[CML 025348] 7.7「100万人の母たち・七夕プロジェクト」が終わって

長船 青治 pencil at jca.apc.org
2013年 7月 10日 (水) 21:12:05 JST


長船です。
 
先日7.7首相官邸前行動で「武藤類子さん」と「100万人の母たち・七夕プロジェクト」が終わってぼくは「なぜこの行動が
昨年9.11の「椎名千恵子さん」らのように「テントひろば」の公式行動ではなかったのかということに何かクレスチョンマークを感じたのですが。
首相官邸前で配布されたフライヤーの最後に「注意事項とお願い」というのを見たとき少しだけ理解しました。
ここに引用して置きましょう。
<注意事項とお願い>
・非暴力原則であること
・抗議や批判的なアピールではなく、愛をもった建設的な表現につとめること。政治と市民の近付き合い、和解を目指したアピールにしたいと思います。
・組織や団体、組合などののぼり等を掲げることはご遠慮ください。
以下(略)ぼくのツイートで写真ですが全文を掲載してあります。

twitpic.com/d1b8x5 

http://nonukes77.exblog.jp/19056177/

昨年の9.11に「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の佐藤幸子さんたちがバスをチャーターして当時「脱原発・第2テント」で24時間10ヶ月間
「未来を孕む女たちのとつきとおかのテント村行動」の抗議の座り込み中の
椎名千恵子さんが提唱して評判になった「かんしょ踊り」に来られた時にぼくははじめて「武藤類子さん」たちの「福島原発告訴団」の行動を知ったのですが、
ぼくら(「9条改憲阻止の会」として)が2011年3月末に第一回目の「支援物資を届ける行動」として選んだ先と同じ「廃炉アクション」のメンバーだった。

「椎名千恵子さん」は日比谷公園かもめの広場での交流会には来られていたそうです。
「原発いらない福島の女たち」

http://onna100nin.seesaa.net/

その後の「椎名千恵子さん」と言っていいのかどうか「テントとして」はどうなんでしょう。
「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)

http://nazen.info/index.php

「佐藤幸子さん」は来られていたのでしょうか?佐藤さんたちの「子供たちを放射能から守る福島ネットワーク」のHPを見ると
以下の「お知らせ」が先月9日付けでTop掲載されています。
<「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」は、政治・宗教・企業などあらゆる団体からの独立を原則としています。
*当会はふくしま共同診療所、福島診療所建設委員会、NAZEN、中核派などの団体と関係がありません。2013年6月9日総会決議>


http://kodomofukushima.net/

今後も「武藤類子さん」「椎名千恵子さん」「佐藤幸子さん」の行動を見守って行きたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
長船 青治
〒197-0023 東京都福生市志茂28番地
Tel&Fax: 042-552-8223
Cel: 070-5300-0161
shiminkaigi311 at gmail.com
pencil at jca.apc.org
http://www.facebook.com/seiji.w.osafune
http://twitter.com/sosafune
Blog「耳根円通法解説」
http://www.jca.apc.org/~pencil/
<(社)母と子のセンター(旧・東日本大震災緊急支援市民会議)の記録>
http://seijiosafune-shushu.blogspot.com/
「市民のメーリング・リスト」
http://list.jca.apc.org/public/cml/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




CML メーリングリストの案内