[CML 025359] 暑い夏を笑いで乗り切る映画

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2013年 7月 11日 (木) 12:49:59 JST


 坂井貴司です。
 
 梅雨明けした途端、猛暑の毎日です。
 
 暑い夏を笑いで乗り切る映画が、DVDになりました。
 
 1970年代後期の福岡・博多を舞台に、純情でドジで、異性への興味で欲求
不満だらけの中学生、郷六平と、彼を好きだけれども告白できない小柳類子を主
人公にした青春活劇が、30年の時を経て高画質でDVD化されました。

『博多っ子純情』
1978年・松竹映画・原作:長谷川法世・監督:曽根中生
http://www.dig-mov.com/#!new/mainPage
 

 原作は、週間アクションに連載され大ヒットした漫画です。これも面白い作品
です。私はこの漫画で大学浪人時代を乗り越えました。
 
 監督はピンク映画出身で、この『博多っ子純情』の他、大阪を舞台にした伝説
のギャグ漫画『嗚呼!!花の応援団』を映画化した曽根中生です。横山やすし主演
の映画で失敗し、映画界から消えさったことでも知られる監督です。現在は大分
県で会社員をしています。

 主人公の郷六平を演じるのは、光石研です。

 性への目覚めが始まったばかりの思春期の中学生の欲求不満、恥じらいと19
70年代の猥雑な雰囲気が見事にかみ合った傑作です。

 まだ路面電車が走り、商店街が賑わっていたころの福岡・博多の町並みも描か
れています。高層ビルが立ち並び、こじゃれた店が建ち並ぶ現在とは大きくこと
なっています。
 
 観て損はしない映画です。爆笑の連続です。 
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内