[CML 023210] 貧困大国アメリカの今

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2013年 3月 17日 (日) 22:03:17 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。です。
 
 フェイスブックで知りました。
 
 今も「豊かな国」というイメージが強いアメリカ。富裕層は確かに豊かです。
 
 しかし、世界中が羨望のまなざしで見た「車を2台持ち、芝生の庭がついた郊
外の家に住み、子どもを大学に進学させ、クリスマスは家族や友人と一緒に祝う」
中間層は、この20年の間に完全に没落しました。
 
 工場の海外移転で中間層が働いた製造業は消滅。それに代わって受け皿となっ
たサービス業は低賃金化が止めどもなく進み、所得が減少。それに追い打ちをか
けたのが消費税増税です。
 
 バッドジョブと呼ばれる低賃金・保険なし・長時間労働・不安定雇用の仕事し
かなく、貧困に苦しむアメリカの中間層の今を、NHK教育が3月18日放送し
ます。
 
 NHK教育
 
 ハートネットTV
 「奪われたアメリカンドリーム」
 http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2013-03/18.html
 
 放送日:3月18日
 放送時間:午後8時〜8時29分
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


CML メーリングリストの案内