[CML 025397] 「華麗なるギャツビー」きみは虚栄の地 妄想の果て純愛ごっこ

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2013年 7月 14日 (日) 20:57:34 JST


映画「華麗なるギャツビー <http://www.gatsbymovie.jp/>」

70年代にロバート・レッドフォード版で見たが、あまり覚えていない。

こんどの レオナルド・ディカプリオ<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AA>
版は豪華絢爛。音楽も、服装も華麗。

女主人公に意思が見られず<http://weekendmovies.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-30bc.html>
、最後に殺人を「ばっくれる」上流階級の女というのが不満。

"Roaring Twenties"
禁酒法とフラッパーの時代<http://www.geocities.co.jp/Foodpia/6374/roaringtwenties.html>

>1920年1月に禁酒法

当時の状況が、いろんなところで発見できたのは面白かった。

労働者も、背景として描かれる。
http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/b2bc939a4bb11124aad2235cf56d5d91
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内