[CML 025338] 「証言と遺言」と題す写真集 菊次郎から同志たちへと

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2013年 7月 10日 (水) 09:02:26 JST


「証言と遺言」と題す写真集 菊次郎から同志たちへと

「証言と遺言<http://www.amazon.co.jp/%E8%A8%BC%E8%A8%80%E3%81%A8%E9%81%BA%E8%A8%80-%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E8%8F%8A%E6%AC%A1%E9%83%8E/dp/4990198212>」
福島菊次郎<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/7d3ebaeb130ee79e555d0f442b3940bf>
デイズジャパン <http://www.daysjapan.net/>

表紙写真の杉松さんは、原爆ために苦しみ抜き、精神病院に入れられたこともある。

憑かれたように写真を撮り始めた菊次郎さんも、一時期精神病院に入っていたこともある。

暴漢に襲われ、家を焼かれても...告発の写真を撮り続けた不屈のひと。

わたしは1987年に出会った写真集「戦争がはじまる<http://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%8C%E3%81%AF%E3%81%98%E3%81%BE%E3%82%8B%E2%80%95%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E8%8F%8A%E6%AC%A1%E9%83%8E%E5%85%A8%E4%BB%95%E4%BA%8B%E9%9B%86-%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E8%8F%8A%E6%AC%A1%E9%83%8E/dp/4784504362>」
社会評論社のに感銘を受けてファンレターを出して以来の付き合い。

本書は、さすがにデイズジャパン発行なので...大判の写真が迫力あり。

巻末には弟子である那須圭子<http://www.amazon.co.jp/%E9%82%A3%E9%A0%88-%E5%9C%AD%E5%AD%90/e/B009RNJ3A4>の、「棺桶の行方」と題した小文。


デイズジャパン主宰の広河隆一<http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E6%B2%B3%E9%9A%86%E4%B8%80>が「ジャーナリストの原点から」を綴っている。


------ 内 容 -------------------

すべての同志にむけて 福島菊次郎

1 広島の被爆者 中村さんの記録

2 原爆と人間の記録

3 ある女子挺身隊員の死

4 国敗れて

5 日本の軍需産業

6 日本の軍隊

7 東大闘争

8 首都騒乱

9 あさま山荘事件

10 農民たちの三里塚

11 学生たちの三里塚

2013年9月14日(土)◎映画『ニッポンの嘘』上映&福島菊次郎さん講演会<https://twitter.com/toraneko1ch/status/353898766702616576>

http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/0a3234aec53aafc91ed131973d4104e9
-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内