[CML 025013] 【発行のご案内】季刊雑誌『アジェンダ』41号 特集 「脱成長」社会を考える

谷野隆 avenir at tc4.so-net.ne.jp
2013年 6月 20日 (木) 20:50:17 JST


アジェンダ・プロジェクト編集部の谷野隆と申します。
最新号の『アジェンダ』41号を発行しました。
今号では、「脱成長」社会を取り上げ特集しています。
ぜひ多くの方に読んでいただければと思っています。

また『アジェンダ』は今年創刊10周年を迎え、
定期購読拡大キャンペーンも実施中です。


(ここから、拡散お願い)
・・・・・・・・・・・・・・・・
<発行のご案内>
『アジェンダ 未来への課題』41号(2013年夏号)  
特集  「脱成長」社会を考える
定価 500円+税

アジェンダ・プロジェクトでは、
季刊雑誌『アジェンダ 未来への課題』第41号(2013年夏号)
特集「『脱成長』社会を考える」を発行しましたのでご案内いたします。
「無限の成長」を追い求める資本主義社会のあり方そのものの問題性を
問うものとなっています。

主な内容

・巻頭グラビア   山本英夫
想像してください。ここが滑走路に潰される?-沖縄・辺野古・大浦湾

<特集>
・広井良典(千葉大学)
脱成長社会の構想―資本主義・社会主義・エコロジーのクロスオーバー
・勝俣 誠(明治学院大学国際学部教授)
「脱成長への道」へのいくつかの切り口
・松久 寛(縮小社会研究会代表理事)
縮小社会への道
・榊原裕美(スウェーデン研究者)
脱成長社会への道? スウェーデン社会を通して考える
・石橋 正(本誌編集員)
モンドラゴン協同組合の理念と現状
・インタビュー 使い捨て時代を考える会
大量生産・大量消費を見直し、簡素な暮らしで豊かな共生社会を
・書評 セルジュ・ラトゥーシュ著  『<脱成長>は、世界を変えられるか?』

<特集外>
・藤井悦子(本誌編集員)
規制委員会もあきれる関電・大飯原発の3連動評価拒否

<連載>
・康玲子(高校非常勤講師)
  時代の曲がり角で  第29回  反省の日々
・石橋正(本誌編集員)
変わるラテンアメリカ(23)  国際協同組合年とラテンアメリカ
・舘明子(元自然派なずな屋スタッフ)
食をゆたかに ピンチはチャンス!(17)
・大橋さゆり(弁護士)
弁護士Oの何かと忙しい日々  第27回  ほどよい「自立支援」とは

ほか

※全国主要書店、およびアマゾン等ネット書店で発売中!
また、アジェンダ・プロジェクトにメール・電話・Fax等で
直接ご注文することもできます。
その場合、送料実費をご負担いただいています。
下記ホームページの購入フォームからのご注文も可能です。
http://www3.to/agenda/

※ただいま『アジェンダ』創刊10周年定期購読拡大キャンペーン実施中。
2013年末までに定期購読1年をお申込みの方に、
1号~36号(2012年春号)までのバックナンバーからご希望の3冊を進呈。
2年の場合は5冊を進呈いたします。
ご希望の方はアジェンダ・プロジェクトまでご連絡ください。


<問い合わせ先>
アジェンダ・プロジェクト
〒601-8022
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
筺Fax 075-822-5035
E-mail agenda at tc4.so-net.ne.jp
URL http://www3.to/agenda/


・・・・・・・・・・
ここまで



CML メーリングリストの案内