[CML 025261] 日本軍「慰安婦」問題を描く朗読劇「ひとみ」国分寺公演

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2013年 7月 5日 (金) 10:04:12 JST


前田 朗です。

7月5日



[wam]から転送です。


*********************************

*2013**年7月24日(水)18:30開場19:00開演*

*いずみホール 練習室*(西国分寺駅前 南口徒歩30秒)

一般前売り1500円 当日2000円 大学生1000円 高 校生以下500円 

* *前売り申し込み 筺Fax 042-383−3667 (横井)

   E.メール peacemaker_in_christ at yahoo.co.jp
<mailto:peacemaker_in_christ at yahoo.co.jp> (北原)    
*主催:「ひとみ」国分寺公演委員会*

..............................................

*一章 横井量子 記憶の中から(敗戦後の日本から今日まで)*

*二章 李容珠(イ・ヨンス)証言(屈辱から尊厳へ…)*

*三章 朴英心(パク・ヨンシム)証言(檻に入れられた動物だった)*

*四章 マリア・ロサ・L・ヘイ ソン 証言(正義を求めて、世界の平和へ)*

*五章 横井量子 謝罪を!! *

................................................

<IMAGINE21 公演記 録>

 1993年〜2005年「再会」(中国残留日本婦人と侵略戦争の加害の罪を描く劇)
国内外、255ステージ。

1995年(戦後50年) 中国東北部公演。2001年 アメリカ・カナダ公演。

ロサンゼルス郡議会より「名誉賞」を受ける。

2006年〜2013年 「地獄のDecember-哀しみの南京」 国内外106ステージ。

2007年 南京大虐殺70周 年記念の年、南京、上海、ニューヨークにて公演。

<横井量子> プロフィール 1946年 生まれ 東京都目黒区出身 都立千歳が
丘高校卒業。

1993年より夫、渡辺義治氏と共にIMAGINE21を設立。

________________________________________________________________________________
   

わたしは、ある日、夢を見た…。

 2005年11月、中国、南京市を訪問したおり、日本軍「慰安所」だった建物と、
対峙した…。小雨が 降る中、こわれかけたその元「慰安所」の窓の下にまるで、
休みなく、兵士に「檻の中の動物」いえ、それ以下の扱いをされた少女たちの涙
のしみのように、雨 に打たれ…そこだけが黒ずんでいた…い まにも「だれか!!
助けてよ!!」…と、顔がでてきそうな…気配を漂わせて…。雨が降ってい て寒い
のだが…その建物 の冷気は頭も感覚も私を正気にさせていった…。

 当時、母は死に向かっていて帰国後三か月して、亡くなった。

ところが、その母が夢に…!!

「お母ちゃん!!どうしたの!!何があったの!!…。 夢中で抱きしめた。する
と母は、満足した様に…。スーッと私の腕の中から上へぬけ て行った…。どうし
てこんな夢を見たの…!!?…。

 母を救えなかった!!その時、私は何をしていたの!!…狂いそうなくらい…つ
らい体験 だった…!!

この夢は…何なの?…考えることがこわかった。でも忘れられない…!! のだ。

「量子、わかったかい?犯された身になって…考 えなさい。狂いそうなくらいの
身になって」…母が観音菩薩となって、少しでも私に わからせる為に、夢に、あ
んなに惨い姿にかわりはて…出てきたのだろうか…。

 今回、ニューヨークのタイムズスクエアの看板に大きく「第二次大戦中の中で
の、日本の性 奴隷として働かされた韓国の女性はいま も、日本による心からの
謝罪を待っている」…との解説が表示され、ドイツのブラン ト首相がポーランド
のワルシャワゲットー記念碑にひざまずき、ドイツの犯 した過去のナチスの罪
を、当時ナチスに抵抗したレジスタントの闘志だったにもかかわらず、首相とし
て誠実なる謝罪をした時の姿が、その要 求文の横に写真が のっていたのです。

 それを見た瞬間、中国の人々、アメリカ、カナダでくらし、日本のその罪を問
い続けている 中国人、中国系アメリカ、カナダ人の方かたの顔が浮かぶととも
に、毎年クリスマスカードをくださる韓国系アメリカ人の元大学教授の友人の
先生ご夫妻の顔が浮かびました。

 「是非、今度は、日本と朝鮮の歴史を作品化してください」…と、2001年アメ
リカ公演に 行った時、提示されたのですが、正直、その時はそれは考えられな
いことでした…。

 けれどその5年後、母の夢を見ていたこと、それをまた「見た」と打ち明けら
れるまでに なったこと…日本を絶対にファシズム化してはいけないこと…への思
いがわきおこり、2012年12月には、ほぼ…決意に近い思い になってペンをとりは
じめました。

 一人でも多くの方々に伝えたい。…。

そして聞いていただけたら…見てい ただけたら、新しい世界の絆をつなげられた
ら…と、思うのです。そのためには、真 実のつぐないを!!!… しなければ…と 思
うのです…。  横井量子(6月16日)     



CML メーリングリストの案内