[CML 023409] 「BRICS銀行」設立へ 5カ国首脳 中国への警戒感も+BRICSが南アで初サミット アフリカで影響力拡大狙う

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2013年 3月 28日 (木) 06:59:10 JST


これまでにも南米諸国が協力してIMF・世界銀行に対抗して南の自立を図るための「南の銀行」設立を行いましたが、この「BRICS開発銀行」がそうした方向をめざすのか、あるいは、BRICSが新たな「G5」となり第2の(南版の)「IMF・世銀」になってしまうのか、動向が注目されます。

 ジュビリー九州の吾郷健二元西南学院大教授を京都にお呼びして、ATTAC京都/ジュビリー関西の共催でセミナーを開催したいですね。


「BRICS銀行」設立へ 5カ国首脳 中国への警戒感も

2013.3.28 00:29

27日、南アフリカ・ダーバンで開かれたBRICS首脳会議で発言する中国の習近平新国家主席(AP=共同)

 【ロンドン=内藤泰朗】中国やロシア、インド、ブラジル、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会議は27日、発展途上国のインフラ整備支援を目的とした「BRICS開発銀行」設立で基本合意に達した。国際通貨基金(IMF)や世界銀行を中心とする欧米主導の経済秩序に対抗し、発展途上国への政治・経済的な影響力を拡大する狙いがある。

 南アフリカの東部ダーバンで26日に開幕した首脳会議には、中国の習近平国家主席のほか、ブラジルのルセフ大統領、ロシアのプーチン大統領、インドのシン首相、議長国・南アのズマ大統領が出席。習氏にとっては主席就任後、初の国際会議への参加となった。

 議長を務めたズマ大統領は27日、「BRICSが中心となった開発銀行設立へ向け、正式交渉入りする」と発表した。

 BRICSは先進国主導の通貨体制への不満では一致しているが、5カ国の中では圧倒的な経済力を誇る中国への警戒感もそれぞれ持っている。

 ロシアのシルアノフ財務相は、首脳会議前に開かれた財務相会合後、銀行創設への基本合意はあるものの、500億ドルとされる出資金の割合や本部の設置場所で意見がまとまらなかったことを明らかにしていた。

 プーチン大統領も「BRICSは戦略的協調を実現する機構に変容しなければならない」とロシアのメディアに語るなど中国の突出を“牽(けん)制(せい)”。

 巨額の財政赤字を抱えるインド国内では「中国に利用されるだけではないのか」と懸念する声が出ているとされ、設立には曲折がありそうだ。 

 南アでの初の開催となった今回の首脳会議では、金融危機など緊急の際に利用できる外貨準備の共同積み立てなど、経済問題が主要議題となった。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130328/chn13032800300000-n1.htm


BRICSが南アで初サミット アフリカで影響力拡大狙う

2013.3.27 21:25

27日、南アフリカ・ダーバンで手を重ね合わせるBRICSの首脳。左からインドのシン首相、中国の習近平国家主席、南アフリカのズマ大統領、ブラジルのルセフ大統領、ロシアのプーチン大統領(共同)

 【ロンドン=内藤泰朗】中国やロシア、インド、ブラジル、南アフリカの新興5カ国(BRICS)首脳会議は27日、発展途上国のインフラ整備支援を目的とした「BRICS開発銀行」設立に向けた本格的な協議を開始。欧米主導の秩序に対抗し、発展途上国への政治・経済的な影響力を拡大することが狙いとみられる。

 南アフリカの東部ダーバンで26日に開幕した首脳会議には、中国の習近平国家主席のほか、ブラジルのルセフ大統領、ロシアのプーチン大統領、インドのシン首相、議長国・南アのズマ大統領が出席。習氏にとっては主席就任後、初の国際会議への参加。

 会議では、5カ国による新開発銀行創設のほか、金融危機など緊急の際に利用できる外貨準備の共同積み立てなど、経済分野が主要議題となった。

 ただ、ロシアのシルアノフ財務相は、BRICS首脳会議前に開かれた財務相会合後、開発銀行創設で基本合意はあるものの、500億ドルとされる出資金の割合や開設場所で意見がまとまらなかったことを明らかにしていた。

 首脳会議は2009年に初開催され、今回で5回目。南アが11年に加わり5カ国の枠組みになった。

 習主席は25日、タンザニアでの講演で、アフリカ支援のため3年間で200億ドルを融資する約束を実行すると表明。26日のズマ大統領との会談では、「相手の核心的かつ重大な利益問題でお互いに理解・支持し続けなければならない」と述べ、中国と南アフリカは国際・地域問題で協力を強化することで合意した。

 一方でアフリカからは、圧倒的な影響力をもつ中国をかつての欧州に代わる「新植民地主義者」とみて警戒する動きも出ている。

 会議ではシリアやアフガニスタン情勢についても話し合われる。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130327/mds13032721270001-n1.htm 		 	   		  


CML メーリングリストの案内