[CML 024695] 【報告】第776日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 6月 4日 (火) 06:36:37 JST


青柳行信です。 6月4日。

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第776日目報告☆
   呼びかけ人賛同者6月3日2849名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】6月3日2名。
     村本邦沖 橋本江美子  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★さよなら原発!福岡
  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
今日は 東京での集会と デモの写真を掲載します。
みんなそれぞれが企画して 個性的なパフォーマンスをしています。
あんくるトム工房
6.2デモin東京 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2460
国会前の抗議   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2461
各地からの報告  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2462

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆原発を浪江なまりで告発せる第一歌集「ふるさとは赤」(左門 6・4−312)
※三原由紀子さん。「原発事故は国と産業という仕組みにまで遡る問題」とい
う階層社会の問題まで掘り下げて詠む。
その分析に基づいた批判を短詩形文学に託した。 

★ ハンナ&マイケル さんから:
東京ではとても充実した3日間でした。1000名の参加があった5.31の福島原発告訴団緊急集会では、武藤さんに声をかけると、「青柳さんによろしく」とのことでした。その夜の
金曜行動は、6.2の大集会にエネルギーを蓄えるため、かなりの組織が自粛しており、ごく小規模でしたが、うのさえこさんや木田節子さん、木村ゆういちさんなどの参加でトー
クは盛り上がりました。どなたか女性が、「私もこの前、九電前テント訪ねて青柳さんと歓談しましたよ」といってました。経産省前テント広場では「最近も福岡から女性が見えて
ましたね」(どうやら田宮さんのことらしい)と言う方がいたし、7500人の芝公園では釜が崎支援の方が「テントでギター弾いて歌っていた人、お元気ですか?」というので、多分
ギャーさんのことだと思って、「元気で今でも歌ってます」と答えときました。こんな具合に、九電前テントは有名です。

「関西大弾圧救援会・東京の会」の方で九電株主という方からは、今年は九電株主総会に向けての要請行動が何もいってこないのはどうして?、何もしないの?、どこに連絡すれば
いい?と、きかれたけど、即答できなくて・・・ ひろばのチラシなど、こちらの宣伝になるものを持参してなかったのは失敗でした。

今回の私の上京のメインは「脱原発をめざす女たちの会」の集会参加でした。高橋哲哉さんの講演に続き「被曝から子どもを守ろう!」という小児科医の山田真さんと避難ママたち
三名のパネル・ディスカッションは、圧巻でした。残してきた福島の友人たちへの思いが募って、壇上で絶句し、顔を覆ってしまうパネラー、長引く母子避難生活に疲れ果て、離婚
をちらつかせる夫との葛藤に苦しむ若い母親などの姿に、会場は、「フクシマ」は終わっていないどころか、ますます被害が深まりつつある現実に慄然としました。

崎山比早子さんが飛び入りで国連の報告の意義を解説してくれたり、福島瑞穂議員が国会の動きを語るなど、盛りだくさんの内容。大間原発建設反対の「あさこはうす」の海産物販
売など、各ブースも賑わっていました。私は事前に出店を申し込んではいなかったのですが、「キャンドル・ウォーク・カード」やテントのバッジなども販売させてもらい、一人だ
とわかると手伝ってくれる人も現れ、出発ぎりぎりまで手作りしたゼロノミクマ・ワッペンも好評で、5,000円ほど売り上げました。この収益は、またママ原グッズなどの仕入れに使
用します。

国会大包囲は主催者発表6万人(警察発表2.5万人)でしたが、5時ごろは正門前はもう身動きできないくらいでした。東京の人も久々にかっての熱気が戻ってきたと、興奮ぎみでし
た。
どなたか6.2明治公園の集会に参加した方がいたら、様子をおきかせください。

★ 仲村渠政彦(Nakandakari Masahiko)さんから:
宮原宣子さまへ cc.青柳様
下記掲載ありがとうございました。
【報告】第774目報告★ 宮原宣子 さんから: 
青柳さまそして皆さまへ
< 一連の橋下発言について>

下記記事を紹介させて下さい。
『地元紙で識るオキナワ』
『連載「橋下発言に潜むもの」(1)林博史「許されぬ居直りの放置」』
http://michisan.ti-da.net/e4854816.html

『桃原一彦「許されぬ矮小化と沈黙」』
http://michisan.ti-da.net/e4857875.html

★ 崔 勝久 さんから:
反戦・反原発6.7アクション 仏オランド大統領来日・日仏首脳会談抗議!
http://www.oklos-che.com/2013/06/blog-post_2.html …
「原発モンスター」裁判について初めて公の場で話をします。
 6月7日(金)
◆院内集会:18時半〜 衆議院第2会館第2会議室
「日本の原発政策と植民地主義」崔勝久さん(No Nukes Asia Actions)

★ 舩津康幸 さんから: 
おはようございます。
今朝の西日本新聞には、再稼動を容認する記者の記事がありますが、それは後段で紹介します、
はじめに、これまでの東電のすべての発表の信頼を揺るがすような記事から紹介します。
1.「放出目指す水からセシウム 東電、測定方法に誤り」東京新聞年6月3日 22時19分
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013060301002354.html
記事「東京電力は3日、福島第1原発で増え続ける汚染水を減らすため、敷地内の井戸でくみ上げ海への放出を目指している地下水について、これまで放射性セシウムが検出限界未
満だったとする検査は測定方法に誤りがあり、再測定の結果、1リットル当たり0・61ベクレル検出されたと発表した。・・・・今回のミスで東電の測定結果への信頼が揺らぐの
は必至で、放出への地元理解を得るのは困難になる可能性が出てきた。」
・・・今後、発表されるデータは東電ではなく第三者の検査結果でないと信用されないでしょう。

もんじゅの原子力開発機構の続報
2.「組織作り直す覚悟」=松浦新理事長が就任−不祥事続きの原子力機構」時事通信06/0313:05 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013060300330
記事「・・・松浦祥次郎・元原子力安全委員会委員長(77)が3日就任した。・・・」
・・・77歳!!!
2’.「もんじゅ開発継続」 原子力機構 新理事長が就任」東京新聞6月3日 夕刊
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013060302000217.html
記事「・・・原子力規制委員会から使用停止を命じられたもんじゅについて松浦氏は『政治的に必要がないと決定が下されるまでは、開発を続ける』とした。運転再開の時期につい
ては『もんじゅの状態を自分の目で見て、どのように進めていくか決めたい』と述べた。
2”.「もんじゅ、一時システム故障=圧力、温度など送信できず−原子力機構」時事通信06/0309:53 
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013060300082
記事「・・原子力機構や原子力規制庁によると、システム故障が発生したのは3日午前0時すぎ。格納容器内の温度や圧力などのデータを送信するサーバーの電源が切れたため、約
4時間にわたり原子力安全基盤機構が運用する国のシステムに情報が表示されない状態となった。原子力機構はこの間も原子炉の状況を把握し、異常はなかったとしているが、原因
は分かっていないという。・・・・」
・・・・次々と問題が報告される、でもこれ氷山の一角で、組織の体質から他の重大な決定的なことが発表されていない可能性もある。

次に被災地フクシマ、福島県以外でもの記事から、
3.「公共牧場、2年ぶり放牧 奥州、除染後(岩手)県内で初」岩手日報  06/03 08:14 
⇒http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20130603_3
記事「東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質の影響で2012年度に県が利用自粛要請した県内24公共牧場のうち、奥州市江刺区の阿原山(あばらやま)牧場で3日、2年
ぶりに放牧が再開される。岩手日報社の調べでは、除染を終えた公共牧場での本格的な放牧再開は同牧場が初めて。一方、急傾斜地などが多く除染が進まない公共牧場もあり、関係
者は頭を痛める。利用自粛が続く地域の生産者は、自前の畜舎での飼育や遠隔地での放牧を本年度も強いられる。県内公共牧場は昨年度、114牧場のうち24牧場が県の利用自粛
要請の対象となり、採草専用を除く7市町19牧場で3055頭が放牧できなくなった。」
一方、福島県では
4.「久慈川でアユ解禁 釣り客昨年の2倍」福島民報(06/03 08:48
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201306038803
記事「・・・・東白川郡を流れる久慈川で2日、東北地方のトップを切ってアユ釣りが解禁された。・・・アユは5月に実施したモニタリング検査で安全性が確認されている。佐川
組合長は『今年は稚アユを昨年より500キロ多い1850キロ(約18万匹)放流した。』・・・・解禁エリアは茨城県境から矢祭町、塙町を抜けて棚倉町の双ノ平橋まで。」
 5.「原発事故の苦悩語る 水戸、元東電社員・吉川さん講演」茨城新聞6月4日
⇒http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13702629726340 
記事「・・・核廃絶や脱原発、護憲を掲げて結成された「水戸平和フォーラム」(玉造順一代表)は1日、元東京電力社員の吉川彰浩さん(32)を講師に招いた講演会『これからの福島原
発を考える』を、水戸市千波町の県民文化センターで開いた。・・・講師の吉川さんは福島第1、第2原発に勤務した経験を持ち、東日本大震災の際は第2原発で働いていた。・・・・
震災時に第2原発は、どうにか冷却水注水が間に合い、ぎりぎりで炉心溶融(メルトダウン)を免れたものの、相当に厳しい状況だったと紹介。『家族の安否(確認)もできない大変過酷
な状態で、放射能汚染の中で頑張った』と述べた。・・・・不安定な冷却施設やたまり続ける汚染水を抱える第1原発に関しては、原発に詳しい社員が次々に辞めていく中で、今後
起きてもおかしくない『次のトラブル』に対応できるのか、疑問を投げ掛けた。」
・・・・他に働いていた社員への世間の厳しい対応があることも紹介した、と。

電力会社の記事、
6.「再稼働ありきに『反対』=北海道電値上げで−消費者意見 」時事通信06/0319:08 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013060300747
記事「・・・出席した消費者からは『原発再稼働を前提とした値上げは容認できない。新エネルギーの展望を示してほしい』などと脱原発を求める声が相次いだ。・・・・意見表明
は生活協同組合の関係者ら16人が行った。『泊原発の再稼働を前提とした値上げを押し付けられるのは理解できない』などとほぼ全員が脱原発と再生可能エネルギーの活用を訴え
た。『値上げは原発に依存した経営陣の責任』『コスト削減の努力が足りない』といった北海道電の経営姿勢への批判も目立った。・・・」

政府は、
7.「廃炉損失、利用者負担へ=原発会計を見直し−経産省」時事通信06/0317:32  
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013060300635
記事「・・・電力会社の経営破綻を回避して廃炉を着実に実行させるため、積み立て不足の廃炉費用などの損失については、電力料金として利用者から引き続き回収できるようにす
る方法が有力視されている。・・・」
・・・こうした記事が継続して流されることで廃炉費用は利用者負担を当然のことにしてしまう。こうした費用が計上されてこなかった原発の発電がとんでもなく高かったというこ
とを記事に加えるべきです。

さて、きょうの西日本新聞朝刊では、2面に、
8.「長崎市長が非核署名提出 日印原子力協定『再開中止を』」
・・・安倍首相と外務大臣宛に。
ネットでは、
8’.「長崎市長、北東アジア非核化を 外務省に要請 」6月3日 16:40
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/367416
3面に、またこのような記事が、
9.「福島原発事故 魚食 被ばく低水準 米チーム日本人への影響調査」
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/367536
・・・・次々とアメリカが、何にか意図がありそう。
すぐ横に、
10.イランの核実験施設検証困難に IAEA、福島は支援」
・・・・天野事務局長の会見を伝える記事。
11面経済欄にとんでもない記事が、
11.「原発再稼動審査 第一陣入りへ 九電やきもき 他電力と三つの枠争う 規制委の対応限界 外れれば大幅遅れも」06月04日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/18372/1/
・・・この記者、再稼動を望んでますね。
12.「川内原発で調査 世界(原子力発電)事業者協会」
⇒http://qbiz.jp/article/18362/1/
記事「九州電力は3日、各国の原発事業者でつくる民間組織「世界原子力発電事業者協会」(WANO)が調査や改善提言などを行う「ピアレビュー」を川内原発1、2号機(鹿児
島県薩摩川内市)で実施すると発表した。10日まで、長期運転停止に伴う設備保全活動や運転管理態勢、再稼働に向けた設備改造や手順書の改訂などについて、評価を受け
る。・・・」
・・・九電も次々と川内再稼動のための作業を積み重ねています。
26面社会欄に、1.の記事、そのすぐ横に他紙既報の記事、
13.「原発自殺賠償 初の和解 福島の男性 東電、因果関係認める」
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/367459
紙面は以上です。

昨日の訂正12.の記事
仝蹇嵋[Г成立しえも」→正「法律が成立しても
誤「請求権の時効が競うな被害者」→正「請求権の時効がきそうな被害者」

★ 国際環境NGOグリーンピース さんから:
こんにちは!
いよいよ梅雨入りですね。
皆さまにはいつもグリーンピースの活動を応援してくださり、ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福島放射線調査最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月29日、安倍首相とインドのシン首相が会談し、日本からの原子力関連技術の
輸出を可能にする「原子力協定」の早期締結に向けて交渉を加速するなどと
した共同声明に署名しました。

事務局長ブログ:「じつは原子炉メーカーが嫌がるインドへの原発輸出」
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M271510&c=49050&d=6f1e

東京電力福島第一原発事故の原因も厳密に解明されないまま、事故そのものも
未だに収束の兆しもなく、その教訓も生かされない中での原発推進政策。
これに先立ち、グリーンピースは27日、東京電力に事故の原因究明に関する
情報開示を求める公開書簡を送りました。

プレスリリース:
「福島第一原子力発電所事故の原因究明に関する情報開示を求める公開書簡」
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M271511&c=49050&d=6f1e

また、放射能汚染水が海洋に放出されて2年、現在の海の状況を知るため、
地域の漁業や流通に携わる方々と共に福島県を中心とした漁港で調査を
実施しました。
今回調査した24サンプル中、福島県で採取された8サンプルより
放射性セシウムが検出されました。

調査結果詳細:http://www.greenpeace.org/japan/monitoring/19th/?gv20130601

●グリーンピースのウェブサイトでは、汚染水の海洋放出に反対する
オンライン署名を実施しています。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M271512&c=49050&d=6f1e

●このまま海を放射能で汚染し続け、魚を乱暴に獲り尽くしてしまえば、
子どもたちの世代に豊かな海も食卓に上る魚も残っていないかもしれません。
海と私たちの食卓をつなぐスーパーマーケットへ届けてください。
http://www.greenpeace.org/japan/susea2/?gv20130601

●原子炉のメーカー責任を問えるようにするよう訴えるオンライン署名も実施中。
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M271513&c=49050&d=6f1e

お知らせ
***********
■---原子力損害賠償法 勉強会---
講師: 福田健治弁護士
日時: 6月7日(金) 14:00〜16:00 (13:45〜通行証配布)
場所: 衆議院第1議員会館 第2会議室
詳細:http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M271515&c=49050&d=6f1e

★ 前田 朗 さんから:
福岡地区母親大会で「慰安婦」問題講演、橋下発言批判。慰安婦&ジェンダー平
等ゼミナールのブログにアップ。
http://ianhu.cocolog-nifty.com/

★ 吾郷成子 さんから:
6月2日に、福岡市・西南学院大学であった「ぬちがふう(命果報)」
ー玉砕場からの証言ーという朴壽南(パク・スナム)監督 
のドキュメンタリー映画を見てきました。
下記のものをネットで見つけたのでみてください。
http://motoei.blog.fc2.com/blog-entry-254.html

映画の後の彼女の話は、圧巻で、是非知っていただきたく、要約したものをメールします。
朴スナムさんは、1935年生まれで78歳の在日韓国人です。
横浜に住んでいて、フェリス女学院に進学したかったそうですが、父親に次のような話をされたそうです。

お父さんとお兄さんは強制的に筑豊へ連れて来られその後,東京で働いていた時に関東大震災が起こり多くの朝鮮人が殺され、近くの太田川が血に染まった時に、働いていたところ
の社長がお父さんをかくまって守ってくれた結果、朴スナムさんが生まれたのでそのような日本人に恩返しをしなければいけないから立派な朝鮮人となってオモニになれといわれ、
朝鮮人学校へ行かされたそうです。大人になってから、彼女は、父親の歴史を知るために筑豊へも調査に行っています。

金日成から将来のリーダーになるように、北朝鮮へ来るように言われたが断った。なぜなら、そのとき朴さんは以下のようなことをしていた。小松川女高生殺人事件(1958年在
日朝鮮人である李珍宇が2人の女子高生を強姦殺害し,自ら警察や読売新聞に殺人について電話をし、逮捕され、死刑を宣告され1年で死刑執行となった。父親は「日雇人夫」、母
親は「半聾?者」で、兄、弟、妹のいる貧しい家庭で育った。)(注:大島渚の「絞死刑」は、この事件をモデルにしている。朴スナム著『李珍宇全書簡集』『罪と死と愛と』があ
る。)を知り、李珍宇の生い立ちを知り、自分を重ね合わせ、彼と書簡をやりとりするようになっていた。彼の家も訪ね,極貧の環境の中で日本人名で生き,学校では優等生だ
ったのに、就職差別を受けた結果の事件であることを知る。朴さんのお兄さんも優等生だったのに、就職差別の結果、自殺している。

朴スナムさんは、差別と貧困の中で、自身を失って行った結果の事件であると判断した。
日本人名で生きてきたのに、逮捕されたときは朝鮮人名で報道された彼は、朝鮮人名で死ぬことを誇りにすると言って死んで行った。
彼との手紙のやり取りは、朴スナムさんのアイデンテイテイを確認する作業でもあり、周りから極悪非道な殺人犯と関わりを止めるように忠告されたが止めず、減刑運動を始める。

戦後、在日朝鮮人は、子弟の教育のため、学校を作って通わせたが、その学校も日本の文部省によって壊されていった。ある日棍棒をもった日本人が学校にやってきて、逃げる朝鮮
人たちを後ろから殴ってきた時に、朴さんは、逃げれば後ろからなぐられると思い、正面を向き、生徒たちと腕を組んで,抗議を始めた。彼らは朝鮮人学校をつぶしにきた日本人で
あった。その時の体験が自分の原点であると語った。

小松川事件の被告の少年の減刑運動をするにあたり、被害者の家へ謝りに行ったところ、2件の被害者の両親とも、大震災で多くの朝鮮人を殺したにもかかわらず、日本人は謝りも
していないのに、自分の娘一人の死のために多くの朝鮮人が手紙などで謝ってくることに驚き、日本人として恥であると語ったことを話されました。減刑運動に賛同した被害者家族
に嫌がらせの電話などがあったそうです。

現在の日本では、被害者は、減刑運動に賛同するどころか、死刑にしてもしたりないという状況である。

朴スナムさんがいい日本人に出会ってくれたことが、彼女が闘いを続けて行けることになっているかもしれないし,彼女が、沖縄を掘り起こすことで、朝鮮人軍属として徴用された
こと、小さな島にまで、若い朝鮮人女性が連れて来られ、慰み者にされたことなどが、明るみに出ています。

ただ、このようなドキュメンタリーを見る人は、年寄りが多く、若者が少ないことが、心配です。

私たち日本人は、負の歴史を教えられないまま、歪んだ歴史で洗脳しようとする政治状況の中にいます。歴史をもっと直視しなければいけないのにと思います。関東大震災の時に多
くの朝鮮人が殺されたことは知っていましたが、太田川が、何日も血で染まっていたと聞くのでは、実感が違います。朴スナム監督は次の映画を準備中だそうです。
小松川女高生殺人事件http://www.maroon.dti.ne.jp/knight999/komatugawa.htm

★ 吾郷健二 さんから:
第14回(臨時)福岡オルターナティブ研究会のご案内
「新自由主義の思想的背景と意味を考える」
テーマ:経済ジェノサイドとラテンアメリカ(仮)
日時:2013年6月8日(土)、午後2〜5時
場所:西南コミュニティセンター(2階会議室)(西南学院大学キャンパスの最東南側)
   〒814−8511 福岡市早良区西新6丁目2−92
   電話092-823-3952 (地下鉄西新駅3番出口から海側に徒歩5分)

講師:中山智香子さん(東京外国語大学教授、経済思想史)
   1964年生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士課程修了。ウィーン大学大学院
   経済学研究科博士課程修了(社会・経済学博士)。専門は現代経済思想、社会思想史。
   現職は、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授(グローバルスタディーズ)。
   著書に、『経済ジェノサイド−−−フリードマンと世界経済の半世紀−−』平凡社新書,
   『経済戦争の理論―――大戦間期ウィーンとゲーム理論』(勁草書房)、
      『アルジャジ−ラと   メディアの壁』(共著、岩波書店)、
       訳書にG。アリギ『北京のアダム・スミスーーー
   21世紀の諸系譜』(共訳、作品社)などがある。
コメンテーター:今福龍太さん(東京外国語大学教授、人類学)
講演要旨:
 「経済ジェノサイド」とは1970年代なかばに、A.G. フランクがM.フリード
マンの経済学を批判的に評した概念である。世界で初めて選挙で選ばれたアジェ
ンデ社会主義政権に対して、1973年9月11日ピノチェトはクーデターを起こし、
この国を作り変えた。経済政策はフリードマンの経済学をそのまま適用したも
ので、市場形成の名のもとに人びとの暮らしの糧を奪い生活を破壊した。「ジェ
ノサイド」(大量虐殺)は、拉致や暗殺だけではなかったのである。ところが
フリードマン主義の潮流はやがて新自由主義として、世界各地に広がっていく。
 
 フランクの経済思想は、彼が先進国の開発理論を否定してラテンアメリカに
飛び込み、世界への眼差しを根本的に反転させたことから生まれている。本報
告ではこれをアントロポスの経済思想と位置づけ、当時の時代状況を視野に入
れて、またカール・ポラニー、イヴァン・イリイチらの思想と交差させながら
考察する予定である。
参考文献:中山智香子 『経済ジェノサイド−−−フリードマンと世界経済の
半世紀−−−』 平凡社新書,2013年。
参加費:無料(会の趣旨に共感される方はどなたでも参加できます)。
終了後、近くの居酒屋で講師とコメンテーターを囲む懇親会を予定しています。
主催:福岡オルターナティブ研究会、FNA(ADB福岡NGOフォーラム)、くるんて〜ぷの会
 資料準備の都合上、参加を希望される方は事前にご連絡頂ければ助かります。
 連絡先:kenjialter at gmail.comまたはFax:092-885-1132

★ 吉田典子 さんから:
西日本新聞のこだまに、6月3日に送信した投稿文です。
6月1日(土)社説『「内向きの歴史観」抜け出そう』を読みました。
『自らの歴史の過ち』について詳しく語るのは、成功より失敗から学ぶ事が多いからで、それは建設的な姿勢なのだ、という意見は、大変素晴らしいと思いました。但し、それは
「自らの歴史の過ち」の『内容が正しければ』です。
敗戦国民の日本人が歴史をより深く知るためには、まず『勝てば官軍』という言葉の意味を、よく考える必要があります。そして、戦勝国が書きつづって来た歴史が、日本の先人の
姿を正しく捉えているか、常に検証し得るだけの根気と知性を、養う事です。歴史の内容が、戦勝国に都合よく書き変えられていれば、それに抗議するだけの勇気を、持たなければ
なりません。そして、先人が残した書物から、彼らが何を目指したか知り、それを実現しなければ、なりません。
EUに相当するAUを作らなくてはなりません。よりよく世界平和を確保する手段として。

社説の本文にある
『日本人が歴史をより深く知るためには、自分たちが書きつづってきた歴史に、他者が見た歴史を絶えず投影し、その自画像を修正していく必要があるのです』
への反論なのです。
鹿島研究所発行 鹿島守之助翻訳 R・N・クーデンホーフ・カレルギー著 『パン・ヨーロッパ』
を読んでみて下さい。
1923年、開戦の18年前に邦訳初版が出て、61年、故鳩山一郎総理の依頼で再版されてます。
翻訳者の法学博士鹿島氏は、ウィーンのドイツ大使館に官僚として勤務した時代、著者カレルギー氏と親交があった人物です。
遠い昔、オーストリア−ハンガリー駐日代理公使カレルギー伯爵と日本の油屋の娘・青山光子との結婚で生まれた次男が、戦争のない世界を夢みて書いた本は、EU(ヨーロッパ連
合)の元となっています。

 ○−−−−−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−−−−−○ 

    ●  原発の再稼働阻止!全九州統一行動 ●
        http://ameblo.jp/yaaogi/
 川内原発・玄海原発再稼働阻止!全九州統一行動に結集しよう。

● 6月5日(水)集合12:00。 13:00九州電力本店交渉。
    公開質問状回答の場に合わせて、各県団体 それぞれ
        川内原発、玄海原発の即時廃炉を求める要請文提出行動。
    <行動後11月行動の取りくみの実行委員会準備会>農民会館17:00

● 6月26日(木)九電株主総会行動。
    ホテル・ニューオータニ福岡前に午前8時集合
    午前10時総会開始。その後、デモ・パレードを予定。

● (7〜9月)玄海原発から30キロ圏内として福岡県知事への申し入れ

● (11月)さよなら原発!大集会 

「さよなら原発!(11月)福岡集会」実行委員会準備会会議
日 時:6月5日(水)17:00
場 所:福岡市農民会館 中央区今泉 
       地図:http://tinyurl.com/3ev6hm5

●  原発労働裁判・梅田隆亮さん第6回口頭弁論 ●
日 時:7月17日(水)11:00 (301号大法廷)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
裁判終了後 弁護士会館3階ホールで報告集会
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
   第5回口頭弁論期日 5/31(金)14:00 佐賀地裁
       午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
      原告総数 6295名(5/29現在)
   ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内