[CML 025539] ・・・−「領土」問題を感情論にしないために−/7/24大阪。コリアンマイノリティ研究会第116回月例研究会

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2013年 7月 23日 (火) 12:39:30 JST


・・・−「領土」問題を感情論にしないために−/7/24大阪。コリアンマイノリティ研究会第116回月例研究会


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

コリアン・マイノリティ研究会
 http://white.ap.teacup.com/korminor/
の藤井幸之助さん
から
教えていただきました。
大切な取り組みだと思います。ぜひ多くの人にお伝えください。ご都合つきましたらご参加ください。
※転載が前日になりすみません。

※また、藤井さんのこれからの催しのお知らせもぜひご覧ください。

[CML 025538] コリアン・マイノリティ研究会の藤井さんより。これからの催し(7月22日〜
http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-July/025455.html


よびかけを
転載します。




コリアン・マイノリティ研究会 第116回 月例研究会

「ソンセンニムン トクトヌン イルボンタンイラゴ センガッカシムニカ?(先生は独島は日本の領土だと思いますか?)
  −「領土」問題を感情論にしないために−」

報告者:本田芳孝さん(宝塚市立宝塚中学校)

要 旨:
2005年3月、中学校を卒業したばかりの「アンニョン・ナンピ」(朝鮮語や料理を学ぶクラブ活動。
ナンピは元勤務校の略称)の生徒たちを伴って渡韓するつもりだった。
ところが「先生は独島は日本の領土だと思いますか?」ということばが先方からやってきた。何度か訪問してきた、韓国の旧知の先生の学校だったのに・・・。
 毎度毎度、噴出してくる韓国との摩擦や歴史認識について、これはもう日本人の私たちが歴史をきっちり学ぶしかないと思っています。
それも、昔々から日本と朝鮮や中国との関係について、とりわけ江戸時代の終わりから明治期、そして植民地支配へ向かう歴史について。
その中で、日本はどのような凄惨な侵略戦争を行い、支配体制を強いたのか? 同時に、朝鮮人や中国人はそれに対してどのような抵抗を繰り返してきたのか?
そんな両国の歴史を真摯に、かつ地道に学ぶことが解決の第一歩になるんだろうと思っています。
そんな思いから、私が実践する中学3年の歴史での学びを紹介します。


日 時:2013年7月24日(水)18:30開場、19:00〜21:00 
場 所:「・オリーブガーデン・」 (大阪市東淀川区菅原5-3-10)
      06-6328-5969

交 通:阪急京都線「淡路駅」(地下鉄堺筋線乗り入れ)東出口下車、東へ徒歩5分。
 カエルの電飾看板が目印です。 ※道に迷われる前にお電話ください。
 地図検索http://www.mapion.co.jp/m/34.73629721_135.52297499_10/

参加費:500円/高校生以下無料 (どなたでもご参加いただけます)
   ★準備の都合がありますので、仝Φ羃顱↓∈親会、必ずご予約ください。
   ★終了後、懇親会(2000円・学生1000円)

主 催:コリアン・マイノリティ研究会 http://white.ap.teacup.com/korminor/
     大阪市東淀川区菅原5‐3‐4 陰陽連絡線セッパラム文庫内
090-9882-1663

masipon at nifty.com




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内