Re: [CML 024871] 【報告】第785目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

さつかわきぬ jesus.loves.me7411682113 at gmail.com
2013年 6月 13日 (木) 13:31:26 JST


まうZQEEZ into qp     t p

y-aoyagi at r8.dion.ne.jp: 

>青柳行信です。 6月13日。
>
>「きみへ」 さよなら原発! 
>http://twitsound.jp/musics/tsMDocgv4
>
>【転送・転載大歓迎】
>  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第785日目報告☆
>     呼びかけ人賛同者6月11日2865名。
>★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
>    
>★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
><ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
>
>★さよなら原発!福岡
>  http://bye-nukes.com/fukuoka
>
>★ 横田つとむ さんから:
>青柳さま
>お疲れさまです。
>TPP ひどい不平等条約ですね。
>今日の新聞を見て驚きました。
>日本の国民は内容を全く知らないのに、米国の大企業は意見を出せるのですから。
>安全でない食品や 儲けをごっそり持っていくシステムが準備されているようです。
>これは 自民などの推進者は まるで「売国奴」。
>あんくるトム工房 
>TPPは危ないぞ   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2474
>これ いいね!革新懇ポスター http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2473
>
>   蒸し暑い 1日でした。 体調を崩さぬようお気を付けください。
>
>★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首連作> さんから:
> ☆原発で「子孫泣かすな」福井県の原発銀座を全て廃炉に(左門 6・13-321) 
>※「聞いてください 浪江町のこと――あなたがたがわたし達のようにならないために」。 
>
>★ 金子 譲 さんから:
>【Oneness TVアーカイブ:2013/6/11 TwitNoNukes九州「福岡・九電本店前 原発反対・再稼働反対抗議」 】
>TwitNoNukes九州主催による九電本店前、隔週火曜脱原発抗議行動の中継録画。
>http://t.co/1Hh93ddFWz #脱原発
>
>★ 前田 朗 さんから:
>8日に福島で開催された原発民衆法廷フクシマ公判の写真をブログにアップしました。
>http://maeda-akira.blogspot.jp/2013/06/blog-post_3016.html
>
>「侵 略の定義について(15)」をブログにアップしました。
>http://maeda-akira.blogspot.jp/2013/06/blog-post_9322.html
>
>★ 立川の岩下 さんから:
> 【書評】尾松亮『3・11とチェルノブイリ法』の掲載の文章を、
>「汚染地域住民と被曝労働者の連帯を、私たちは
>どう築いていくのか?」という副題でBlogに掲載しました
>ご一読を Blog:
>http://yo3only.cocolog-nifty.com/blog/ 
>
>6月27日は「子ども・被災者支援法」が議員立法として1年前に成立した
>日ですが、政府はそのまま店晒しにしています。
>支援法の問題点を、チェルノブイリ法とその立法過程と対比し、汚染地域
>住民と被曝労働者の連帯の問題を考えます。
>これは当面する原発再稼働阻止闘争のありかたにも大きく関連すると
>思っています
>
> 「もういちど考えてみよう―反原発運動とは何だろうか?」の掲載
>http://yo3only.cocolog-nifty.com/blog/
>2年目の「3・11」。
>TVや新聞では特番・特集が続いています。昨夜のNHKスペシャル「メルトダウン」は、原子炉冷却に失敗しなければ事故の拡大は防げたのではないか、という視点の番組でした。
>技術的には突っ込んだ内容でしたが、原因は地震と津波という前提に立っており、結果、「技術と組織がしっかりしておれば原発は大丈夫」という結論になりかねません。
>3月7日にある労働組合でお話をする機会がありましたが、そのプレゼンテーションのファイルを公開します。
>私は事故の原因は、,修發修睚‥腓妨業が建設されたこと、◆峭餾」を背景に東電が利益重視・安全無視の運営をおこなってきたこと、B申轍疾舛厩渋い原発労働者の安全と
>健康を求める闘いを阻んできたこと―にあると思います。
>また歴史的には、_奮惻腟繊↓経済成長主義、エネルギー重視、そしてこ砲痢嵎刃騨用」の是認―が今回の事故につながったと思っています。
>そして核の「平和利用」の是認については、。隠坑毅闇代の原水禁署名と、■牽闇代のチェルノブイリ後の、いわばシングルイッシューの「国民運動」を振り返る必要があると
>思います
>
>★ 舩津康幸 さんから:
>おはよう-ございます。
>新規制基準施行一ヶ月前の時期を迎え、規制委の本質を伝える記事が報じられいます。
>今朝は、その記事からはじめます。
>1.「『安全審査、効率良く』=1チームで複数基担当も-田中原子力規制委員長 」時事通信06/1219:09 
>http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013061200797
>記事「・・・原子力規制委員会の田中俊一委員長は12日の定例記者会見で、7月に新規制基準が施行された後、原発再稼働の前提となる安全審査を進める態勢について『申請が何
>基出るか分からないが、できるだけ効率良く合理的にやっていくのが当然の姿だ』と述べ、事務局の原子力規制庁に設置する三つの審査チームが、それぞれ複数の原発の審査を並行
>して進める可能性を示唆した。」
>・・・・多数の原発を早期に再稼動へまっしぐらです、“3チーム×複数の審査をする”・・・審査に“効率”なんて要りません。
>2.「原発40年超、制度固まる=規制委『広範囲で点検』」時事通信 06/1218:47
>http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013061200787
>記事「・・・原子力規制委員会は12日、運転開始から40年を超える原発について、最大20年まで運転延長を認める認可制度などについて大筋で了承した。近く新規制基準など
>と合わせ正式決定する。・・・新制度では原発の運転期間を原則40年とした上で、電力会社が申請すれば審査し、例外的に20年まで運転期間の延長を認めることができ
>る。・・・規制委は4~5月に意見を募集し、計292件が寄せられた。特別点検に対して「点検困難な部位があるので範囲を狭めてほしい」などの意見があったが、規制委は点検
>対象部位を具体的に示した上で、「可能な全ての範囲で点検を求める」として原案通りとした。」
>・・・玄海1号機の直結する記事です、+20年を容認する基準です、パブコメも聞き流す。
>
>次は、昨日に続き、福島事故現場が11日報道陣に公開された記事、
>3.「わずかな森もタンク用地に 福島第一報道陣公開」東京新聞6月12日
>http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013061202000221.html
>記事「東京電力は十一日、福島第一原発を報道陣に公開した。汚染水をためるタンクの設置が進み、わずかに残っていた森は、茶色い土がむきだしの増設用地に様変わりしていた。
>ここも二年余りでタンクで埋まり、その後の増設計画はまだない。汚染水はやがて行き場を失うかもしれないと、先行きが見えない闘いに不安が募った。・・・建屋への行き帰り、
>水漏れがあった地下貯水池のわきを通った。土がかぶせられ、バスの窓越しには平地にしか見えない。放置されたこの土地を何とももったいなく感じた。・・・・取材中の最大線量
>は、3号機タービン建屋海側の毎時一・一ミリシーベルト。作業拠点の免震重要棟前の放射線量は毎時〇・〇二二ミリシーベルト。三月に別の記者が取材した時とほとんど変わ
>らず、ここに一年間、立つとすると一般人の年間被ばく限度の二百倍を浴びる計算になる。記者の被ばく線量は約四時間で〇・〇七五ミリシーベルトだった。」
>4.「収束宣言 遠い実感 東電、福島第1原発公開」河北新報(6/12 06:10)
>http://www.kahoku.co.jp/news/2013/06/20130612t63011.htm
>記事「・・・原発事故対策で必要な『止める』『冷やす』『閉じ込める』の作業は2番目の『冷やす』段階で試行錯誤が続く。人類史に例のない原子炉4基の同時廃炉作業は緒に就
>いたばかりだ。・・・・」
>5.「廃炉へ課題多く 第一原発公開 汚染水、保管以外に対策なし」福島民報(06/12 11:20)
>http://www.minpo.jp/news/detail/201306128985
>6.「汚染水対策なお課題 第1原発廃炉作業を公開」福島民友(06/12 10:20)
>http://www.minyu-net.com/news/news/0612/news10.html
>・・・各社三者三様ですが、どの記事も“竹やり”で対応する現場を伝える。とても“世界最高水準の技術”ではない、“収束”もない。
>
>その福島第一事故現場では、また信頼を揺るがす事実が公表されました、
>7.「「地下水分析、再び訂正=東電「セシウム10分の1」-福島第1原発」時事通信06/1220:34 
>http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013061200853
>記事「・・・東京電力は12日、福島第1原発の地下水に含まれる放射性セシウムの濃度が、これまで同社が公表していた値の10分の1程度だったと訂正した。地下水のセシウム
>濃度訂正は2度目。・・・東電は2度目の訂正について、サンプル採取で使った容器などが汚染されていた可能性があるとしている。」
>・・・第3者機関の検査結果との比較で判明・・・高い線量の中で正しく測定は難しい。事故現場に限らず汚染地域では共通の問題ではないか。
>
>被災地フクシマでは、
>8.「役場引っ越し忙しく 双葉町、福島の方角へ黙とう」福島民報06/12 08:53
>http://www.minpo.jp/news/detail/201306128978
>記事「・・・17日の双葉町役場機能のいわき市移転に向け、町職員は11日も引っ越し作業に追われた。旧騎西高は引き続き埼玉支所として職員約10人が詰める。郡山市の支所
>も継続する。 ・・・同日は埼玉県加須市の旧騎西高で、役場機能移転前最後の黙とうも行われた。震災から2年3カ月目の11日午後2時46分に伊沢史朗町長らが校舎前で黙とう
>をささげた。・・・・」
>9.「いわきに集合住宅確保へ 双葉町、避難所閉鎖見据え」福島民報(06/12 08:54)
>http://www.minpo.jp/news/detail/201306128982
>10.「1637世帯が入居希望 いわき市災害公営住宅 整備予定1515戸上回る」福島民報(06/12 08:58
>http://www.minpo.jp/news/detail/201306128982
>・・・他の町村の多くがいわきに住宅を準備する中、いわき市民自身の住宅事情も深刻です。
>11.「「住宅除染」4割が目標未満 川内で原因調査」福島民友(06/12 09:55)
>http://www.minyu-net.com/news/news/0612/news5.html
>記事「・・・川内村の全1222世帯で実施された住宅除染で、43%に当たる526世帯で、村が除染後の目標放射線量とする毎時0.23マイクロシーベルトまで低減できな
>かったことが11日、分かった。・・・・・村によると、村内の全世帯で既に除染が完了。旧緊急時避難準備区域1061世帯のうち412世帯、旧警戒区域161世帯のうち
>114世帯で目標値まで低減しなかった。村は今月上旬までに、ガンマカメラで107世帯の線量分布の調査を終えた。」
>・・・・全村帰還を推進している村、村民の立場でのほんとうの行政のあり方が問われます。
>12.「第2次分2000人追加 原発事故の精神賠償増額 1万人申し立ての浪江町」福島民報06/12 08:47
>http://www.minpo.jp/news/detail/201306128972
>記事「・・・町民から受け付けている参加申込書・委任状の第2次分を11日までに締め切った。約2000人が提出した。5月末に申し立てた第1次分1万1602人に追加され
>る。 
> 町は28日を最終締め切り日としている。申し立てでは町内全域の放射線量を事故前のレベルに下げることや、現在1人当たり月10万円の精神的損害賠償を35万円に増額する
>ことを求めている。・・・・」
>一方、被害者の起こした裁判では、
>13.「国と東電、原発被災者と争う姿勢 東京避難の集団訴訟」西日本新聞 (6/12)
>http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/368984
>記事「福島第1原発事故で福島県から東京都に避難している被災者8人が、国と東電に計約1億2千万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が12日、東京地裁(後藤博裁判
>長)であり、国と東電は請求棄却を求めた。・・・東京の原告8人はいずれも福島県いわき市から都内に避難した3世帯の男女・・・・・」
>・・・・なんで、被害者がこんなしうちを受ける・・・とんでもない。
>
>こちら“もんじゅ”では
>14.「もんじゅ計画、議論続行=作業部会に点検漏れ報告-文科省」時事通信06/1221:32 
>http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013061200876
>記事「・・・日本原子力研究開発機構の高速増殖炉『もんじゅ』(福井県敦賀市)の研究計画を議論する文部科学省の作業部会が12日、開かれた。1万点近い機器で点検時期の超
>過が判明した問題が報告されたが、メンバーは研究計画について議論を続けることを確認した。」
>14’.「もんじゅ研究、継続を確認 文科省部会、推進の方針変えず」西日本新聞 6月12日 20:51 
>http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/369068
>記事「・・・・作業部会は研究推進の方針を変えない姿勢を示した。・・・この日の会合で、文科省の担当者は『研究成果の取りまとめや、核廃棄物の減量化に向けた研究計画につ
>いて引き続き議論する』と説明。異論はなかった。・・・・」
>
>政府は、
>15.「自衛隊、原発警備訓練参加へ=警察・海保と連携」時事通信06/1219:52 
>http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013061200830
>記事「・・・防衛相は『古屋圭司国家公安委員長から“防衛省も訓練に参加してほしい”との話があった』と説明。『どのようなレベルの脅威があるか想定する中で、自衛隊に役割
>を分担する方向が出てくれば検討したい』と語った。・・・自衛隊法は、警護出動の対象を国内の米軍基地と自衛隊施設に限定。その他の重要施設は、警察が対応できない場合に限
>り、自衛隊が治安出動して警護すると定めている。」
>・・・本気で武力で守れると思っている? 実現すれば自衛隊が国民に対峙する事態にも拡大していくのではないか。
>
>発電技術の記事、
>16.「『赤さび』で発電 高効率で廃熱を変換 中部電発明」6月12日
>http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/scheduledstop/list/CK2013061202100009.html
>記事「・・・中部電力は『赤さび』を利用することで、工場や家庭から出る廃熱を効率的に電気に変えられることを発見した。多様なエネルギーによる発電方法が世界中で研究され
>ているが、身の回りにあふれるさびで高効率の発電技術が確立されれば、廃熱を再利用した安価な電力供給が可能になる。・・・・」
>
>再生エネルギー関連の記事、
>17.「再生エネ、1年で原発100基分 日本は風力の伸び低迷」東京新聞月13日 01時07分
>http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013061201001888.html
>記事全文「・・・昨年1年間に世界で新たに導入された再生可能エネルギー設備の発電能力は1億1500万キロワットに達し、過去最大を記録したとの調査結果を、エネルギーの
>専門家らでつくる『21世紀の再生可能エネルギーネットワーク』(REN21、本部ドイツ)が12日、発表した。100万キロワット級原発100基分以上に相当し、12年に
>新たに導入されたすべての発電設備の半分を超える量だという。日本は、太陽光発電が拡大傾向にあるものの、国別の比較では12年の導入量は5位。風力発電はトップ10圏外
>で、低迷が続いている。(共同)」
>18.「独主導で『生エネクラブ』結成 日本に打診なし」西日本新聞 (6/12)
>http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/369019
>記事全文「ベルリン共同】東京電力福島第1原発事故後、2022年末までの「脱原発」を決めたドイツを中心に、中国やインドを含む計10カ国による「再生可能エネルギークラ
>ブ」が結成された。ドイツ環境省が12日までに発表した。・・風力や太陽光発電など再生エネルギーの世界的な普及を目指し、政治レベルで連携を深めるのが目的。在ドイツ日本
>大使館によると、日本には参加の打診がなかった。・・・他の参加国は英国、フランス、デンマーク、南アフリカ、アラブ首長国連邦、モロッコ、トンガ。ドイツ環境省は『世界の
>さまざまな地域から、特に再生エネルギーの普及に野心的な国に声を掛けた』と説明、新規加入を歓迎すると述べた。」
>・・・日本はカヤの外、脱原発に背を向ける“煮え切らない姿勢”に、むしろいれるとややこしいと思われているのでは。
>
>さて、昨日の西日本新聞の1面トップは次の記事でした、
>19.「日本の太陽光市場1位に 13年、2兆円規模」06月12日 10時14分 更新
>http://qbiz.jp/article/18833/1/
>記事「【ボン(ドイツ)共同】2013年に日本国内に新規導入される太陽光の発電能力は12年に比べて2・2倍の530万キロワットに拡大し、設備販売額や設置費用などを合
>計した市場規模が198億ドル(約1兆9100億円)とドイツを抜いて世界1位になる見通しとなった。米調査会社IHSが12日までにまとめた。・・・・」
>
>今朝の朝刊では、2面右端中ほどに7.の記事、下方に、
>20.「電力改革法案 衆院委が可決」
>・・・・13日の衆院本会議で同法案を採決する見通し。
>3面左隅に17.の記事があります。
>きょうも紙面は、3つ、だけです。
>
>★ 神谷ふさこ さんから:
>急ぎ、お伝えします。
>今夜の日付が変わった時から、シリーズ第8回がBS1にて。必見です!
>オリバー・ストーン監督の番組が本日深夜から3晩。必見かと思われます!
>
>下記は孫崎享さんとカレル・C・ウォルフレンの共著「独立の思考」です。短い動画をぜひ見てください。
>http://www.amazon.co.jp/gp/product/4046532807/ref=pe_393952_49093232_email_1p_0_ti
>
>★ 黒木 さんから:
>たんぽぽ舎です。【TMM:No1865】2013年6月12日(水)午後 7:03より転載
>
>書籍の紹介
> |  チェルノブイリ事故被災者の作文集
> └─『新訂 子どもたちのチェルノブイリ』を出版
>
>チェルノブイリ原発事故で被災した子どもたちの作文集
>『わたしたちの涙で雪だるまが溶けた』を再編集して、
>最新の検診データも掲載して出版しました。
>
>18年前にチェルノブイリ支援運動・九州が出版したこの作文集は大変好評で、
>ラジオやテレビで紹介され、多くの方に愛読されてきました。
>
>特に、福島第一原発直後は集会で飛ぶように売れました。
>
>最近では運転停止中の原発再稼働の動きのある中で、
>原発事故の被害について再認識してもらいたいとの思いから、
>出版を企画しました。
>
>新訂版では、
>福島原発事故で福島から福岡に避難された宇野朗子さんの手記、
>及び、日本医科大学主任教授で甲状腺内視鏡手術の開発者である
>清水一雄先生の甲状腺がんのわかりやすい解説を加えています。
>
>全国の書店より一斉に発売されています。
>もちろんたんぽぽ舎でも取り扱っています。
>
>~こどもたちの作文より~
>
>わたしたちへの罰は、放射能で満ちあふれた土地で暮らすことである。
>そしてわたしたちは、
>20世紀最大の悲劇を引き起こした無責任さに対する
>他人の罪をも背負わされてしまった。
>
>(ガリーナ・ロディチ)ナジェージュダは3月の終わりに死んだ。
>
>日記の最後はラテン語の「Vixi (生きた)」で結んであった。
>彼女は自分の人生で何ができたのだろうか。
>彼女は何を残したのだろうか。
>何枚かの風景画とスケッチと肖像画。
>それと大地に残る輝かしい足跡だ。(イーゴリ・マローズ)
>
>映像作家 鎌仲ひとみさんの推薦文:「ほうしゃのう」のないところで暮らしたい! 
>子どもたちは傷つきながらそれでも希望を抱きしめている。
>
>『新訂 子どもたちのチェルノブイリ』
>発行 梓書院(092-643-7075)A5版 224ページ
>監修 河上 雅夫(NPO法人チェルノブイリ医療支援ネットワーク理事長)
>定価 本体1,333円+税 
>
>★ くじゅう(平和といのち・イグナチオ9条の会)さんから:
>毎日新聞の記事をお送りします。
>アフガンで活動しているペシャワール会の中村哲医師が語っています。
>
>「アフガニスタンにいると『軍事力があればわが身を守れる』というのが
>迷信だと分かる。敵を作らず、平和な信頼関係を築くことが一番の安全保障
>だと肌身に感じる。単に日本人だから命拾いしたことが何度もあった。
> 憲法9条は日本に暮らす人々が思っている以上に、リアルで大きな力で、
>僕たちを守ってくれているんです。」
>以下の記事を、拡散し、少しでも多くの人に伝えてください。
> http://tinyurl.com/kh6dgpv
>
>○----------集会等のお知らせ----------○
>
>●  原発の再稼働阻止!全九州統一行動 ●
>http://ameblo.jp/yaaogi/
>川内原発・玄海原発再稼働阻止!全九州統一行動に結集しよう。
>
>●6月26日(木)九電株主総会行動。
>ホテル・ニューオータニ福岡前に午前8時集合
>午前10時総会開始。その後、デモ・パレードを予定。
>
>● 第二回「さよなら原発!11・17九州集会」(仮称)
>    実行委員会準備会● 
>6月26日(木)17時より 福岡県農民会館にて
>
>●  原発労働裁判・梅田隆亮さん第6回口頭弁論 ●
>日 時:7月17日(水)11:00 (301号大法廷)
>場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
>裁判終了後 弁護士会館3階ホールで報告集会
>支援カンパ: 郵便振替口座 01700-1-125911
>加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
>銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911
>
>● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
>  第6回口頭弁論期日 9月27日(金)14:00 佐賀地裁
>     午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
>     原告総数 6295名(5/29現在)
>ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html
>
>○--------------------------------○
>   ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
>         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
>♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
>場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
>地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
>  ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
><facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>
>
>************************
>〒812-0041
>福岡市博多区吉塚5-7-23
>       青柳 行信
>電話:080-6420-6211
>y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
>************************
>
>----
>青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内