[CML 022914] 【報告】第681目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 3月 1日 (金) 07:05:44 JST


青柳行信です。 3月 1日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第681日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 2月28日現在 総数2749名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】2月28日3名。
    永田新二・佳子・佳織
☆  さよなら原発!3・10福岡集会
     http://bye-nukes.com/fukuoka 
 ・チラシは九電本店前ひろばにあります。
 
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
 お疲れさまです。
暖かい1日でした。
原子力規制委員会が 規制ではなく 原子力促進委員会のようです。
即時避難の対象は たったの 5Kmです。
ひどいですね。まったく規制していません。
福島の海岸からは 高度に汚染された魚が採取されたとか。
汚染がずーーとつながっていますね。
 あんくるトム 工房
魚から25万4000ベクレル http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2307

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆福島の県内外避難民十五万人「平和」の国の民族大移動(左門 3・1−217) 
  ※朝日新聞 2月26日の記事より。16万人に、夫々の経済上・医療上・
   心理上・それらの複合としての艱難が伴っている。憲法第25条違反の事実 
   が鎮座している。「アベノミクス」の「苦しみ倍増計画」が横行している。

★ 平橋和子 さんから: 
 青柳様
昨日はお久しぶりにテントに立ち寄らせて頂きましてありがとうございました。
青柳さんは、少し痩せられてますます、
反原発への姿に美しき磨きがかかっていたように思いました。
愛妻弁当のお陰だと思います。

『九州原発ゼロへ、48の視点』南方新社から飛脚メール便で送ってきました。
早々にありがとうございました。  
48人の方のご意見を読んで又お便りします。

国分ひさ子さんや仲悦子ともお目にかかれ話せてありがたく思いました。
いつか、ヌアンのお店にも行きたいと考えています。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
ついに、本性をあらわした施政方針演説を行いました、
1.「<施政方針演説>『安全確認された原発は再稼働』安倍首相」毎日新聞2月28日毎日新聞 2月28日(木)13時45分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130228-00000039-mai-pol
記事「首相は『原子力規制委員会の下で、新たな安全文化を創り上げ、安全が確認された原発は再稼働する』と明言。『原発の再稼働は、原子力規制委の専門的知見の判断による』
との自公連立政権合意から一歩踏み込んだ。」
1’.「安倍首相、施政方針演説で原発再稼働を明言」Impress Watch 2月28日(木)16時0分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130228-00000052-impress-ind 
・・・・・得票数を減らして政権についていながら言いたい放題は許せない、被災地で原発災害で苦しむ生活を回復できない人々がいるのを知ってもこの態度。 
連休中の外遊は、
2.「安倍首相、中東歴訪を検討=大型連休、資源外交展開へ」時事通信02/2817:09
⇒ http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013022800764
記事「安倍晋三首相は4月下旬からの大型連休を利用し、ロシアに続いて中東諸国を歴訪する方向で調整に入った。首相の訪問先としてはアラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラ
ビア、エジプト、トルコなどが候補に挙がっている.。・・・・今回の歴訪でも、「トップセールス」(首相周辺)で価格引き下げを働き掛ける意向だ。」
やはり、とんでもないことを東電はやっています、
3.「東電、2万人の被ばく記録未提出 線量限度超えの恐れも」東京新聞2月28日 14時05分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013022801000971.html
記事「東京電力が福島第1原発で事故後に働いた作業員約2万人の被ばく線量の記録を、全国の原発作業員のデータを集約する公益財団法人「放射線影響協会」(放影協)に提出し
ていないことが28日、分かった。データの一元管理システムから漏れることで、被ばく限度を超えて働く作業員が出る恐れがある。」
こんな記事も
3’.「福島第1「かなり落ち着いた」=不測の事態に最大限配慮−高橋所長(記者会見)」時事通信02/28-19:44
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013022800978
被災地の実情を知らせる、
4.「全村避難 ドキュメンタリー映画に 飯舘 怒りの実録」東京新聞2月28日 13時53分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013022890135304.html
記事「東京電力福島第一原発事故で全村避難が続く福島県飯舘村の人々に密着したドキュメンタリー映画「わすれない ふくしま」が三月二日から、東京都写真美術館(目黒区)で
公開される。事故さえ起きなければ、変わることはなかった生活。故郷や家族を奪われた理不尽さに直面する被災者の日常を伝える。」
その被災地フクシマでは、
5.「アイナメから51万ベクレル=福島第1の港で、放射性セシウム−東電」時事通信02/2817:04
⇒ http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013022800753
記事「東電によると、このアイナメは2月17日、港の出入り口付近で捕獲された。1キロ当たりセシウム134が18万ベクレル、同137は33万ベクレル検出された。」
・・・・海はとんでもなく汚されています、魚や動植物の被曝が今後どのように影響するか恐ろしくなります。
6.「被災3県 7割医師不足 避難長引き患者増加」東京新聞2月28日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2013022802100014.html
・・・・被災者のことが心配です。
7.「作業員25人 除染危険手当 請求へ」東京新聞2月28日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013022802100003.html
記事「・・・・請求するのは、昨年九月〜十二月の間、福島県田村市で除染作業をした三十四〜六十八歳の二十五人(女性二人を含む)の作業員。・・・・国が支給する危険手当が
支払われていないとして、作業員ら二十五人が元請け代表会社の鹿島(東京都港区)や下請け企業に対し、計約千三百八十万円を請求する。」
8.「【住民帰町1割強】 広野町役場「帰還」あす1年 買い物、医療課題 住宅除染はほぼ完了」福島民報2月28日
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/02/post_6362.html
記事「・・広野町は東京電力福島第一原発事故に伴い役場機能をいわき市に置いた。町は町民に対して平成23年3月12日に独自に自主避難勧告、翌13日に避難指示を出した。
国は23年9月に緊急時避難準備区域を解除し、町は24年3月1日に役場を町内に戻した。山田基星町長は24年3月31日に町独自の避難指示を解除し「生活が可能な人から帰
還してほしい」と呼び掛けた。」
・・・・広野町―福島第一から南へ20〜30キロ圏です、危ないところに無理矢理戻る呼びかけでは、町民は納得できない。
9.「新人4人の争いに 井戸川氏、立候補取りやめ 双葉町長選(17:00現在)」福島民報2月28日
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201302286896
記事「立候補の意を表明していた前職の井戸川克隆氏(66)は立候補を取りやめた。『健康上の理由』としている。有権者数は27日現在、5390人(男2605人、女
2785人)。」
次は、なにやら胡散臭い記事が3つ続けて、
10.「今秋に国際会議 福医大とIAEA」福島民報 (02/28 11:30)
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201302286894
11.「IAEA担当者課題解決に努力 副知事と会談 」福島民報(02/28 11:30
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201302286893
・・・・基準線量をあげてまで県民に帰還を進める県はいったいIAEAと何をしようとするのか、県民をモルモット扱いにしているのではないか。
12.甲状腺の内部被曝「1歳児50ミリ未満」 30キロ圏内」朝日デジタル2月28日
⇒http://digital.asahi.com/articles/TKY201302260549.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201302260549
・・・・低く低く発表しようとする・・・おかしい、どの線量をいっているのか、過去NHKのドキュメンタリーでも8日の半減期のよう素などわかっていないものがあるとしてい
た・・注視しておこう。他紙では次のような見出しに、
12’.「原発事故で発がんリスクやや上昇 WHOが報告書公表」西日本2月28日 20:34 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/350511
記事「甲状腺がんのリスクが最も高まるのは原発周辺の1歳女児で、福島県浪江町の女児は生涯に甲状腺がんにかかる確率が0・52ポイント上がって1・29%となり、日本の平
均的な1歳女児の発がんリスクの約1・7倍となった。」
次に、国会では、
13.「国会事故調資料、倉庫に放置 原発事故、公開ルールなく」朝日デジタル2月27日23時18分
⇒http://www.asahi.com/special/news/articles/TKY201302270443.html
・・・ダンボールで山積みされたまま・・・。

いま届いた西日本新聞は嫌な記事ばかりが目立ちます。
1、2、3面には1.の関連記事がざっとあります。
12面にオピニオン欄として紙面半分をつかって、特集です、
13.「全村避難 福島・飯館村の2年」
17面経済欄、
14.「1万キロメガソーラー 九電、佐世保で5月着工」
⇒http://qbiz.jp/article/13335/1/
15.「電源構成目標 『20年に完成』経産相が表明」
33面、
15.「数字で見る被災地 14.6%陸前高田市の地価上昇率 移転需要増加が背景」
・・・・記事中に、福島県いわき市でも沿岸部でも不動産取引が活発化している、とあります。
16.きょうの九電の「でんき予報」は85%とあります。
34面、
17.「祝島の漁協が補償金受領へ 上関原発 中国電力から」
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/350554
・・・・やはり、金・・・・・。
18.「九電値上げ 相談役報酬 参入認めず 経産省専門委 LNG最安値反映要請」西日本電子版03月01日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/13342/1/
記事「人件費では、九電が1人当たり3300万円で申請している役員報酬を中央省庁の事務次官並みの2千万円程度が適当とした。一方、相談役や顧問への報酬年8900万円は
業務内容が不明確などとして原価に認めるべきでないと指摘。値上げの可能性が浮上した2012年6月に増員した役員3人の報酬も、原価算入は不適当と判断した。」
19.「報酬除外なら他事業で捻出 社長方針」
・・・・性懲りもなく・・・・。
関連記事がネットに、
20.「LNG費用削減で一致、専門委 関電、九電の値上げ圧縮へ」西日本電子版02月28日 21時46分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/13319/1/

★ 石垣敏夫 さんから:
<東海村村上村長との話 木田さんのお話>
原発難民:木田節子さんのお話(下段・」転送)

 ヒロシマ・ナガサキ・フクシマを経験した日本人こそが、
反核反原発、世界平和の先頭に立つべきです。
これが日本の歩む道で、全世界の人々も願っています。
日本の負の経験が世界平和に役立つこと、これを日本人は
誇りとすべきでしょう。(石垣)

<木田さんのお話>
去年、東海村の谷田部さんや村上村長が、避難民の私の話を聞いてくれ、そこから私の発言が始まりました。
被災者となって気が付いた、この国の理不尽さに抗うことのしんどいこと…長い間、闘ってきた方々には敬服します。
私は一年ちょっとで、もうへこたれそうです。

きょうは7順目の一時帰宅でした。あちこちで除染作業をしていましたが、私の家の敷地内は、雨上がりのせいか、
前回の帰宅時よりも線量は高く、満開の時期には町民を招待する予定のある、
夜ノ森の桜並木の一部には、45microシーベルトの場所がありました。

かと言えば、不思議に線量が低い場所もあり、だから帰還しなさいという訳です。
あちこちに、除染で出た落ち葉や土などの「汚染廃棄物」が山積みにされているのに、数値の低いところは帰りなさいと言い、
イチエフ4号機の不安定さや、73シーベルトもある2号機のことは計算外です。

福島のこのやり方が定着すれば、この先同じことが起こった時、「福島式」を押し付けられるのだと、
立地地域の住民は覚悟しなければなりません。
早く事の重大さに気付いて欲しいです。

警備に来ている警官たちは防護服なし、スクリーニングの係員も相変わらずマスクも手袋もなし。
関西から来ている機動隊に、「あまりにも無防備です。どうして若いみなさんが福島に来るのか、
被曝が条件なのだから年配者にやらせたらいいのに」と言ったら、免許証の提示を求められ、同行者の身分照会までされました。

アメリカとオーストラリアのフリージャーナリストだったので、個人情報をなぜ聞くのかと抗議しましたが、職務だからと強い態度です。
結局、調べても不都合はなかったので帰されましたが、大阪の弾圧がチラッと頭をかすめ、
水戸に戻って東京新聞の「核の攻防・安保熱く」「原発、軍事転用に道」を読んだら、末恐ろしくなりました。
長くなりました。(木田節子)

★ 安間 武 さんから:
-------------------
原発関連イベント
-------------------
■福島事故から2年、3月9日〜11日のさようなら原発・原発ゼロ大行動
3月9日 (土)「つながろうフクシマ!さようなら原発大集会」
3月10日(日)「0310原発ゼロ☆大行動」
3月11日(月)「つながろうフクシマ!さようなら原発講演会」
3月23日(土)「原発のない福島を!県民大集会」
3.9〜11「全国のアクション」

つながろうフクシマ!さようなら原発
http://sayonara-nukes.org/2012/12/121220/
0310原発ゼロ☆大行動」
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=2415

■福島を忘れない! 福島を風化させない!
福島・首都圏の集い 福島原発災害に学ぶ
http://tentohiroba.tumblr.com/
3月3日(日曜日)13時30分〜17時
現代史研究会、経産省前テントひろば、たんぽぽ舎、
福島原発事故緊急会議、反原発自治体・市民連盟
明治大学リバティーホール
-JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
-東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
-都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

■定例毎週金曜日!大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議
http://coalitionagainstnukes.jp/?page_id=2397
3月1日(金)18:00〜20:00

----------
署名
----------
福島原発告訴団 【福島原発事故に関し、厳正な捜査と起訴を求める署名】
二次締切り 2013年3月5日(金)
ネット署名
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2013/01/blog-post_17.html
-----------------
原発関連情報
-----------------
■衝撃の意見書「福島の子どもたちはチェルノブイリより危険」
(日々坦々資料ブログ2/26 日刊ゲンダイ2013/2/26)
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-8153.html

■「100万人に1人」の甲状腺がんが福島で多発 〜都内で緊急デモ〜
(Jan Jan Blog2013年2月23日)
http://www.janjanblog.com/archives/91960

■日本は本当に法治国家か〜東京地検前に620人の怒り渦巻く
(レイバーネット 2013年2月22日)
http://www.labornetjp.org/news/2013/0222hokoku

■福島第1原発:ベント前 放射性物質が10キロ圏に拡散
(毎日新聞 2013年2月22日)
http://mainichi.jp/select/news/20130222k0000m040136000c.html

■堤未果 x 井戸川克隆「震災からの復興をどう考えているのか」
(J-WAVE JAM THE WORLD 20-02-2013)
http://www.dailymotion.com/video/xxna9q_yyy-x-yyyyy-yyyyyyyyyyyyyyyyy-2013-02-20_news2013.02

★ 太田光征 さんから:
新安全基準(設計基準)骨子案に対してしか意見を提出できませんでしたが、ご参考にしてください。
原発「新安全基準」に対するパブリックコメント
http://kaze.fm/wordpress/?p=444

「発電用軽水型原子炉施設に係る新安全基準骨子案」に対するご意見募集について
http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu130206.html
/薫汰幹霆燹弊澤彜霆燹帽子案
⊃薫汰幹霆燹淵轡咼▲▲シデント対策)骨子案
新安全基準(地震・津波)骨子案

参考:
ホーム - 原子力規制を監視する市民の会 ページ!
http://kiseikanshishimin.jimdo.com/
みんなのパブコメ:新「安全基準」(2/28まで)…再稼働に直結する重要な基準: 「避難の権利」ブログ
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/212228-1567.html

(1)
要旨:「過度の放射線被ばく」を「疫学的に確認できるレベルの健康被害を及ぼす放射線被ばく」などとする

意見・理由:1.総則(1)用語の定義について(4ページ)
骨子案においては、機器などの「安全機能」の定義は、それが失われることで「一般公衆ないし従事者に過度の放射線被ばくを及ぼすおそれ」がある機能とされています。原子力施
設は必然性がないため、自然由来ではない放射線の被ばくによる健康被害は「過度」です。

「内部被曝−資料」の(41)と(42)に示した疫学研究の結果を見てください。

内部被曝−資料
http://2011shinsaichiba.seesaa.net/article/273231204.html

「15カ国核労働者研究」の結果に別の核労働者疫学研究の結果を加味すると、がんの過剰相対リスクは原爆被爆者研究に基づく過剰相対リスクよりも上昇しています。

核労働者疫学研究の対象者は、シビアアクシデントの被害に遭った労働者ばかりではありません。にもかかわらず、原爆被爆者の受けたリスクより高いわけです。

シビアアクシデントでない事故による「安全機能」の<喪失>はおろか「通常運転」による健康被害リスクが既に「過度」なものと言えます。

少なくとも核労働者疫学研究などの疫学研究で確認できるレベルの健康被害を及ぼす放射能を放出する機器などは「安全機能」を持っていないと見なすべきで、このような放射能を
放出する原因を究明し、こうした原因を排除する要件を原発新安全基準に盛り込んでください。

(2)
要旨:複数の原因によって発生する故障を考慮すること

意見・理由:1.総則(1)用語の定義について(5ページ)
<「単一故障」とは、一つの機器が故障することによって所定の安全機能を失うことをいい、従属要因に基づく多重故障を含む。 なお、「従属要因」とは、単一の原因によって必然
的に発生する要因をいう。>とありますが、単一故障、多重故障、連続事故、単一原因、複数原因のあらゆる組み合わせを考慮すべきです。

(3)
要旨:「第三者の不法な接近等」に対処するには膨大な費用がかかるため、原子炉施設の解体をすること

意見・理由:2.原子炉施設の共通の技術要件(2)外部人為事象に対する設計上の考慮(9ページ)
「第三者の不法な接近等」から原子炉施設を防御するのであれば、海洋から魚雷によって冷却水取水システムが破壊されるような事態なども想定して対処せねばならず、莫大な費用
が必要となります。これは非現実的であり、「第三者の不法な接近等」から原子炉施設を防御しなければならない原因である原子炉施設そのものをなくすしかありません。

(4)
要旨:「単一故障が安全上支障のない期間に除去又は修復できること」を見込まない

意見・理由:2.原子炉施設の共通の技術要件(9)信頼性に関する設計上の考慮(16ページ)
Dで「単一故障が安全上支障のない期間に除去又は修復できることが確実」を前提に、そうした単一故障を仮定しなくてよいとしていますが、これでは連続地震や多重・連続事故など
に対処できません。

(5)
要旨:単一故障で系統機能が失われても別系統を利用できると見込まない

意見・理由:2.原子炉施設の共通の技術要件(9)信頼性に関する設計上の考慮(16ページ)
Eで単一故障の場合に系統機能が失われても別系統を利用できれば当該機器に対する多重性を求めないとしていますが、これでは連続地震や多重・連続事故などに対処できません。

(6)
要旨:放射性廃棄物の放出管理などを「合理的に達成できる限り低く」に基づかない

意見・理由:3.原子炉施設における個別の系統(9)放射性廃棄物処理施設(48ページ)および(11)放射線管理(52ページ)

「合理的に達成できる限り低く」(As Low As Reasonably Achievable、ALARA)は経済的動機に基づく考え方であり、安全基準とは無縁です。

(7)
要旨:パブコメ期間を長くして意見を基準に反映させる審議をし、基準策定に原子力事業関係者を関わらせない

意見・理由:全体
本パブコメはインターネット利用者のごく一部しか知りません。周知期間とパブコメ期間を長くしなければ、意見を聞いたことにはなりません。また、意見を基準に反映させなけれ
ば意味がないので、パブコメ意見を基準に反映させるための審議をしてください。
基準策定に原子力事業関係者が関与したのでは、安全軽視の基準しか策定できません。

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

★ 『九州原発ゼロへ、48の視点』
申し込み者は氏名・住所・電話記載して
★九電本店前ひろばテント青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jphttp://ameblo.jp/yaaogi/

● さよなら原発!福岡例会 ●  
日 時:3月5日(火)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   地図: http://tinyurl.com/94fdcvh
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● さよなら原発! 3・10福岡集会とサウンドデモ  
 日 時:3月10日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 
住 所:福岡市博多区上川端町
    地図:http://tinyurl.com/6rr76od
主 催: さよなら原発! 3・10福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう! 九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
ホームページ http://bye-nukes.com/fukuoka 
賛同カンパ送り先:郵便振替 番号 01770−5−71599
加入者名 さよなら原発! 福岡
賛同金一口 500円(何口も可・大歓迎)
…ツイッターやFaceBookなどでもぜひ拡散をお願いします!

● 原発労災・梅田隆亮さん第5回口頭弁論 ●
日 時:3月13日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(1748)当座26149691

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆        
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内