[CML 025624] 京都での世界ヒバクシャ展

伊藤孝司写真事務所 itoh-takashi at nifty.com
2013年 7月 28日 (日) 17:15:30 JST


伊藤孝司です。いくつかのメーリングリストと友人・知人に送ります。

 私が韓国・朝鮮人被爆者の写真を提供している「世界ヒバクシャ展」の、写真展とイベントのお知らせです。

---------------------------

京都で開催される「世界遺産x人類の“記憶遺産”」と題した世界ヒバクシャ展のご案内です。
未来に誇るべき世界遺産とのコラボで、ヒバクシャについて知ってもらおうという企画です。

http://www.no-more-hibakusha.net/event/
日時 2013年8月6日(火)~9月8日(日)
午前10時~午後5時(ただし入館は午後4時30分まで。初日は午後1時開場)
場所 相国寺承天閣美術館
   京都市上京区今出川通烏丸東入

主催 世界ヒバクシャ展@京都実行委員会
   実行委員長 有馬頼底京都仏教会理事長
構成団体 相国寺承天閣美術館
     金閣寺
     銀閣寺
     京都仏教会
     NPO法人世界ヒバクシャ展
後援 京都府 京都市 京都市教育委員会

入場 無料(承天閣展示品の鑑賞は有料=800円)
※来場呼びかけと期間中の運営のボランティアを募集中です。

--------------------------- 

■□ 戦後68周年 韓国人被爆2世は今……
□■ 「韓国のヒロシマ」と京都を結ぶ
■□ ~戦後・被爆70周年に向けて、核のない世界を目指す交流会~

米軍によって投下された原爆では、広島で5万人、長崎で2万人の韓
国・朝鮮人が被爆しました。広島で被爆し帰郷した人たちが多く住み、
「韓国のヒロシマ」と呼ばれる韓国・ハプチョンの「平和の家」と結んで、
被爆から68年目の被爆二世、三世の今を伝えてもらいます。

8月6日から相国寺承天閣美術館で始まる世界ヒバクシャ展@京都に
写真を出展している写真家の伊藤孝司さんの話も交えて、2015年の
戦後・被爆70周年に向けて、京都の人たちができることは何なのかを
みんなで考えます。

◆日時 8月6日(火)午後7時~9時15分
◆場所 ベジタリアンレストラン「TOSCA」
       京都市左京区北白川追分町 67-7
        Tel 075-721-7779
         今出川通り沿い京大農学部の東隣り
         市バス「京大農学部前」下車すぐ
◆参加費 2500円
     (オーガニック・ベジ料理の立食パーティー、ワンドリンク付き)
     ※できるだけ事前にお申し込みください。

◆プログラム
◇「韓国のヒロシマ」の今
    ・韓国の被爆者とその子孫についての報道(ビデオ)
    ・「韓国・朝鮮人被爆者の今」 写真家・伊藤孝司さん
    ・ハプチョン平和の家からのメッセージ(ネット中継)
       韓国・原爆2世患友会・ハン・ジョンスン会長ら
◇交流会
 世界ヒバクシャ展@京都の開幕に当たって、2015年の戦後・被爆70周年に
向けて何ができるかなどを自由に語り合います。

◆主催 NPO法人世界ヒバクシャ展
◆参加申し込み 世界ヒバクシャ展事務局
 担当・安在 hibakushaten@gmail.com 080-3558-3369

●世界ヒバクシャ展@京都などの詳細は、こちら。
http://www.no-more-hibakusha.net/event/


CML メーリングリストの案内