[CML 024823] 「秘密保全法」の学習会6.20神奈川

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2013年 6月 11日 (火) 10:42:33 JST


前田 朗です。

6月11日

転送です。

-------------以 下転送歓迎--------------------------
皆 さまへ
                かながわ市民オンブズマン

「秘 密保全法」の学習会がおこなわれますので、おしらせします。

●「私 には関係ない・・・」のかどうかさえわからない法案!

安 倍晋三首相が「早期に国会提出したい」と明言した「秘密保全法」をご存じで
す か?
  秘密保全法とは、) 衛外 交8 共の安全と秩序の維持にかかわる情報のう
ち、 秘匿したい情報を「特定秘密」に指定することで、情報公開の対象から外す
だ けでなく、「特定秘密」を漏らした人や漏らすようそそのかした人を処罰する
こ と、「特定秘密」を扱う人・その周辺の人について「適性評価制度」で調査す
る こと(人的管理)を内容としています。
  この法案は具体的に何が「特定秘密」に当たるのか市民・マスコミからはわか
ら ないこと、どのような行為が処罰されるかが明確でないことなどから、知る権
利 を侵害すること、「適正評価制度」がプライバシー侵害するおそれがあること
な ど、人権に対する重大な侵害を含むものといえます。
  「そんな大それたこととは関係ないから」で済ませないで!!
  本人の知らないうちに、プライバシーを調査されたり、処罰の対象になったり
す る可能性があるからです。

●原 発や警察情報も隠せる? 政府に都合の悪い情報は「特定秘密」に 

  長年情報公開請求を行ってきたオンブズマンだからこそ言えることは、国が隠
そ うとしている「特定秘密」のほとんどは「国の存立にとって重要な情報」では
な く、単に「政権にとって都合が悪い情報」でしかないという事実です。こうし
た ことから、全国市民オンブズマン連絡会議をはじめ様々な市民団体、日弁連を
は じめ全弁護士会が反対の決議・声明をあげています。
http://www.jkcc.gr.jp/menu6.html

全 国市民オンブズマン連絡会議や情報公開市民センターでこの法案の危険性を訴
え ている 内 田隆さんを講師に、「秘密保全法」学習会を開きます。 初 めての方
も 歓迎いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

-------------------------------------------------------------------

か ながわ市民オンブズマン学習会のお知らせ
*******************************************

秘 密保全法は市民に

ど のような影響を与えるか

*******************************************

  安倍首相は今年4月16日、秘密保全法を早期に国会提出したい、と明言しま
し た。秘密保全法は、「国の存立にとって重要な情報」を「特定秘密」に指定し、
そ れを漏らした人を厳しく処罰したり、秘密を扱う人の「適性評価制度」を導入
す る法律です。
  そんな重要な情報に触れる機会なんてないから私には関係ない−と思ってしま
い がちですが、実は!―知らない間にプライバシーを調査されたり、処罰された
り する可能性すらあるのです。
  秘密保全法ができてしまうと、私たちの市民活動や、生活がどのような影響を
受 けるのか、「秘密保全法に反対する愛知の会」でも活動しておられる内田隆さ
ん にお話しいただきます。


日  時  2013年6月20日(木)午後6時〜

場  所  開港記念会館1階1号室

JR 京浜東北線・根岸線・市営地下鉄線「関内駅」から徒歩10分
み なとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分

講  師  内田 隆 氏
    (全国市民オンブズマン連絡会議 事 務局・        
NPO法人 情報公開市民センター 事務局)

主 催 かながわ市民オンブズマン
  〒231-0007横浜市中区弁天通2−21 アトム関内ビル3階
               大川法律事務所内   
 Eメールkana-ombuds at nifty.com   FAX045-664-7822
(常 駐者がいないため電話での連絡は扱っておりません)



CML メーリングリストの案内