[CML 025486] 笑止千万な少子化対策

萩谷 良 liangroo at yahoo.co.jp
2013年 7月 19日 (金) 15:34:31 JST


萩谷です。

日頃「少子化問題」なる、うさんくさい騒ぎについて感じてきたことをまとめました。

http://blogs.yahoo.co.jp/liangroo/MYBLOG/category_select.html?pid=11250381&cat_id=555021798&cr1=555004806&cr2=555021827&cr3=555021794&cr4=555021831&cr5=555021796&cr6=555021795&cr7=555021830&cr8=555021786&cr9=555021904

少子化しているから、女性に子どもを産んで貰おうということが、当たり前のように言われる。

そのとき、フランスの例を引いて、フランスでは女性が子どもを安心して育てられる社会的条件を整えてるんだ、ということが指摘される。

だが、なんでもフランスと言うとき、むこうとこっちの比較の仕方は妥当だろうか。
・・・国土面積を人口で割る大まかな計算をすると、国土面積1.45倍 ÷ 人口0.5倍だから、1.45x2=2.9。フランスは日本の約3倍。したがって日本より2倍も余裕があることになる。そのうえ、フランスのほうが、可耕地の割合が高いとしたら・・・

いや、そればかりではない。今の少子化騒ぎには、じつは、目立たないが、憲法違反の女性蔑視が潜んでいる。・・・こんな不当な取引に、日本の女性は大いに怒るべきだ。

そんな憲法をないがしろにした女性軽視の政策が、かりに効を奏して、子どもが増えたとして、そのとき、日本はどうなるか、誰も考えていない。
増えた子供達が将来の高齢世代のための年金の原資を稼いでくれますなんて言うひとにお聞きしたいが、高齢世代のために稼ぐ未来の日本の若者達の稼ぎ口はあるのですか?
今だって若者は就職難なんだ。しかも財界はこぞって、アウトソーシング歓迎で、TPPに賛成してるじゃないですか。いったい、どうなるんですか?

・・・少子化対策は原発と同じだ。後始末が全然考えられていない。
・・・



CML メーリングリストの案内