[CML 023060] ヨルダン渓谷連帯委員会ブログ更新とファトヒさんの講演会

yosihiro yakusige ysige1971 at gmail.com
2013年 3月 9日 (土) 16:49:20 JST


CMLの皆さま

ヨルダン渓谷連帯委員会ブログ(http://jvsj.wordpress.com/)の
3つの記事を更新しましたので、お知らせいたします。

ファサーイル・アル・ウスタの地域住民に新たな脅威
http://bit.ly/12zkrrD
イブジックの人々が彼らの土地に留まるための支援
http://bit.ly/XuQF3l
軍事訓練を口実としたさらなる強制退去
http://bit.ly/X1PWIA

今月、現地住民による抵抗運動を繰り広げている
「ヨルダン渓谷連帯委員会」の創設メンバーである
ファトヒ・クデイラートさんが、もうすぐ来日します。

以下、大阪と各地講演の情報です。
この機会に、ぜひ多くの皆さんに足をお運びいただいて、
ファトヒさんから直接、渓谷の現状と住民運動について、
日本の支援の在り方について、お話を伺っていただければと思います。


【転載・転送歓迎】
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
ヨルダン渓谷連帯委員会★ファトヒ・グデイラートさん講演会

 パレスチナ――存在することは抵抗すること
┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

日時●2013年 3月17日(日)午後2時〜5時(1時半開場)

場所●ドーンセンター(5階 特別会議室)
(京阪・地下鉄谷町線「天満橋」駅から徒歩3分)
http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

参加費●1000円

パレスチナ西岸地区のヨルダン渓谷では、毎日のように、
イスラエル軍がパレスチナ人の家屋や農地を破壊し、
イスラエル人入植者がパレスチナ人の家畜を殺害するなどの
暴力行為を行っています。

この地域の9割は、イスラエル入植地や「軍事閉鎖地域」で
占められ、住民は、厳しい移動制限に加え、家や学校の建設、
井戸の利用等を禁じられています。

入植者たちは、イスラエル政府の支援の下、地下水を自由に用い、
灌漑農業を行っていますが、そこで働いているのは、生活手段を
奪われたパレスチナ人達です。そのようにして低コストで
育てられたグレープフルーツ等の農作物は、日本を含め、世界中に
流通しています。

日本政府は、この地域でODAプロジェクトを展開していますが、
その多くは占領政策に阻まれ、住民の生活に十分役立つものと
なっていません。にもかかわらず、政府は、国際法違反の占領
政策に対して明確な批判を行おうとしません。

そうした中、「ヨルダン渓谷連帯委員会」は、「存在することは
抵抗すること」をスローガンに、地域住民とともに、破壊された
家や道路を再建し、禁止されている学校を設立・運営するなど、
非暴力直接行動による抵抗運動を継続しています。

厳しい抑圧状況の中からこそ構想される新しい解放運動の
ヴィジョンについて、また、日本のパレスチナ支援のあり方に
ついて、連帯委員会の創設者ファトヒ・クデイラートさんに
語っていただきます。

※ヨルダン渓谷連帯委員会日本語サイト:jvsj.wordpress.com

≪ファトヒ・クデイラートさんプロフィール≫
パレスチナ西岸地区のNGOヨルダン渓谷連帯委員会の創設メンバー。
イスラエル軍による家屋破壊や土地収用、イスラエル人入植者に
よる暴力や嫌がらせに対し、非暴力直接行動での抵抗を住民と
ともに実践している。2007年にも来日し、全国ツアーを行うなど、
世界各地でパレスチナの現状を訴え、支援の輪を広げている。

主催●パレスチナの平和を考える会 PALESTINE-FORUM.ORG

 Email: palestine.forum at gmail.com
 Tel: 06-7777-4935(市民共同オフィスSORA)


≪関連企画≫

【室蘭】3月13日(水)午後6:30〜
 室蘭市中小企業センター2階大研修室
「存在することは抵抗すること」−パレスチナ・ヨルダン渓谷における
イスラエルの占領問題と草の根の非暴力による抵抗運動のいま−

【札幌】3月15日(金)午後6:30〜
 エルプラザ2階環境研修室
「北海道パレスチナ医療奉仕団 パレスチナ難民キャンプ医療支援
活動報告会」&「ファトヒ・クデイラートさん講演 存在することは
抵抗すること」−パレスチナ・ヨルダン渓谷におけるイスラエルの
占領問題と非暴力抵抗運動のいま−

【広島】3月16日(土)午後6:00〜
 広島市まちづくり市民交流プラザ研修室C
「存在することは抵抗すること」−パレスチナ・ヨルダン渓谷における
イスラエルの占領問題と草の根の非暴力による抵抗運動の今−

---


CML メーリングリストの案内