[CML 025552] 明日7/25(木)第9回CS東京懇話会「私たちの暮らしを米国系多国籍企業に売り渡すTPP」@飯田橋

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2013年 7月 24日 (水) 08:24:43 JST


紅林進です。
 

私も関わっています「政治の変革をめざす市民連帯」(略称:市民連帯、CS) 
では、東京、神奈川、千葉、埼玉・群馬の各地で、「CS懇話会」という懇話 
会・講演会を開催していますが、東京では、明日7月25日(木)に「第9回 
CS東京懇話会」としてTPP問題に関する講演会を開催します。 講演の 
タイトルは「私たちの暮らしを米国系多国籍企業に売り渡すTPP」です。 
  
昨日7月23日、安倍政権は、多くの国民の反対と懸念の中、それを無視 
する形で、マレーシアのコタキナバルで開かれているTPP第18回全体交渉 
会合に、日本政府として参加を強行しましたが、 これは、昨年12月の総選 
挙での自民党の公約をも反故にする背信行為です。 
  
今回のCS東京懇話会では、日本政府のTPP交渉会合への参加という緊迫 
した状況の中、現在、このマレーシアでのTPP交渉会合にあわせて、国際 
NGOの一員として現地入りし、情報収集と、現地や他国のNGOの人々とも 
連携しながら、現地でTPP反対の活動を行っている、PARC事務局長の 
内田聖子さんを講師に迎えて、このマレーシアでのTPP交渉会合の様子も 
含めて、 TPPの問題点、その恐ろしい実態を語っていただきます。 
彼女はこの講演会に合わせて、この講演会の直前に帰国しますので、 
一番ホットな話が伺えるのではないかと思います。   
  
                            紅林進
                            http://jp.mc1009.mail.yahoo.co.jp/mc/compose?to=qurbys@yahoo.co.jp 
  

(以下、転送・転載歓迎) 
  
<第9回CS東京懇話会のご案内> 
  
市民連帯・東京 第9回CS東京懇話会
「私たちの暮らしを米国系多国籍企業に売り渡すTPP」
 
講師:内田聖子さん(アジア太平洋資料センター・PARC事務局長、
    STOP TPP !! 官邸前アクション実行委員会呼びかけ人)
日時:7月25日(木) 午後6時30分~8時50分(開場は6時10分)
会場:東京ボランティア・市民活動センター/会議室B (定員40名)
    (飯田橋・セントラルプラザ庁舎棟10階) 
     JR/地下鉄「飯田橋駅」下車すぐ
     地図 http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif
参加費:500円
主催:政治の変革をめざす市民連帯・東京 
    http://www.siminrentai.com/
Eメール:ctstky at yahoo.co.jp 
 
※事前予約・申込み等は必要ありません。当日直接会場にお越しください。
なお定員を超える参加者がありますときは、当日受付の先着順とする場合
もございますのでご了承ください。
 
 
安倍首相は、TPPに対する多くの国民の反対と懸念の中、それを押し切る形で、 
現在、マレーシアのコタキナバルで開かれているTPP第18回全体交渉会合に、 
昨日7月23日に日本政府として参加を強行しました。TPPの条文や全容を、 
国民にキチンと説明することはおろか、政府当局者すら、23日にやっとその 
膨大な条文を見せられるという有様です。また昨年12月の総選挙において、 
TPPに反対のポーズをとった、自民党の公約をも破るものであり、国民に対する 
背信行為です。 

TPPは単なる貿易協定ではありません。その影響を受けるのは農業だけでは
ありません。医療や保険、食品安全、労働法制、環境規制、等々、私たちの
生活に重大な悪影響を与える恐ろしい協定です。特にISD条項(投資家対
国家間の紛争解決条項)は、多国籍企業が自己の利益に沿わない規制に対し、
巨額な損害賠償を求めて政府を訴えることが可能となり、政府や自治体は住民
の利益に沿った規制ができなくなる恐れがありますし、それは諸外国で現実化
しています。しかもその訴えを判断するのは、日本の裁判所ではなく、世界銀行
傘下の、米国にある国際投資紛争解決センターです。日本の法律に優先して、
このISD条項が適用されるのです。 
  
このように、TPPは、私たちの生活を、国民主権を米国系をはじめとする多国籍
企業に売り渡してしまう恐ろしい協定です。 
  
今回のCS東京懇話会では、この間TPPに対して、それに反対する市民運動を 
精力的に行ってきた、アジア太平洋資料センター(PARC)事務局長の内田聖子 
さんを講師に迎え、私たちの生活を根底から破壊するTPPの内実、その現状、 
反対運動の進め方などについて語っていただきます。彼女は、「STOP TPP !! 
官邸前アクション」を中心的に担っている一人であり、3月4日~13日、シンガ 
ポールで開催されたTPP交渉会合に、日本からただ一人、米国のNGO「Public 
Citizen 」の一員として潜り込み、その内実の一端を垣間見てきました。また5月 
15日~24日、南米ペルーの首都リマで開かれたTPP会合にも、彼女は同じく 
国際NGOの一員として現地に飛び、情報収集やTPP反対のロビー活動をして 
きました。そして現在は、マレーシアのコタキナバルで開かれているTPP第18回 
全体交渉会合にあわせて、同じく国際NGOの一員として現地に飛び、現地で 
情報収集と現地や他国のNGOの人々と連携してTPP反対の活動をして、 明日 
7月25日に、この第9回CS東京懇話会に合わせて、その直前に帰国します。 
このマレーシアでのTPP交渉会合の様子を含めて、一番ホットな話が伺えるの 
ではないかと思います。          


CML メーリングリストの案内