[CML 025273] 東京 合意のない与那国島自衛隊配備にNO!7・27集会

井上澄夫 s-inoue at js4.so-net.ne.jp
2013年 7月 5日 (金) 21:16:13 JST


【拡散希望】
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ドゥナンチマ カティラリヌン!※
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
合意のない与那国島自衛隊配備にNO!7・27集会
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
※与那国の言葉で「与那国島を棄てられない!」

<日 時>7月27日(土)18時30分開始
<会 場>渋谷勤労福祉会館・第1洋室
(東京都渋谷区神南1−19−8)
http://asp.netmap.jp/map/905872.html
<最寄駅>「渋谷」駅7分
JR山手線、東京メトロ半蔵門線・銀座線・副都心線、
東急東横線・田園都市線、京王井の頭線
<参加費>500円
≪沖縄への自衛隊強化の動向≫
 問山栄恵(といやまさかえ 『琉球新報』東京支社報道部)
≪与那国島の反対運動≫
 大仲尊(おおなかたかし 与那国島出身)
<主催>沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
<問い合わせ>電話090−3910−4140
<呼びかけ>
 みなさん!
 今、与那国島では’08年から始まった自衛隊配備反対の闘いが大きな節目に差しかかっています。来る8月11日、陸自沿岸監視部隊配備の是非をめぐる町長選挙が行われます。
 この間、与那国改革会議は自衛隊誘致反対の署名(誘致派の署名数を上回る)、自衛隊配備の賛否を問う住民投票条例制定にむけた運動など、文字通り島を二分する闘いを展開してきました。8月6日告示、8月11日投票の町長選挙はこれまでの総決算をかけて闘いぬかれます。自衛隊配備反対の旗を一貫して掲げて闘っている与那国改革会議は、議長として自ら先頭に立ち、闘いのけん引役を引き受けてきた崎原正吉さんを町長候補者として擁立し、町長選を勝ち抜くための布陣を敷いています。
 外間町長・与党は6月定例議会に「与那国町町有土地貸借契約について」の議案を提案しました。しかし、議案提出の前段に、手続き上クリアしなければならない大きな問題があります。ちなみに計画用地の地目変更にかかわる農業委員会の決定と南牧場契約者(農業法人)の同意書が前提条件なのに、それらの手続きを行った形跡は今のところありません。手続きなどおかまいなしに議会での多数をたてに暴力的に押し切り賃貸契約を決議しようとするのでしょうか。許せません!
 安倍政権は「防衛計画の大綱」を今年中に見直す方針で、尖閣諸島を巡る中国の動きを念頭に水陸両用車やオスプレイを配備した水陸両用部隊の新設、また自民党は「国境離島保全・振興法案」を国会に提出しようとしています。この法案は「日本最西端に位置する沖縄県の与那国島や長崎県の対馬などを対象に、自衛隊施設設置の努力義務、港湾や空港整備への国庫補助かさ上げを盛り込んだ」。この法案は、とりもなおさず与那国島への自衛隊を強行配備するためであることは言を俟ちません。
 軍隊のいない与那国は、かつては国境なるもの跨ぎ100舛靴離れていない台湾と自由に行き来し生活圏をともにしてきました。1972年沖縄の施政権返還ではめ込められ、「領土ナショナリズム」で鼓舞され、自衛隊という軍隊を強引に配備しようとします。すべては国家というものの無策を覆い隠すための手法にすぎません。
 与那国での自衛隊配備を許さないたたかいは、国境という上からの押し付けを跳ね返し、領土ナショナリズムに抗い、軍隊なしで自由に生きる島社会を取り戻す闘いでもあるでしょう。
 自衛隊はいらないと闘い抜く与那国改革会議を支援し集会に参加してください。

★案内チラシをダウンロードできます。http://www.jca.apc.org/HHK/2113/130727yonaguni.pdf

****************
沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
http://www.jca.apc.org/HHK/
****************



CML メーリングリストの案内