[CML 023317] 【報告】第703目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 3月 23日 (土) 08:09:35 JST


青柳行信です。 3月23日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第703日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 3月22日現在2784名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】3月22日2名。
        山田麻栗子 堤 広成
★ さよなら原発!5・6福岡集会
 ホームページ:http://bye-nukes.com/fukuoka 
      
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
原発や鼠の知恵にしてやられ近代科学の粋も形無し(左門 3・23−339)
  ※狂歌でも詠まないではいられないような東電のていたらくです。規制委はノー規制で、
    政府はノー政で、歴史と人道に逆らうアナクロニズムの連発です。

★ ori2051 さんから:
青柳様
2013年3月22日に佐賀地方裁判所で行なわれた
「原発なくそう!九州玄海訴訟」第4回裁判の
もようをyoutubeにアップしましたのでお知らせします。
裁判所への行進→ http://youtu.be/hf9bh-FTvk8 
裁判終了後におこなわれた報告会→ http://youtu.be/xI3m4xQHEl4  

★ ハンナ&マイケル さんから: 
東京で出会った「福島バッジプロジェクト」の方からのお願いをお伝えします。
NO NUKE FUKUSHIMA と書かれたグリーンの地に黄色い菜の花のバッジを目にしたことがありますか?
30キロ圏内に住むある人は原発のことを話せる人は2〜3人しかいない、といっています。何も言わない、言える雰囲気ではない、そんな人たちにこのバッジを無料で配っている
そうです。バッジをつけている人を見かけたら、福島県人同士、脱原発の思いのたけを語りあえるように。私もいくつか預かってきましたので、福島県出身の方、お申し出くださ
い。
またバッジのNO NUKE の後に in JAPAN  と書いてあるのは県外の人用、こちらはカンパで買ってください。 原発のある各地で製作が広がっており、IKATA やOI も見うけま
す。九州でも GENKAI や SENDAI を作って広めてくれる組織、募集してます。日本中の原発立地のバッジが出揃ったら、それで初めて NO NUKES という複数形の標語が完成し
ます。
この「福島バッジプロジェクト」が3月9日の明治公園での「さようなら原発集会」で 
貼り出していた二本松の関さんの詩を、以下に掲げておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
二本松の関です。福島に残っている人達への思いを詩にしましたが、書ききれません。言えることは、原発から遠い生き方をしてきた人たちが、ひどい目にあっているということで
す。分かちあって欲しいのは辛さや悲しみ、痛みです。持てるものを分けることだけが「分かつ」ことではないのです。

 なじょすべ
わたしね 病気 治すために
ムノウヤク野菜を 何十年も 食べてきた
福島で 野菜 こさえるごども
そこさ 居る ごども
やっては なんねえと 思うのさ
だから カンパ 送らなかった
まごどに 気の毒 だったども
と エミさんの 言う

測定所 立ちあげた
この 小松菜は 不検出
よかったら 買ってくんなしょ
それでも お客さん 3分の一
と タモツさんの 言う

下の 田んぼ 川の水が上がっから
1万ベクレル あるんだよ
阿武隈川の 青い 流れを見ながら
スギウチさんの 言う

ペットボトルの水道水 福島市が 売りだした
すると 世間はこう 言うんだ
カルト そのもの もう犯罪
ストロンチウムは 測ったの
プルトニウムは 出てないの
フクシマ県を 閉鎖しろ

なじょ すべなあ
おめさん方よ
確かに オレも食わねえし
飲んでくれとも 言わねえが
悩む こころに 添うてくれ
オレたちに 欲しいのは
痛みを 分かつ こころだよ

★ 小田博子 さんから:
いつもメールを拝読しています。拡散希望のメールが来ましたので、転送します。
福島の郡山市で、子供たちの間に甲状腺異常のほかに、ぶらぶら病と思われる症状が
広がっているということです。
出典は、福島集団疎開裁判を闘っている柳原弁護士のスピーチです。
***
福島県郡山市:学校に行けないほどのだるいなどの体調不良児童多数。確実に始
まっている。
http://bit.ly/12Vwuie

郡山市民エコー検査。29名中18名がA2判定。そのうち17名は甲状腺の左右両側に
のう胞が多数。医師も驚く。学校に行けないほどのだるいなどの体調不良児童多
数。確実に始まっている。

郡山市の子供の甲状腺異常の実態報告(動画)
http://youtu.be/tYtz1ZGc0-c

平成24年12月14日に行われたふくしま集団疎開裁判の文科省前の抗議行動で柳原
弁護士が今年3月に郡山から西日本のほうに自主避難された母親に現在郡山市に
住んでいる母親の友人からメールが来た内容を話しています。

1分25秒ごろから始まります。4分15秒ごろ「娘さんと同じテニス部の仲良しのお
友達5,6人 全員5ミリ以下のしこりがあり、A2との判定。でも2次検査は必要な
しとのこと娘さんやお友達は病院が大丈夫っていってるんだから大丈夫なんだ
よ。どうせ死ぬんだし、自分ひとり助かってもしょうがないしと言っているそう
です。

先日には死んだっていいといった娘さんに旦那さんが手を挙げてしまったとそれ
でももし自主避難することがあって私は絶対に行かないと頑なに拒んでいるそう
です。

息子さんも10月から体調不良が進んでいて14日ぐらい休んでいて、11月頃からは
遅刻して登校することも多く、登校しても保健室で休んでいるとのこととにかく
だるくてしょうがないそうです。

近所の心療内科は予約でいっぱいで断られたとか息子さんのような症状が子供達
がたくさんいるそうです。柳原さん 私は怖いです。明らかに始まっています。

彼女の場合、自主避難できないのは娘さんのことは置いといてネックになってい
るのは身内なんです。実母は認知症、実兄はうつ病。仕事できず、持病をいくつ
か持っている実父は来週末心臓の手術だそうです。彼女自身も夏ごろ入院してい
ました。

最近からストレスから何分間が目が見えなくなり、頭痛も併発。おう吐、吐き気
もあり、病院でしかたなくCTスキャンを撮ったとのこと」

もしかしたら、ぶらぶら病の可能性もあると思います。
体力・抵抗力が弱く、疲れやすい、身体がだるい、などの訴えが続き、人並みに
働けないためにまともな職業につけない、病気にかかりやすく、かかると重症化
する率が高いなどの傾向をもつとされる。

原爆ぶらぶら病
http://bit.ly/Lpb8yW

★ 清水@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんばんは。
桜が三分咲きくらいですね。
原発関連情報92(再開25回目)をお送りします。
全部は協会のサイトで読めます。
http://www.asahi-net.or.jp/~pv8m-smz/index.html

1,スイス・インフォが、ジュネーブの3.11集会を伝えています。
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=35209294
また、「フランス猫」さんのサイトがルモンド紙のジュネーブ集会の記事を翻訳しています。
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/311info-tv311-2.html

2,福島第一原発の停電事故について、ロシアの報道は「メルトダウン」手前だったと報道しているというブログ記事です。
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11494654276.html

3,御用新聞といわれる「福島民報」ですら、今回の事故で県の対応を批判しています。
http://www.minyu-net.com/news/news/0320/news5.html

4,同じ地方紙でも、伊方原発を抱える愛媛新聞は、社説で再稼働を急ぐ原子力規制委員会の対応を批判しています。伊方原発の再稼働のときでも、大いに健筆をふるってほしいも
のです。
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201303227263.html

5,伊方が狙われているのは、この記事を読んで下さい。
http://www.j-cast.com/2013/03/21170445.html
またこのサイトの日米原子力協定についての記事も注目すべきものです。脱原発運動はこの協定の撤廃あるいは改訂を訴えなければなりません。
http://www.j-cast.com/2013/03/20170335.html

6,3月10日前後に、関東地方で大規模な煙霧が発生しましたが、これは汚染地域の地表にあるセシウムやストロンチウムなどを巻き上げ、再び空から人々を汚染するものであるこ
とを、誰も指摘しません。それを指摘したブログです。
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6993229.html

7,原発維持に11兆円もかかることを検証した東京新聞記事です。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013031902000129.html
また、原発を廃炉にしたら、電力会社の会計が破綻することを論じた記事です(1から読んで下さい)。論者のいうように、欠損分を国が補償して、即時廃炉にすべきでしょう。電
力会社も電力自由化になればもう原発は採算がとれないことは知っているので。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130321/344580/?ST=career&P=6

8,ダイヤモンド・オンラインが最近、充実した記事を掲載しています。がれき処理に反対する人々への不当弾圧を負っていった連載記事のリストです。下地さんの逮捕の記事など
があります。
http://diamond.jp/category/s-osentaikoku
http://diamond.jp/articles/-/31063

9,烏賀陽弘道氏が、斑目元原子力安全委員会委員長にインタビューした記事です。三回ありますので、第一回と第二回も読んで下さい。聴く価値のない内容もありますが、当事者
の弁として参考になるかもしれません。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37192
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37302
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37399

10、結局、NHKの堀潤アナウンサーは、局内での弾圧のため、辞職をすることになりました。NHKの体質がわかります。
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51851299.html

11、「熊取六人組」がドキュメンタリー本になりました。けっこう評判がいいようです。
http://honto.jp/netstore/pd-book_25524086.html

12、「星の金貨」が、「実録『トモダチ』作戦・第1部[第3回]米国防総省が明らかにする日本の汚染」を掲載しています。この調査を始めた当時から知っていましたが、その報
告書が出ています。
http://kobajun.chips.jp/?p=9782
また、このサイトの【 心をこわされてしまった人々 : 福島の放射線 】(前編、後編)も興味深い記事です。
http://kobajun.chips.jp/?p=9841
http://kobajun.chips.jp/?p=9847

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日は、原発なくそう!九州玄海訴訟の第4回口頭弁論がありましたが、ネットでヒットする記事がまだ見たりませんが、今朝はその九電をめぐる記事から紹介します。
1.「やらせ問題追及、結論は持ち越し (佐賀)県議会特別委理事会」西日本 3月23日 00:13
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/354422
記事「九州電力による一連のやらせ問題で県の関与を追及している県議会原子力安全対策等特別委員会は22日の理事会で、この問題の審議を継続すべきかどうかを協議した。最大
会派の自民党県議団は終結を主張、他会派は反発し結論は出なかった。4月2日に再協議する。いずれの会派も、古川康知事が2011年6月に九電幹部と公舎で面談した際の発言
がやらせメールを誘発したのではないかという因果関係について、知事が19日の特別委で否定したのは問題だとした。」
・・・曖昧なまま幕引きをしようという動きは、再稼動をねらう7月をにらんでのことか???。
2.「政府機関が九電・川内原発周辺地質調査を否定  活断層隠蔽の可能性浮上」HUNTER 2013年3月22日 09:50
⇒http://hunter-investigate.jp/news/2013/03/post-344.html
記事「HUNTERが文部科学省に情報公開請求して入手した同本部地質調査委員会長期評価部会の分科会議事録によれば、平成24年に行われた会議で、九電の地質調査結果を酷
評、新たな断層の存在を指摘していた。・・・九電の原発に関する公表事項が、意図的に歪められていた可能性さえある。」
・・・この記事はよく読んでおきたい。
次に、東電の停電事故のその後、
3.「県民不安、想像力不足」 東電福島代表が謝罪」河北新報3月22日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/20130322t63009.htm
記事「東京電力福島復興本社の石崎芳行代表が21日、福島県庁で記者会見し、公表が発生から3時間以上後だったことについて『避難者がどう受け止めるかの想像力が不足してい
た』と謝罪した。・・・・また、佐藤雄平(福島県)知事は『仮設設備のトラブルが続き、事故収束と言える状況ではない』とも述べ、民主党政権が2011年12月に宣言した事
故収束を初めて明確に否定した。」
その東電が、
4.「東電、除染費用105億円余未払い 国が請求、立て替え」朝日新聞デジタル 3月22日(金)3時1分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130322-00000006-asahi-pol
記事「環境省が放射性物質汚染対処特別措置法に基づいて東京電力に請求した福島第一原発事故による除染費用149億円のうち、補助金や調査費など少なくとも105億5千万円
分が未払いになっている。環境省は業者への立て替え払いを済ませたが、特措法では負担対象があいまいなことから東電側は支払う意思を示していない。・・・・除染費用は
2012年度予算で3721億円、13年度予算案でも4978億円が計上され、今後、数兆円規模になる見通し。環境省は支払い期限を区切っていないため延滞金は発生しない
が、東電がこのまま支払いを拒めば最終的に税金で穴埋めすることになりかねない。除染について定めた放射性物質汚染対処特措法は、同法に基づく除染費用について東電が負担す
ると
明記。国が税金からいったん費用を支出した後、東電に請求する仕組みとし、東電は請求を受けた場合、速やかに支払うよう定めている。」
・・・・原発は国策、事故が起きれば、費用は国が払う、という電力会社の態度を反映したものですね。
次に、被災地フクシマでは、
5.「最後の避難所、閉鎖検討 双葉町開設の旧高校 」西日本3月22日 17:41 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/354351
記事「東京電力福島第1原発事故で、埼玉県加須市の旧県立騎西高校に役場機能と避難所を置く福島県双葉町の伊沢史朗町長は22日、避難所の閉鎖に向け、住民と協議を始める考
えを示した。」
・・・町長が代わると次々と、次の記事も同様、
6.「福島県『仮の町』困難 双葉郡住民集団移住」河北新報3月22日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/20130322t61008.htm
記事「福島県は21日、福島第1原発事故で避難した同県双葉郡の住民が他市町村に集団移住する「仮の町」方式について、実現は困難とする見方を示した。八木卓造県避難地域復
興局長が県議会総括審査会で明らかにした。・・・・仮の町の名称は双葉町の井戸川克隆町長(当時)が2011年12月の政府との会合で初めて使った。県は以前から『受け入れ
市町村からの領土割譲を思わせる』と難色を示していた。」
7.「未登記者の請求緩和へ 2親等までの同意で調整」福島民友03/22 09:55
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0322/news8.html
記事「東電は、相続登記が未了の所有者の確認について、関係市町村などと協議してきた。相続人全員の同意を得るには膨大な手間がかかるため、市町村からは柔軟な対応を求める
声が上がっていた。また、長年その土地や建物に暮らしてきた事実上の居住実態なども踏まえ、公証人役場で公正証書を作れば、請求権を確約する方向で調整している。」
8.「第二部 安全の指標(10) 揺らいだ基準 官邸の解釈に失望...」福島民報3月22日
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/03/post_6697.html
・・・涙の記者会見に至る経過の続きの記事。
次の記事、他の自治体でもこん.な調査をしてるんですね
9.「学校給食、放射性物質は検出されず (佐賀)県教委」佐賀新聞3月22日
⇒http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2423323.article.html
記事「・・・調査は、福島第1原発事故を受けた文部科学省の全国調査の一環。昨年9月3日から今年3月1日まで、佐賀市の給食センターなど8調理場と玄海町学校給食センター
の計9カ所で調理した5日分の給食を調べた。検査項目の放射性セシウム134と同137は、全ての給食で検出されなかった。 」
次に、原発立地候補地の動き、
10.「上関原発、補償金拒否を申し入れ 県漁協祝島支店の組合員」 西日本3月22日 12:22
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/354312
記事「・・・支店は補償金の受け取りを拒否してきたが、2月28日に本店理事会の招集で開かれた会合で、賛成31、反対21の賛成多数で一転して受領を決議。申し入れ書で
は、決議が無記名投票で行われ『不当な方法で強行された』として、信義則に反し受領できないとしている。申し入れ書に署名したのは支店の正組合員53人中の31人と、準組合
員8人。」
政府等の動き、
11.「夏の節電策、経産省が検討開始 4月末以降に政府対策決定」西日本 3月22日 11:39
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/354305
記事「経済産業省は22日、今夏の節電対策づくりに向けた議論を、有識者で構成する電力需給検証小委員会で始めた。これまで家庭や企業が取り組んできた節電による電力需要の
押し下げ効果や、電力会社の供給力を検証し、今夏の需給見通しを策定。見通しをもとに政府が、4月末以降に節電対策を決める。」
12.「電力融通へ新機関 電気事業法改正案判明」西日本03月22日 15時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/14421/1/
記事「・・・3段階で進める電力システム改革の第1弾で、4月上旬の閣議決定を目指す。・・・・発電部門と送配電部門を分ける『発送電分離』など、第2弾以降に関する記述は
現時点でなく、改正案の付則に盛り込まれる見込み。発送電分離は、反対が根強い自民党の意向に沿った表現になる見通しだ。」
・・・・また後退・・・。
13.「最新火力で競争力確立を提言 産業競争力会議で民間議員」西日本03月22日 21時02分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/14440/1/
・・・・こちらでも原発再稼動を盛り込んだ提言・・・・。
電気料金値上げについて、
14.「東北電の値上げ圧縮も=燃料費割高で−専門委」時事通信03/2220:08
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013032200977 
15.「健保の社負担引き下げ要求=関電・九電値上げで意見書−消費者庁」時事通信03/2219:03 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013032200891
記事「関西電力と九州電力の電気料金値上げをめぐり、消費者庁は22日、経済産業省が示した査定方針案に対する意見書を同省に提出した。」

今届いた西日本新聞では、15面経済欄に、13.の記事がありますが、見出しが変わっています、
13’.「産業競争力会議『最新火力、再生エネ輸出』民間議員提言」
他にはありません。
昨夕刊のトップは12.の記事でした。
きょうも紙面に出ないままの記事が多数。

★ 浅井健治@週刊MDS編集部 さんから:
 「テントには愛がある」ー福島避難母子がテントを守ろうと訴え
3月21日、経産省前テントひろばを立ち退き攻撃から守ろうと、記者会見が行われました。福島市から練馬区に避難している二児の母、二瓶和子さんの発言概要を週刊MDSブログに
アップしましたので、ご覧ください。二瓶さんの訴えに応える人びとの力が合わされば、どんな権力といえどもテントを潰すことはできないでしょう。
http://weeklymds.sblo.jp/ 

★ 杉原浩司 さんから:
 もう本日の企画となってしまいましたが、転送します。
なお、この後
3月23日(土)午前1時1分(22日の深夜25時)からNHK Eテレで
Eテレ・アーカイブス
『未来潮流 科学を人間の手に〜高木仁三郎・闘病からのメッセージ』
(1999年放送 74分)
が放映されます。お見逃しなく。
----------------------------------------------------------
みなさま(重複失礼・転載歓迎)
満田です。直前になったため、再度ご案内させていただきます。
「原発事故子ども・被災者支援法」では、9か月も基本方針が策定されず、復興
庁は「支援パッケージ」でお茶を濁そうとしているかにもみえます。
健康問題では、次々に深刻な事実が明らかになってきました。
政策提言、調査、保養プロジェクトなど、最新状況をご報告します。
お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。
-----------------------------------------------------
報告会 福島の今:子どもたちの健康を
            守るために私たちにできること
http://www.foejapan.org/energy/evt/130323.html
-----------------------------------------------------
日時: 2013年 3月23日(土)13:30〜16:00
会場: 人権ライブラリー >地図
http://www.jinken.or.jp/houjingaiyou/access
東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F 

プログラム(予定)
1.ぽかぽかプロジェクトが始まったわけ
2.放射線量調査と尿検査から見えてくるもの
      青木一政/福島老朽原発を考える会
3.福島県民健康管理調査への市民・専門家からの提言
4.原発事故子ども・被災者支援法の動き・・・渡辺瑛莉/FoE Japan
5.「福島ぽかぽかプロジェクト」の実施状況
  土湯峠温泉でのぽかぽかプロジェクト・・・菅野吉広/セーブわたりキッズ
  夏・冬休みの南房総キャンプ ・・・芳賀裕/千葉県・南房総市
    今後のぽかぽかプロジェクト・・・吉田明子/FoE Japan
参加費:500円 定員:40名
事前に、申込みフォームよりお申込みください
https://pro.form-mailer.jp/fms/939e318f40212
主催:福島ぽかぽかプロジェクト(※)
問合せ;FoE Japan 渡辺 
Tel:03-6907-7217 Fax:03-6907-7219 E-mail: finance at foejapan.org
-----------------------------------------------------
※福島ぽかぽかプロジェクトは、渡利の子供たちを守る会 save watari kids、
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、子どもたちを放射能から守る福島ネッ
トワーク、国際環境NGO FoE Japanによって構成されています。
--------------------------------------------------------
★福島ぽかぽかプロジェクト、引き続きご支援を!
http://www.foejapan.org/energy/action/111212_2.html
--------------------------------------------------------  

★ 菅井幸夫 さんから:
お疲れ様です。本日、下記学習会のお知らせをいたします。
熊本県民医連・くわみず病院付属平和クリニック院長・牟田義雄先生が
「ビキニ核実験から59年、死の灰浴びた南の島」マーシャル諸島ロンゲラップ島民支援代表団に参加しての報告会を行います。
と き:2013年3月23日(土)14:00〜16:00
ところ:熊本市立ふれあい文化センター
    熊本市中央区本荘4-6-6 筺096-366-7310
主 催:西南部健康友の会 

★ いのうえしんぢ さんから:
明日の日曜日に迫ったので、再びおしらせします。
2011年3月11日の東日本大震災以降、脱原発の活動を
している人々への逮捕が相次いでいます。
 もしも、あなたが日本政府や行政のやり方に不満が生
まれ、意見をしたら逮捕される…。そんな恐ろしい監視
社会が既に作られているのかもしれません。どうやって
身を守っていけるのか、どうやって対抗していくのか、
ということを考え、実践していく取り組みをはじめます。

   「犯罪者」をつくるのは誰?
[      STOP!不当逮捕      ]
[   福 岡 市 民 救 援 会   ]
[      結 成 集 会      ]
2013年3月24日(日)13:00 開場 13:30 開会
会場:ふくふくプラザ 5F視聴覚室
  (福岡市中央区荒戸3丁目3番39号)
  地下鉄「唐人町」駅下車、4番出口から徒歩約7分
  西鉄バス:黒門バス停下車〜徒歩約5分
会費:無料(救援会設立のため、カンパにご協力ください)
内容:映画「完黙」上映、市民ジャーナリスト+憲法学者からの発言を予定。
主催:福岡市民救援会準備会 連絡:Tel.092-651-4816

★ 大山英明(ふくおか自由学校)さんから:
 福島で、沖縄で、原発被災者や沖縄の人々の視点で
カメラを回し続ける西山正啓監督の最新作の公開です!
  是非ご参加ください。 
主権在民パート2
□□□映画「沖縄・フクシマ〜女たちのレジスタンス」上映会□□□
「主権在民〜フクシマから東海村へ」につづくシリーズ第2弾!
ドキュメンタリー・96分・2013年/西山正啓製作・監督作品
◎日時/3月24日(日) 13時30分開場 14時上映
◎会場/福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
         地下鉄中洲川端駅下車 092-262-8464
◎参加費/1000円(高校生以下無料)
◎主催/ふくおか自由学校
  問い合わせ 090-4357-7596(藤岡)ohyamayairochou at yahoo.co.jp
【映画解説】
シリーズ主権在民・第2弾は経産省前テントひろば、文部科学省前
での抗議集会から始まり、3.11福島県郡山市で行われた「原発い
らない福島の女たち」主催による全国交流集会と街頭デモの熱気、
大飯原発再稼働阻止ハンスト宣言〜16万人集会〜首相官邸前
抗議行動〜そして沖縄へと続く、この国の二大差別政策をめぐる
大衆行動の流れを追いながら、福島県須賀川市で原発事故後も
汚染された地元に残って生き抜くことを決意した自然食レストラン
「銀河のほとり」経営者・有馬克子さんの葛藤に寄り添い、原発告
訴団、子ども・被災者支援法フォーラムで東奔西走する、自身も
母子避難者である宇野さえこさんや避難者家族の複雑な心境を
綴ってゆく。
プロローグとラストは娘を連れて沖縄へ避難、移住を決意した
ミュージシャンciuco&Ta-ke(りら☆きち)家族の生活と表現活動を
見つめる。彼らが先頭を切って参加した普天間オスプレイ配備抗
議の「愛と怒りのサウンドパレード」、那覇市内でのライブ、宜野湾
市に残された僅かな田芋(水いも)水田の手伝いをしながら農的
生活の思いと決意を語るTa-ke。夫婦は沖縄に来て政府による
理不尽な米軍基地政策に正面から向き合い、普天間ゲート封鎖
行動にも参加するようになった。沖縄の風にふれて表現すること
の大切さを知り、再び音楽活動も始めた。「何もかもフクシマの
原発事故。生き直すことを迫られたんですよ」。
全編、唄あり、踊り(かんしょ踊り、さんさ踊り)あり。
抵抗はアートである!
映画の問い合わせ/aitaro7 at yahoo.co.jp 080-5255-7406(西山)

☆☆上映後、福津市で避難生活を送られている宇野さえこさん
から今後の活動報告をしていただく予定です。

◎西山正啓(にしやままさひろ)さんのプロフィール
ドキュメンタリー映画作家。福岡教育大学「共生社会論」講師。
代表作「しがらきから吹いてくる風」「ゆんたんざ沖縄」「梅香里
メヒャンニ」「ぬちどぅ魂の声」「朋の時間」「水俣わが故郷」
「米軍再編・岩国の選択」シリーズ三部作、「ゆんたんざ未来世」
シリーズ、「チビチリガマから日本国を問う」など多数。


○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

★ さよなら原発!福岡例会  ☆☆☆
日 時:3月27日(水)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)地図
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

★  <梅田隆亮さん提訴一周年記念企画>
  ーすべての原発労働者の救済を目指してー
■日時:3月30日(土)開場13:30 開演14:00
■会場: 福岡市天神ビル11階 会議室9号室 
<詳細> http://tinyurl.com/agc64pu

★  未来への決断!私たちの選択〜渡されたバトン〜さよなら原発〜
■日時:5月6日(月・祝日)10:30〜13:00 13:30〜16:00
    ´回とも ☆福島からの声〜釋尼・倶會(シャクニ・クウエ)さん
         ☆池田博穂監督 挨拶
■場所:福岡市民会館大ホール
    福岡県福岡市中央区天神5丁目1-23 電話 092-761-6567
     地図:http://tinyurl.com/c47am3d
■主催: さよなら原発!福岡5・6上映実行委員会 連絡先 080-6420-6211(青柳)
――九州初公開!――
======================================
池田博穂監督作品 企画製作:「日本の青空掘彑什邂儖会・有限会社インディーズ
======================================
内容詳細:http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11495510918.html

★ 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆        
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内