[CML 023112] 3/27(水)「原発ゼロノミクス~脱原発は経済成長のチャンス~」(原発ゼロノミクスキャンペーン立ち上げシンポジウム)@参議院議員会館

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2013年 3月 13日 (水) 09:56:58 JST


紅林進です。

「eシフト」(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)などでは、
「原発ゼロノミクスキャンペーン」を始めました。
http://zeronomics.wordpress.com 

3月27日(水)には、この原発ゼロノミクスキャンペーンの立ち上げ
シンポジウムを参議院議員会館で開催しますのでご案内を転載
させていただきます。


(以下転載、転送・転載・拡散大歓迎)

原発ゼロノミクスキャンペーン立ち上げシンポジウム
「原発ゼロノミクス~脱原発は経済成長のチャンス~」

【日時】 3月27日(水) 14:30~17:00
【会場】 参議院議員会館・講堂 (地下鉄永田町駅・国会議事堂駅下車) 
 国会周辺図:http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

※14時より会館入り口にて入館証を配布します。
【内容(予定)】
・原発ゼロノミクスキャンペーンとは
・原発ゼロノミクスのグランドデザイン  金子勝氏
・対談:脱原発成長論  金子勝氏×飯田哲也氏
・経済界、経済学者からのメッセージ紹介

●金子勝氏 (慶応義塾大学経済学部教授)
制度経済学、財政学、地方財政論を専門とする経済学者。提言は、歴史的見地
からの現代経済の位置、不良債権問題、企業改革、社会保障や地方分権化など
幅広い分野に及ぶ。著書に『「脱原発」成長論: 新しい産業革命へ』(筑摩書房)など。

●飯田哲也氏 (環境エネルギー政策研究所所長)
神戸製鋼の原子力部門や電力中央研究所に勤務後、「原子力ムラ」を脱出。北欧
での研究活動や非営利活動を経て、認定NPO法人環境エネルギー政策研究所
(ISEP)を設立。特に3.11以降、世論をリードするエネルギー戦略を打ち出す。
著書に『エネルギー進化論』(ちくま新書)など。

【資料代】 500円 ※どなたでも参加できます。ウェブサイトよりお申込ください。
【主催】 原発ゼロノミクスキャンペーン、eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
【問合せ】 eシフト事務局(FoE Japan内) Tel: 03‐6907‐7217 Fax: 03‐6907‐7219

脱原発こそ経済成長のチャンスとする「原発ゼロノミクス」。具体的実現方法を
ディスカッションします。”株価を上げインフレにすれば生活はよくなる”という
アベノミクスより、日本の足かせとなっている原発依存を脱し、市場の価値転換
にそった新しい経済や、省エネ、自然エネルギーなどの、地域に根ざした多様な
産業を振興により、より抜本的な日本経済の活性化、健全化を目指しましょう!
 
原発ゼロノミクスのウェブサイトより「十万人の賛同」にご参加ください! 
http://zeronomics.wordpress.com                         


CML メーリングリストの案内