[CML 024863] 2013南京・台湾フィールドワークご案内

飛田 雄一 hida at ksyc.jp
2013年 6月 12日 (水) 18:40:51 JST


神戸学生青年センター/神戸・南京をむすぶ会の飛田です。複数のメーリングリストに投稿します。重複して受け取られる方には申し訳ありません。

-----------------------------------------------------------------------------
2013南京・台湾フィールドワーク(神戸・南京をむすぶ会第17次訪中団)
チラシは、http://ksyc.jp/nankin/201308tirasi-omote.pdf
-----------------------------------------------------------------------------
日時:Aコース 8月13日〜20日(7泊8日)
   Bコース 8月13日〜17日(4泊5日)
-----------------------------------------------------------------------------
●スケジュール
<Aグループ>
8月13日(火) 関西空港MU534 12:20→南京空港13:40
                     南京フィールドワーク ‘邉泊
14日(水) 南京市内フィールドワーク◆ ‘邉泊
15日(木) 追悼式典 南京大屠殺記念館参観 南京フィールドワーク 南京泊
16日(金) 南京空港MU5001 14:30→台北桃円空港16:20 新幹線(1時間半)
                          高雄  高雄華園飯店泊
17日(土) バスで屏東へ移動。琉球藩民墳墓、阮朝日二二八記念館、橋頭糖廠等見学、
                 その後夕刻に陸路台中に移動 台中来来商旅泊
18日(日) バスで南投へ  霧社事件記念公園・莫那魯道碑見学 台中来来商旅泊
19日(月) バスで烏来へ 高砂義勇隊の碑、二二八和平公園・紀念館参観、馬場町
  記念碑(白色テロ犠牲者の記念碑)、六張犂(白色テロの犠牲者のお墓)見学。
  車窓より中山堂、国立台湾博物館見学  台北神旺大飯店泊
20日(火) 総統府見学、台北松山空港FM802 12:00→上海浦東空港13:40 
       同空港FM821 15:25→関空空港18:30 そして解散です
<Bグループ>
8月13日(火) 関西空港MU534 12:20→南京空港13:40
                     南京フィールドワーク ‘邉泊
14日(水) 南京市内フィールドワーク◆ ‘邉泊
15日(木) 追悼式典 南京大屠殺記念館参観 南京フィールドワーク 南京泊
16日(金) 南京空港より関空への直行便で帰国  そして解散です
 
●旅行代金(A)244,000万円(大学生224,000万円、高校生約204,000万円)
     (B)153,000万円(大学生 133,000万円、高校生約113,000万円
    いずれも含空港税・燃油費を含みます
    旅行保険4,000円の加入をお勧めします。
    一人部屋希望者は(A)50,000円、(B)30,000円追加です。
    ※東京発着もできるようにする予定です。
     追加料金等については、お問い合わせください。
●旅行手配  蠖生猷變旅行社 兵庫県知事登録旅行業第3-408号
      TEL 078-391-5185 FAX 332-4458
●締 切 日  2013年6月30日(土)
    申込み用紙http://ksyc.jp/nankin/201308tirasi-ura.pdf
    をFAXまたは郵便でお送り下さい。
    合わせてパスポートの関連事項記述部分のコピーもお送りください。
■大学生・高校生2名を特別枠(参加費5万円のみ)でご招待します。参加したい気持ちを書いた作文をお送りください。むすぶ会事務局で選考して2名を選びます。基本的に全日程コースです。締め切りは6月30日、ふるって応募ください。
■大学生の特別枠、大学生・高校生の参加費を軽減するために募金を募っています。ご協力をよろしくお願いします。送金先<00930-6-310874 神戸・南京をむすぶ会>
●主  催 神戸・南京をむすぶ会&兵庫在日外国人教育研究協議会
●申込み先 神戸・南京をむすぶ会 〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1 神戸学生青年センター内  ホームページ http://ksyc.jp/nankin/ e-mail hida@ksyc.jp
TEL 078-851-2760 FAX 821-5878

<呼びかけ文>
今夏第17回目の訪中をいたします。
 神戸・南京をむすぶ会は、毎年中国南京の虐殺事件の現場を訪ね、8月15日に犠牲者の追悼式典に参加しています。そして、幸存者(中国では日本軍の被害にあいながらも幸いにも生き残った人々をこう呼んでいます)から、貴重な証言をお聞きしています。
 また、南京のほかに年替わりでもう一か所、日本の侵略の跡地を訪ねます。1997年の淮南に始まり、以後、撫順、太原・大同・北京、ハルビン、蘇州・杭州、重慶、大連・旅順、済南・青島、無錫・石家荘・天津、武漢、瀋陽・長春、牡丹江・虎頭・虎林、延辺朝鮮族自治州、海南島、そして昨年は香港を訪ねました。現地に立ち、犠牲者の苦しみに思いを馳せることにより、不戦の決意を新たにしています。
 今年は、台湾を訪ねます。観光地として有名な台湾ですが、日台の歴史についてはあまり知られていません。近代日本初めての対外戦争である台湾出兵の結果、日本は、琉球が日本の領土であるということを中国に認めさせました。日清戦争に勝つと台湾を植民地化し、激しい抗日運動を引き起こします。その中で最も有名な戦いが霧社事件です。また、アジア太平洋戦争の敗戦で日本が撤退したのちに、国民党による白色テロの二二八事件が起こり、台湾の人々に大きな傷跡を残しました。今回の台湾訪問では、これらの出来事のあった場所を訪ね、学びます。
 戦後68年目となり、戦争の記憶が遠ざかり、戦争の足音が近付くようにも思える昨今、戦争とは何をもたらすのかということを今こそ学びたいと思います。多くの方々のご参加を呼びかけます。
------------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------
飛田雄一  HIDA Yuichi    神戸学生青年センター 
http://www.ksyc.jp  hida@ksyc.jp
Kobe Student Youth Center
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1
3-1-1Yamada-cho, Nada-ku, Kobe ,657-0064 JAPAN
TEL +81-78-851-2760 FAX +81-78-821-5878
hidablog  http://blog.goo.ne.jp/hidayuichi/




CML メーリングリストの案内