[CML 024846] 6/13 中野アソシエ講座、育鵬社教科書「東条内閣が開戦を決断した」!?

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2013年 6月 11日 (火) 22:10:44 JST


皆様 こんばんは。増田です。
以下、件名、中野アソシエ近現代史講座のお知らせです。BCCでお送りしていますので、重複・長文、ご容赦を!   台風がどうなるか、心配ですが、御都合のつく方は、どうぞ、おいでください! ●日時: 6月13日(木)19時〜21時   ●テーマ:「日本は、アメリカに追い詰められて戦争をしたのか?」         育鵬社教科書は「東条内閣が、開戦を決断した」と書いているが… ●内容: 真珠湾攻撃に至る経緯…どういう人たちが、どのような経過をたどって、あの、膨大な犠牲者をだした、無謀な対英米戦争に国民を引きずり込んでいったのか?…について、当時の史料を基に考えて行きます。  育鵬社歴史教科書は、東条内閣=東条英機と彼の閣僚たちが、対英米戦争の開戦を決断した、と明記していますが、外国との戦争開始について、当時は、内閣が決定する権限をもっていたのでしょうか?  他の教科書はどう書いているのでしょうか?帝国書院は「(アメリカとの)交渉が決裂し、日本はアメリカと戦う姿勢をかためました。1941年12月8日、日本軍は…」教育出版は「日米交渉がつづけられましたが、うまく行かず、日本はアメリカとの戦争にふみ切っていきました。1941年10         月、陸軍大臣の東条英機が首相になりました。そして、12月8日、日本陸軍は…」  「日本は…戦う姿勢をかためました。」??? 「日本は…戦争にふみ切っていきました」??? 「日本」って???  さて、これで、中学生たちは、「なぜ、どのようにして、どういう人たちが、対英米戦争を決定したのか」理解できるでしょうか? 文科省検定済の中学生の歴史教科書には、何が書いて無いのでしょうか?  ●場所  変革のアソシエ事務所http://www.bing.com/maps/Default.aspx?encType=1&v=2&ss=ypid.YN5928x564506&style=r&mkt=ja-jp&FORM=LLDP          東京都中野区中野2−23−1 ニューグリ−ンビル301号                  中野駅南改札口1分    電話  03−5342−1395  		 	   		  


CML メーリングリストの案内