[CML 023231] 【報告】第699目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 3月 19日 (火) 07:11:47 JST


青柳行信です。 3月19日。

明日、★「イラク戦争開戦10周年」を考える集い(福岡)
■日時:3月20日(水・祝) 
     午後2時 〜 4時半(開場:午後1時半)
■会場:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
<詳細> http://tinyurl.com/cfzsw2s

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第699日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 3月17日現在 総数2781名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】3月18日2名。
      山崎京子 長谷川羽衣子
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
  青柳さま
お疲れさまです。
昼からは 晴れてよかったです。
フクシマでまた停電とか。 燃料プールが冷却できないと心配ですね。
また、南海トラフ大地震の予想もあって、これも心配です。
大きな災害が起こる前に、原発は廃炉にしてしまいたいものです。

あんくるトム工房
南海トラフ巨大地震   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2334
台北のカフェ      http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2335
忠非珈琲店       http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2333

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆夢のなか湯川博士が独自にて線量測りたまふ良心計か(左門 3・20−235)
  ※まがつひよ ふたたびここにくるなかれ 平和をいのる人のみぞここは(湯川秀樹)と
    詠まれました。しかし現実は、儲けと戦略に憑かれた者達が群がってきた・・・・。

★ ハンナ&マイケル さんから: 
第697日目報告で舩津さんからも記事の報告があった3月15日、官邸前行動。行ってきました!

羽田にお昼前に到着して、まっすぐ経産省前テントひろばへ。テントはその前日、テントの占有の解除を命令する仮処分の執行を受けて、周囲にぐるっと公示書(すごくお金のか
かってそうな立派なものが十数個)を張り巡らされていて、異様な光景。ここの主ともいえる正清さんや谷さんたちは、徹底抗戦の構え。

経産省の向こうではTPP反対の数百人の集会があっている最中なので、そちらにも応援にでかける。4時からはテント前で毎週金曜のあおぞら放送、その日は菅直人元首相と鎌田慧の
対談、議員会館事務所からの生中継ということで、かなりの人だかりに。いろんな組織のグッズなど買い込んで、こちらもしんぢさんデザインの3.10バッジやキャンドル・
ウォーク・記念カードを完売。(バッジは翌日アムネスティ総会でオーストラリア支部理事など海外からの参加3名にもプレゼントしたので世界に広まります。)

やがて6時から第46回目金曜行動。私はたんぽぽ舎の人たちと行動を共にしました。ビラ配りをしてびっくり。天神コア前なんかと違って、受け取ってくれる人が意外に多い、向
こうから手を出してくる人もたびたび、終わりがけは別の場所で金曜行動した人たちが当然のように受取って帰っていくので、大量のチラシがあっというまになくなる。、皆はこの
ごろは参加人数が減ったと嘆いているけど3000人近い人数は、九州から来た身には、やっぱり東京はすごい!

ここには飲み物をサービスするグループも出ていて、携帯コンロで甘酒やコーヒーをわかし無料配布。でもカンパ箱には飲んだ人が次々お金を放り込んでいく。日音協のコーラス隊
は静かに脱原発の替え歌を歌い続けてるし、脱原発の旗をなびかせて数十人が走る自転車隊もカッコいいし、ファミリーコーナーのママさんたちも福島出身者やいろんな人がトーク
してるし、国会正門前のドラム隊もステキ。ぐるっと金曜行動めぐりツアーをして8時に終了しテントにもどって反省会、ここでもドリンクサービス、ここに泊まりこむ人たちとし
ばらくおしゃべりしてホテルに帰りました。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日、またひとつ電気料金値上げへのレールが敷かれました。
1.「関電値上げ10%台、消費者委が容認 意見書まとめる」朝日3月18日11時49分
⇒http://www.asahi.com/politics/update/0318/OSK201303180021.html
記事「・・・一連の手続きは3月中にも終わる見込みだが、利用者への周知期間などが必要なため、値上げは申請の4月からずれ込み、5月以降になる見通しだ。」 
1’.「関電、値上げ10%台 九電は7%台 消費者委容認へ」朝日3月18日9時34分
⇒http://www.asahi.com/politics/update/0317/OSK201303170024.html?ref=rec
次に、被災地フクシマの痛ましい自殺を伝える昨日の記事の続き、
2.「原発事故関連死(23)自ら火を付けた妻 死者には書類届かず03/18 11:17
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/03/post_6674.html
記事「・・・・7月3日には川俣町の葬祭場で葬儀を営み、はま子さんが帰りたがっていた自宅から出棺したことが、せめてもの供養だった。・・・・8月中旬ごろ、仮設住宅に東
京電力から賠償請求についての書類が届いた。賠償請求の対象に、はま子さんの名前はなかった。・・・・死んだ者への責任は取らない−。東京電力からそんな言葉をたたき付けら
れたようで、無性に怒りが込み上げた。・・・・9月上旬、川俣町中央公民館で賠償書類の記入方法の説明会が開かれ、幹夫さんは東電の担当者に妻にも賠償するよう詰め寄っ
た。・・・『自分では対応できません。持ち帰ります』。担当者は答えたが、その後、東電から連絡はなかった。・・・・『弁護士に相談したらどうだ』。11月、知人からいわき
市の広田次男弁護士を紹介された。『泣き寝入りせず、闘うべきだ』。広田弁護士の言葉に、幹夫さんは東電に対して法的措置を講じる決意を固めた。」
その加害者の原発で、またとんでもない事態、いまだにこんなトラブルが、
3.「<福島第1原発>核燃料プール冷却停止 停電の影響」毎日新聞 3月18日(月)22時33分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130318-00000106-mai-soci
記事「東京電力は18日、福島第1原発の1、3、4号機の使用済み核燃料プールの循環冷却装置などが午後7時ごろ停電で停止したと発表した。復旧の見通しは立っていない。事
故から2年が過ぎても同原発が不安定な状態であることが浮き彫りになった。」
3’.「福島第一で停電、燃料冷却止まる 東電、3時間後に発表」朝日デジタル3月19日1時32分
⇒http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY201303180516.html
記事「・・・・東電は発生から3時間以上たってからトラブルを発表した。東電は「設備の状況を確認して取りまとめて連絡しようと考えていた。時間がかかったのは、誠に申し訳
ない」と説明した。」
・・・・緊急事態なのに、まったく体質はかわっていない。
他の原発施設では、
4.防波壁完成は12月=核燃料1570トン、浜岡原発−中部電」時事通信03/1818:17 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013031800701 
記事「・・・・高さ22メートル、長さ1.6キロにわたる防波壁・・・・・・・・」
・・・・津波の勢いからすれば継ぎ足した上部は薄っぺらい壁に見える、世界一と謳っていた防波堤が大震災で、簡単に壊れてしまった二の舞になりそうな気がする。
政府等の動き、
5.「原発警護は自衛隊で=自民政調会長」時事通信03/1816:45 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013031800598
・・・・自民党の人は軍隊が好きですね、原発壊すのは、外部電源の高圧線を途中で破壊すれば十分、自衛隊を置いて撃ち合えば、施設の破壊はもっと大きいと思うけど。
6.「環境省、除染予定を地図で公表 有識者委が初会合 」西日本3月18日 19:28
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/353599
・・・・事前に発表しようが、作業そのものの信頼性は回復できないと思う、回収した汚染物の保管場が決まっていないのだから、トイレのないマンションといわれる原発と同じ。
7.「第二部 安全の指標(6) 揺らいだ基準 涙の訴え波紋広がる」福島民報3月18日
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/03/post_6675.html
記事「・・・・『小佐古先生に何があったんだ』。小佐古を知る専門家の多くが違和感を感じていた。原爆症認定集団訴訟で国側の証人として出廷し、国の主張に沿った発言をして
きた小佐古が事もあろうに国に反旗を翻した−。」
・・・・この記事の続きが知りたい。
8・「法テラスふたば開所 広野に浜通り初 被災者支援進める」福島民報03/18 16:30
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/03/post_6676.html
記事「・・・法テラスは平成23年3月11日に県内に住所があった人などを対象に無料法律相談に応じる。・・・・法テラス被災地出張所は県内では二本松市に次いで2カ所目
で、この他に宮城に3カ所、岩手は24日開設の法テラス気仙(大船渡市)を含め2カ所。」

いま届いた西日本新聞では、一面左端に3.の記事があります、
きょうの一面トップは、
9.「南海トラフ地震 損失220兆円」03月19日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/14218/1/
という見出しで、3.34.36.37面に関連記事、3面に次のような見出しの記事があります、
10.「大幅減災 対策次第で 原発事故は試算の対象外」
記事「・・・・・内閣府の担当者は『原発事故の影響を加味するなら、試算にもう一年かかるため今回は切り離したが、しっかりやるべきだ』と認めた。東北や関東では、地震・津
波・原発事故の三重苦に多くの人々が苦しんでいる。南海トラフ巨大地震への備えでも、原発への目配りは欠かせない。 」、とあります。
・・・原発事故が重なれば、試算のしようがないのではないか、現に福島ではいつ収集するか不明なんだから。4.の記事の対応も無意味になる、だから早く原発廃止を決めるべき
です。
2面に1.と同様の記事、8面に、
11.「家族百景機仝暁と原発 風化させない 福島の被災者と長崎の高校生論議」
・・・・2月9、10日に長崎市であった南相馬市の被災者を招いて、「原爆と原発―障害者も安心して暮らせる社会を目指して」と題したシンポジウムについて伝えています。
ネットには記事がありません。
36面に、3’.の関連記事、すぐ下にそのことについて被災地の声を伝える記事があります、
12.「福島の住民 困惑と不安(が広がった)」
記事「・・・・『2年前の原発事故の記憶がよみがえった・・・・』・・・」
・・・いつ再び大事故がつながるのか、今でも予断を許さない状態が事故現場の実態。

★ 大阪の増田 さんから:
関西電力を相手どった大飯原発3・4号運転差し止め仮処分裁判は結審し
ました。3月末か4月初めに判決(決定)が出ます。
以下は、「おおい原発とめよう裁判の会」が主催した集会で採択されたアピールです。

美浜の会HPより転載
  −−−−−−−−−−−
アピール
大飯原発運転差し止め仮処分裁判の判決は間近
判決を基に、全国の圧倒的な世論を力として、大飯原発を止めよう

全国の皆さまへ

関西電力を相手どった大飯原発3・4号運転差し止め仮処分裁判は、いよいよ
3月末か4月初めに判決(決定)が出ます。昨年3月12日に福井、関西、岐
阜の262名の原告団は、福島原発事故を繰り返してはならないという強い思
いで提訴しました。

大飯原発3・4号の安全性判断が、司法によって初めて示されます。国は昨年
、「4閣僚の政治判断」で安全性の判断も行わず再稼働を強行しました。原子
力規制委員会は、大飯の運転を継続させたまま、活断層評価の判断を引き延ば
しています。このような中で、司法が判断をくだします。関電はもとより、国
の無責任な姿勢に対する判決ともなるでしょう。

裁判の最大の焦点は、活断層の3連動時に原子炉を止めるための制御棒が基準
値2.2秒以内に挿入できるかにあります。さらに、国の耐震安全性の指針・
手引きに従って、敷地内破砕帯が「断層運動が否定できない」かどうかにあり
ます。関電は「地震の時は基準値2.2秒は守らなくてもよい」とする暴論を
はく程までに追い詰められました。

私たちは勝訴を確信しています。しかし、仮処分裁判で「大飯原発を仮に運転
してはならない」という勝訴判決が出ても、すぐに大飯原発が止まるわけでは
ありません。関電は判決に従わず、法的な対抗手段をとることが予想されます
。関電の悪あがきを世論の力で封じ込め、停止を実現させなければなりません
。また、判決の内容で「2.2秒を超える」ことが認められれば、実質勝訴で
す。「大飯を止めろ」の運動にとって大きな根拠になります。

勝訴の判決が出れば、それを基に「大飯を止めろ」の圧倒的な世論の力で大飯
原発を実際に停止させていきましょう。まずは、裁判の法的手続上、判決が出
てから2週間の短期決戦です。関電に加え、国は3連動の場合の制御棒挿入性
問題をストレステストの対象外にするなど、この重要な問題を封じ込めてきま
した。国の責任も厳しく問い、大飯を止めさせなければなりません。関電への
申し入れ、国との交渉、緊急署名、福井・関西の各府県への申し入れ、広範な
人々の共同声明等々、全国津々浦々から、国内外から「大飯を止めろ」の声を
あげてください。
全国の力を結集し、判決を基に、大飯原発を止めよう。
2013年3月16日 「判決を前にして3・16集会」参加者一同

★ 木村(雅)さんから:
テント日誌 3/17日(日)
経産省前テントひろば 554日目 
〜朝から招かれざる客が暴力行為〜
〜「原発事故報告書」の真実とウソ 紹介〜

 春の訪れが感じられる朝、昨日届いた乙武洋匡さんの新刊「自分を愛する力」を手にテントへ向かった。通常日曜日の午前中は訪れる人も少なくゆっくり座って読書を楽しめると
思ったのに、10時半ごろ突如腕に神鷲皇国会の腕章をつけた狼藉者数人に襲われる。彼らの怒鳴り声を聞き、椅子を片付ける間もなくあわててテントに逃げ込んだ。
テントの男性2人が一生懸命制止したのを押しのけて3人ほどがテントの中に入り込んできて「お前ら不法占拠だろう。認めて謝れ!そしたら許してやる」「俺らは東京の連中のよう
に甘くないんだぞ!大阪のテントを潰したのは俺たちだから」など関西弁でまくし立てテーブルの上のものなどを叩き落すなどしてタブレットで撮影し始めた。一人の男がSさんの腕
をねじり上げ腹部を殴るなどの暴行を加え、私にはマスクを取れと言い、とらなかったら顔から剥ぎ取り、かぶっていた帽子も叩き落とした。写真を撮られているのが判ったから出
来るだけ下を向いていたので彼らの人相はよく覚えていない。
 つい先日取り付けられた公示書にはテントの使用を許した。とあるのでそれを読むように伝えたが、彼らには通じなかったようだ。少しして「ご飯を食べてまた大勢引き連れて来
る」と脅して去っていった。皆に連絡して、間もなくHさん、弁護士さんなどが駆けつけてくれ一安心!昼近くにこの騒動は知らず、テントに公示書が来た新聞報道などを見て心配し
た郡山のKさんと友達その他の人たちが寄ってくださいました。
新宿から自転車で来た方、毎回官邸前行動に参加されているそうです。参加人数が減ってきたと報道されているが、この運動は粘り強くやらなければいけない。自分はたとえ一人に
なっても続けていくと力強い言葉を残して行かれました。3時過ぎには応援の人数も増えたし、もう一度彼らと会いたくなかったので帰宅の途につきました。(I.K)


 午前の招かれざる客の暴力行為を知って屈強な(?)男性たちがテントひろばに集まって警備に入ったが、いつもの大声を張り上げる一人が来ただけで大過なく、夕刻には緊急警
備体制が解かれた。夜は第2テントでテント上映会が開催され、若い人たちがDVDを観て10時過ぎまで歓談していた。隣「CINEMA DE TENT(しねまでてんと)」と聞いて、私には
「死ぬまでテント」と聞こえた。いくら裁判所から使用許可が出たと言っても「死ぬまで…」はいやだ、早く総ての原発を廃炉にさせたい。
 生温かい夜テントで仮眠したあと早朝に塩谷喜雄著『「原発事故報告書」の真実とウソ』(文春新書750円)に惹きつけられた。たんぽぽ舎で購入し17日の東京新聞で山口二郎
氏が紹介している本はお勧めだ。4つの事故調査報告書が互いに連携なくバラバラに「並走」して出された報告書を精査してランク付けした。責任逃れに終始する東電事故調を黒星
1ツと断罪し、一方地震でIC配管が壊されたのではないかと突き付ける国会事故調を高く評価しながらも、官邸の対応を徹底批判して東電を擁護する姿勢を不可解だと指摘してい
る。
 地震について東電事故調がわずか半ページしか言及していないが、「地震問題にこそ事故の真相を解くカギが隠れている?」のだ。また、4つの事故調が調べなかった原発のリス
クも指摘している。「この小さな列島に、世界で起きるM4以上の地震の4割が集中する。
とてつもない地震列島の海岸線に54基の原発」、「長い配管網の老朽化と震災による破断というリスクが心配されていた」、「事故が独立か連鎖か?…集中立地に伴う連鎖事故の
リスクを原子力規制委員会は厳密に評価し直すべきである」、「日本の原発が10年に1度は大事故を起こす」、と。「福島第一原発事故は、まだ収束も冷温停止もしていない。」
(あとがき)で終わる。(K.M)

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

★「イラク戦争開戦10周年」を考える集い(福岡)
■日時:3月20日(水・祝) 
     午後2時 〜 4時半(開場:午後1時半)
■会場:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
<詳細> http://tinyurl.com/cfzsw2s

★  <梅田隆亮さん提訴一周年記念企画>
  ーすべての原発労働者の救済を目指してー
■日時:3月30日(土)開場13:30 開演14:00
■会場: 福岡市天神ビル11階 会議室9号室 
<詳細> http://tinyurl.com/agc64pu

★ さよなら原発!3・10福岡集会
 ホームページ:http://bye-nukes.com/fukuoka 

★ 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆        
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内