[CML 023362] 強制動員真相究明全国研究集会のご案内

小林久公 q-ko at sea.plala.or.jp
2013年 3月 25日 (月) 09:13:33 JST


強制動員真相究明ネットワーク事務局から、間近になりましたので
第6回強制動員真相究明全国研究集会のご案内を再度させていただきます。

当日は、どうぞみなさまご参加くださいますようお願い申し上げます。

また、当日のお手伝いボランティアがまだ数名足りません。
お手伝いいただける方は、当日12時までに会場にお集まり下さい。

二日目 フィールドワーク は申込を締め切りました。
参加申込は20名でした。
申し込まれた方は、午前9時50分高尾駅南口改札ですのでよろしくお願いします。
携帯用ライトをお忘れなく。

報告者の報告資料・原稿もほぼ集まり、立派な報告資料集が当日配布できそうです。
報告集の製本は、当日午前11時から行います。
こちらも、お手伝い可能な方はよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第6回強制動員真相究明全国研究集会のご案内

名称   第6回強制動員真相究明全国研究集会
タイトル 強制動員真相究明の到達点と今後の課題 


日時   2013年3月30日(土曜日) 午後1時から6時まで 終了後 交流会
場所   東京大学駒場キャンパス18号館ホール
参加費  1,000円 (学生500円)

司会    飛田雄一さん

メイン報告 各報告40分+質問10分
1. 韓国での研究の現状と課題  報告 金廣烈さん  
2. 日本での研究の現状と課題  報告 竹内康人さん 
3. 日韓会談研究の現状と課題   報告 太田修さん  

活動報告  一人10分で報告と質問
   
1. 奈良・発掘する会 高野眞幸さん(事務局次長)  


2. 滋賀県 河かおるさん
3. 長野県強制労働調査ネットワーク 原英章さん  


4. 強制労働被害者補償立法をめざす日韓共同行動 矢野秀喜さん 
5. 浮島丸事件 青柳敦子さん 
6. 「慰安婦」問題の現状と課題 梁澄子さん 
7. 旧日本海軍朝鮮人軍属関連資料(2009)の紹介 沈
在昱 (Shim Jae Wook)さん 東国大学校院研究員
8. 長生炭鉱の”水非常”を歴史に刻む会 内岡貞雄さん
9. 強制連行強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム 殿平善彦さん  

「旧日本軍地下壕と朝鮮人労働-浅川地下壕を見学するために」フィールドワーク案内 塚崎昌之さん  

開会挨拶、外村 大さん、

交流会 18:30から 駒場18号館 4階 フリースペース  会費 3,500円

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・

二日目 フィールドワーク (3月20日までに申込)

① 3月31日(日) 午前10時~12時
  高尾の浅川地下壕
    参加費 500円 (保険料、資料代)
  案内 浅川地下壕の保存をすすめる会

⊇弦臂貊蠅隼間
集合は、高尾駅南口改札口外 午前9時50分集合

お願い
地下壕の中は、真っ暗で、素堀りの状態です。
入り口付近は、排水状況も悪くそのために、装備として次のものが必要です。ご用意ください。
・大型懐中電灯(電池4個入るもの)
・長靴(又は濡れてもかまわない運動靴)
・汚れても良い服装で。スカート不可。

ぅ悒襯瓮奪箸蓮△翰儖佞靴泙后
なお、地下壕の中は素堀状態(コンクリートが巻かれていない)で安全対策がなされていません。何かあったら、自己責任となります。

保険を参加者全員にこちらで掛けさせて頂きますので、
参加希望者は以下のことを記入しメールで、3月20日までに事務局(小林)に申し込んでください。
(名前・よみかた・性別・年齢・〒番号・住所) 申込先メールアドレス q-ko at sea.plala.or.jp 

主催 強制動員真相究明ネットワーク 

事務所 〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1 (財)神戸学生青年センター内(飛田雄一)
    ホームページ:http://www.ksyc.jp/sinsou-net/
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878)

連絡先 携帯電話 090-2070-4423 (小林)  mail
: q-ko at sea.plala.or.jp




******************************
小林久公
pc mail: q-ko at sea.plala.or.jp
携帯電話 090-2070-4423
FAX  011-596-5848
住所 061-2273 札幌市南区豊滝442-90 



CML メーリングリストの案内