[CML 023246] 3・22新日鐵住金大阪支社前宣伝行動参加のお願い

nakatamitsunobu mitsunobu100 at gmail.com
2013年 3月 19日 (火) 22:51:07 JST


日本製鉄元徴用工裁判を支援する会の中田です。
複数のメーリングリスト・個人に投稿しています。重複される方申し訳ありません。
 
 3月11日に、新たに韓国で8名の被害者が新日鐵住金を相手に一人1億ウォンの賠償を求
めて提訴しました。また、昨年5月24日の大法院判決を受けた差戻審の判決もいよいよ5月
30日に下されることになりました。改めて「強制連行」企業の責任が問われています。

詳しくはブログで紹介しています。
http://nittetu.blog.fc2.com/

 強制連行された韓国の元徴用工に対する謝罪と補償を求めて新日鐵住金への定例の宣伝
行動です。ご支援よろしくお願いします。

日 時 3月22日(金) 8:15〜8:45
場 所 新日鐵住金大阪支社
     住友ビル(地下鉄淀屋橋駅4番出口)
     http://www.nssmc.com/company/location/osaka.html/

以下チラシより
-----------------------------------------------------
新日鐵住金は話合いに応じろ!
新たに8人の被害者が新日鐵住金を提訴!

昨年5月、韓国の大法院(日本の最高裁)は、太平洋戦争中、日鉄(現「新日鐵住金」)
に強制連行された韓国人元徴用工の被害者の損害賠償請求を認める画期的な判決を下しま
した。その後、高裁に差し戻されていたソウル訴訟の判決日が、大法院判決から1年後の5
月30日に決まりました。
一方、日鉄に強制連行された8名の元徴用工生存者が、3月11日ソウル中央地方法院へ、新
日鐵住金を相手に8億ウォンの訴害賠償を求める新たな裁判を提起しました。この8名の
方々は、日本の裁判原告でなく、韓国で初めて訴えを提起する被害者の方々です。原告の
うち最高齢は、1917年生まれの96才、最年少の方でさえ87才です。本当に残された時間は
ありません。企業のコンプライアンス(法令順守)を新日鐵住金はいったいどう考えてい
るのでしょうか?
被害者との面会さえ拒否するような非人間的な対応に終始する会社、過去を直視できない
会社には未来はありません。今こそ、被害者の人たちと、真剣に向き合い話し合いに応じ
るべきです。新日鐵住金を交渉の場に立たせるまで、みなさんの御支援をよろしくお願い
します!   2013.3.22


CML メーリングリストの案内