[CML 025288] 番組内で福島県の若者も考えますが、みんなで考える必要もある。福島県ほかのがれきの安全な処理

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2013年 7月 6日 (土) 19:41:12 JST


番組内で福島県の若者も考えますが、みんなで考える必要もある。福島県ほかのがれきの安全な処理


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

今日7/6深夜

7日午前0時30分から〜7日午前0時55分(放送時間25分間) 


福島をずっと見ているTV
 vol.26「“がれき”のこれから…」

26回目のテーマは“震災がれき”。
放射線の問題もあり、いまだ処理のめどが立っていない福島県の“がれき問題”について
・・・

が放送予定です。

内容紹介は
NHK番組表
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/read/c.cgi?a=001&c=31

と、

福島をずっと見ているTV
の番組ホームページ
http://www4.nhk.or.jp/fukushimazutto/
より

http://www.nhk.or.jp/fukushima/note/0707-zutto.html

を参照ください。



箭内道彦さん
(2010年9月、同じ福島県出身であるサンボマスターの山口隆(会津若松市出身)、THE BACK HORNの松田晋二(塙町出身)、TOKYO NO.1 SOUL SETの渡辺俊美(富岡町出身)とともにバンド『猪苗代湖ズ』を結成。

した人だとのこと)

が
福島の若者たちと一緒に考える。

とのこと

福島県内では、津波によるがれきや除染した土などが、今もあちこちに山積みになったまま。
さらに、日常生活から出るゴミも問題になっているという。

とのこと。

そして

線量的には埋め立て可能だが、
(※どれくらいの線量を言っているのだろうかと思いました。番組の中で説明があるかと思います)

住民の合意が得られず、保管されたままだ。
限界を迎えようとしている保管場所。

とのこと。

しかし、線量の高いものを集中保管する中間貯蔵施設については、建設場所すら合意できない。

とのこと。



福島県だけでなく、どう処理することが安全で、それをどう政府や、全国も行ったり、支えたりするか
考え実行する必要があると思います




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)




CML メーリングリストの案内