[CML 023245] Re: 憲法決起集会で感じた不満をたらたらと 戦争は食糧と資源の争奪で起こる

partickthistle at goo.jp partickthistle at goo.jp
2013年 3月 19日 (火) 22:43:21 JST


あの、このような場でも右翼と同様の反朝鮮デマゴギーがまかり通っているのにうんざりさせられることしばしばですが…

石垣敏夫さんは、安倍首相が「北朝鮮(ママ)の金正恩第一書記と似ています。」という。
その根拠らしきものは、「軍事拡大より食糧の増産が第一です…」以下に書かれていますが、朝鮮の現政権が「食糧より軍事拡大」を優先しているという根拠がどこかにあるのでしょうか?
「軍備は他国の侵略者から守るだけで良いのです。」と書かれていますから、当然、米日核軍事同盟の朝鮮侵略戦争の脅迫から国を守るための核武装には賛成されているのですよね?
イラーク(イラク)・リーブヤー(リビア)・スーリーヤ(シリア)の現状を見れば、朝鮮が核武装したことの正しさは全くあきらかでしょう。
日本政府は、朝鮮を核武装国と認めたうえで、誠実に植民地支配の清算をはじめ国交正常化交渉の席につかなければなりません。「拉致被害者は生きている!」などという、まるで「体温が0度になるまで生きている!」といってミイラを看護させていた「ライフスペース」のような政府ではお話になりません。

森永和彦

2013/03/19 (Tue) 22:25, "石垣敏夫" <motoei at jcom.home.ne.jp> wrote:
> みなさん泥憲和 さん
> 安倍首相は愚かです。
> 北朝鮮の金正恩第一書記と似ています。
> 戦争はなぜ起こるか、
> それは食糧と資源の争奪です。
> 戦争を防ぐには軍備を拡大するのではなく、自給体制
> を作ることです。まず食糧の自給率を上げることです、
> 今日本は自給率39%、ところがTPPに加入すれば
> 自給率は10%台になります
> 非正規雇用者が1/3を超え低所得者層は安い米と
> 食の安全を考えず、安い輸入食品を購入します。
> これでは紛争・自然災害の危険があったとき、
> 食糧輸入先の言うとおりにならざるをえません。
> 紙幣と自動車では生きていけません。
> 金正恩第一書記も同様です。
> 軍事拡大より食糧の増産が第一です、
> 軍備は他国の侵略者から守るだけで良いのです。
> 常備軍を減らすことです、
> 侵略の危険があるとすれば過去のベトナム戦争と同様
> 民兵で農業をやりながら、国を守るということです、
> 憲法を守る、戦争を起こさない国にする、
> それにはTPPに反対し、食糧の自給率を上げることです、
>         石垣敏夫


CML メーリングリストの案内