含めた歴史認識問題。
4巻『自民党改憲案を読み解く』にて憲法問題。
5巻『教育を「再生」して教科書をどうするのか!?』にて教科書問題。
6巻『安倍首相が教育再生でねらう国家像と人間像を問う(仮題)』にて教育問題。
7巻『超金融緩和批判(仮題)』にて金融問題。
8巻『TPP-アメリカのための構造改革(仮題)』にてTPP問題。

以上を7月の参院選までに一気に刊行していきます。
スピード重視のブックレットタイプとはいえ、これだけのシリーズを短期間で用意して刊行するのはすごいこと!と自画自賛させてください。
アベノミクスの陰に隠れて今は話題になっていませんが、安倍新政権はかつてないほどの右翼的政策を掲げた政権です。これだけ極端な思想を掲げながら何事もなく参院選までたどり着けるほど世の中は甘くないはずです(たぶん)。参院選までに8巻のうちのどれかの問題に必ず火が付きます(おそらく)。
その時の布石となるよう全巻の刊行を急いでまいります!

□紹介書籍□
◆シリーズ『安倍新政権の論点』
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/jyanru/seiji_abe.html

*******************
 浜田守彦 hiko-1956 at h.zaq.jp
    携帯 090-1915-0083
        hiko-1956 at ezweb.ne.jp
   ブログ http://ameblo.jp/hiko1956/
   「ひこぱぱ」で検索
   ツィッター @hiko1956
*******************


CML メーリングリストの案内