[CML 025657] 本日7/31(水)【緊急報告会&政府交渉】原発被災者の権利を守ろう!@参議院議員会館

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 7月 31日 (水) 05:31:26 JST


紅林進です。

本日7/31(水)、参議院議員会館において開催されます下記の緊急報告会
&政府交渉のご案内を転載させていただきます。

なおその政府交渉では、政府からは、原子力災害対策本部生活支援チーム、
文部科学省原子力損害賠償対策室からの出席が確定しているとのことです。

(以下、拡散歓迎)
----------------------------------------------------
【緊急報告会&政府交渉】原発被災者の権利を守ろう!
「強制」される帰還?…避難指示解除と賠償打ち切り
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-6ab6.html
----------------------------------------------------

政府は、避難区域を再編し住民を早期に帰還させる政策をとっています。
しかし一方で、住民が好まぬ帰還が促進されている場合もあります。
たとえば、伊達市の小国地区では、一方的に特定避難勧奨地点が解除され、
その3か月後には賠償が打ち切られました。住民たちはあたかも「兵糧攻め」
のように帰還を強いられています。南相馬市でも特定避難勧奨地点の解除の
動きがあります。
また、被ばく管理のあり方についても問題があります。避難指示解除準備区域
の田村市都路地区は、説明会で住民から「目標値まで国が除染すると言ってい
た」として再除染の要望が相次ぎましたが、政府側は現時点で再除染に応じず、
新型の個人線量計を配布しています。被ばくを前提とした自己責任による被ばく
管理であるのであればそれ自体問題ですし、これをもって避難指示解除を進め
ようというのであれば、さらに問題です。

原発事故子ども・被災者支援法は実施されておらず、災害救助法に基づく避難
支援も先がみえない状況です。帰還を急がせる国の政策は、原発被災者がとど
まるか、避難するか、帰還するかの「自己決定」権を侵害している面もあります。
このたび、下記の緊急報告会および政府交渉を行います。ぜひご参加ください。

日時 7月31日(水) 緊急報告会:14:00~ 政府交渉16:00~
場所 参議院議員会館101 (東京メトロ永田町駅、国会議事堂前駅下車)
    国会周辺図http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

プログラム  
<第一部>緊急報告会…14:00~15:40
 避難解除をめぐる情勢        …満田夏花/FoE Japan
 南相馬の状況            …大山弘一/南相馬市議会議員
                …吉田邦博/安心安全プロジェクト
 伊達市小国地区などの状況    …青木一政/福島老朽原発を考える会
 田村市都路地区からの避難者として…浅田正文・浅田眞理子
 飯館村の状況            …菅野哲/飯館村村民
 避難解除と賠償問題        …福田健治/弁護士

<第二部>政府交渉…16:00~18:00
政府側出席者:
原子力災害対策本部生活支援チーム(確定)
文部科学省原子力損害賠償対策室(確定)
復興庁(予定)

1.避難解除の基準/住民との協議/グローバー勧告への対応
2.避難者への賠償の打ち切り/帰還の際の新規賠償について
3.個人線量計の配布について

資料代    500円 (カンパ歓迎!)

申込み    資料準備の都合上、なるべくお申込みください。
 https://pro.form-mailer.jp/fms/6483043945737

主 催 FoE Japan、福島老朽原発を考える会

問合せ FoE Japan Tel: 03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219
    携帯:090-6142-1807(満田)


CML メーリングリストの案内