[CML 025558] 火野葦平三部作復刊

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2013年 7月 24日 (水) 15:12:36 JST


 坂井貴司です。
 
 現在の福岡県北九州市若松区で生まれた作家、火野葦平の「兵隊三部作」が社
会批評社から復刊されました。
 
 「土と兵隊 麦と兵隊」
 http://www.alpha-net.ne.jp/users2/shakai/top/02-2.htm
 
 「花と兵隊―杭州警備駐留記」
 http://www.alpha-net.ne.jp/users2/shakai/top/03-9.htm
 
 日中戦争時、日本陸軍の下士官として中国で戦った火野葦平は上記のルポを発
表して、一躍人気作家になりました。戦場の様子をリアルに描いたことが支持さ
れました。
 
 太平洋戦争敗戦後、火野は戦犯作家という烙印を押され、糾弾されました。ま
た火野自身、戦友の屍を踏みつけにして富と名声を得たのではないかと自分を責
めました。1960年に彼は自殺しました。
 
 戦争を考える上で読むべき本だと思います。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内