[CML 025282]  6/30「護憲円卓会議」 集会報告を送ります

佐藤三郎 minami2satou at kxa.biglobe.ne.jp
2013年 7月 6日 (土) 11:32:12 JST


  6/30「護憲円卓会議」 集会報告を送ります。重複して受け取られる方は、ご容赦ください。「止めよう壊憲! 護憲結集!」討論集会実行委 代表 佐藤 三郎
 「新しいネットワーク」の発展をめざし、壊憲阻止の思いを生かす 持続可能な方策を出し合おう」と題して、「4/14討論集会(神戸) パートⅡ」を、兵庫勤労市民センターで開催しました。参加人数は、正確には八十数名(椅子が80で満席、部屋の壁際に置かれた机に座っておられた方が5~6人)で、福井での脱原発を求める全国集会と重なり、参加できないとの連絡がある中で、あれだけの人達が集まり、20名以上の方々からの真剣な発言が続いたことをうれしく思っています。
 しかし集会後の立ち話で、夫婦で久しぶりに参加された方から「若い人、女性の団体、市民団体、議員さん等大勢の人から報告がありおもしろかったけれど、全体を通してここでは何を言おうとしているのかがよくわからなかった。最後の人(広原さん)の話が一番分かりやすかったが、時間が短すぎたと思った」との感想を聞いたとき、進まない「護憲結集」への苛立ち、5/14ビラ作成時から6/30集会開催までの間の情勢の変化に対応できないまま集会を開催した私たち事務局の準備不足の内面を見事に指摘され、身のすくむ思いでした。
 
 時間に追われた閉会のため「アンケートを出して下さい」と言うのを忘れたため、受け取ったのは以下の2通でした。 「♦多くの参加者が発言するこのような円卓会議のスタイルが定着すれば、参加型民主主義が深化するようにおもいます。♦角橋さん提案の3項目(ギャラクシー計画の創造)は、今後の具体的な指針になると思います。♦佐藤さん提案のこれまで護憲結集に向け取り組みをしてきた各地の代表者が、参院選後集まる会合を実現することは大事でしょう」 「今後96条を主体に活動を進めましょう。9条の会と協力は大切です」 
 7/1、集会冒頭の10分提言をお願いした11人の方々に、運営のお詫びと共に言い残された点の補足をお願いしたところ、二人からメールを頂きました。 ♦「昨日は、本当に、お疲れ様でした。どうぞ、実行委員の皆さまにもよろしくお伝えくださいませ。 さて「護憲勢力の結集」という問題は、私にはむつかしすぎる課題でした。現行憲法は絶対に守りたい、との立場は人後に落ちるものではないと自負しているのですが。そして、私は、96条の大切さも、よく理解しているつもりではあるのですが。96条を中心に考えていくこと自体が、すでに、向こう(改悪推進派)のペースになっているような気がしてならないのです。また、政治情勢があまりにも右にシフトしていることに、抗っても抗ってもなかなか、形勢を盛り返すことがむつかしいのではないかとの徒労感もごさいます。それでも、何かをしないといけないとは考えております。今後ともよろしくお願いいたします」
 広原さんからは、 ♦「みなさま大変ご苦労様でした。しかし、今回の神戸集会には多くの問題を感じました。そこで京都と神戸の護憲討論集会について拙い(そして失礼極まる)感想を「リベラル21」のブログに投稿しました。誠に失礼なこととは存じますが、これも門外漢の暴言としてお許しいただければと存じます」 との行き届いた添え書きと共に、内容といい時期といい、今の私たちにとってぴったりの、次のような貴重な指摘を頂きました。
「2013年参院選を目前にした市民運動の戸惑いと逡巡、京都と神戸の護憲討論集会で感じたこと、思ったこと、護憲勢力は如何にして結集するか(その12)~関西から(107)~」は、皆様方にも読んで頂きたいので後ほどお送りいたします。
 
この討論集会実行委の構成は、固定したメンバーは決められてはおらず、4/14集会を提起した「護憲・元教職員ひょうごネット」の運営委員の一部と始発的に参加されたメンバー十数人で協議をしてきました。今回は、7月21日(日)の参院選を経て極めて重要な局面にあたり、6/30円卓会議で「次回の討論集会実行委員会は、7月30日(火) 13時30分~ 神戸市勤労会館(三宮)305号室で開催」を決めました。今後のこの集いのあり方を探っていく上で、重要な位置付けにあると思います。共に考えようとお考えの方は、ご参加頂きたいと思っております。手さぐり状況でここまで歩んできましたが、この集いの名称(護憲円卓会議・96条の会…)、集いの性格(フリー・個人加盟…)、主要テーマ(護憲結集…)、実行委・事務局の構成(フリー…)、短期・中期的取り組み目標…、護憲結集をめざす集会の連携・拡大…、等々、お気づきのことがありましたら聞かせて下さい。 



CML メーリングリストの案内