[CML 025246] 再送: 7月7日(日)集会「私たちは憲法の改悪を許さない!日本を『戦争のできる国』にするのはやめよう!」

藤井 悦子 peace at tc4.so-net.ne.jp
2013年 7月 4日 (木) 13:25:13 JST


藤井悦子です。
日程が近づきましたので再送します。

この夏の「戦争への道を許さない京都・おんなの集い」は、
以下のような反改憲集会を行います。
平和憲法の会・京都も共催します。
お近くの方、御都合つく方、ぜひご参加ください。

また、終わってから同じ会場の隣の部屋で、
沖縄から平和を発信し続けるミュージシャン
海勢頭 豊(うみせど ゆたか)さんとの交流会を行います。
お時間の許す方、つづけてご参加ください。

(転載・転送歓迎)-----------------------------------------------

◆◇◆第65回「戦争への道を許さない京都・おんなの集い」◆◇◆

私たちは 憲法の改悪を 許さない!
日本を「戦争のできる国」にするのはやめよう!

とき 2013年7月7日(日)14時~16時半
ところ ひと・まち交流館 第4会議室
(市バス「河原町正面」下車)
集会内容
★ 報告:「改憲をめぐる状況」
大湾宗則さん(平和憲法の会・京都事務局長/京都沖縄県人会前会長)
★ 講演:「差別を許さない社会を」
上瀧浩子さん(弁護士/フェミニズム/マイノリティ/朝鮮学校支援ほか)
参加費 500円

終了後、隣の第5会議室で、
沖縄から平和を発信し続けるミュージシャン
海勢頭 豊(うみせど ゆたか)さんとの交流会を行います。
お時間の許す方、つづけてご参加ください。

主催:戦争への道を許さない京都・おんなの集い連絡会
共催:平和憲法の会・京都
連絡先:075-981-4640(白井)

日本国憲法は、第9条や前文をはじめ、「戦争の放棄」や「基本的人権の尊重」などを定めた、世界でも素晴らしい内容を持つ憲法だと評価されています。しかし安倍政権与党の自民党や、維新、みんなの党など、昨年末の総選挙で議席を増やした政党は、のきなみ平和憲法の改悪を公言しています。
政府が「領土問題」で中国や「北朝鮮」の脅威をあおって改憲を狙う中、「領土の防衛のために9条の改憲が必要」などの意見が増えています。そして沖縄への危険なオスプレイ配備が強行され、京都北部にも米軍レーダー設置が狙われています。福島原発事故であれほどの被害を出し、今も収束もできないのに、大飯原発を再稼働し、原発の新増設まで公言し、海外への輸出も進めるなど、人権無視も甚だしい状態です。また外国人へのひどい罵詈雑言を公然と叫ぶ集団も現れるに至っていますが、このような差別と軍拡・戦争容認への流れを止めなければなりません。
そもそも今の憲法は、日本の政府がかつて、「暴支膺懲(ぼうしようちょう:暴れる中国をこらしめる)」などとしてアジアへの蔑視と敵対意識を煽って戦争を起こしたために、日本の多くの人々が戦争に動員され、巻き込まれ、そしてアジアの国々に侵攻をして、アジアの人々に大変な被害を与えてしまったことを反省して作られたものです。「従軍慰安婦制度は必要だった」などとする橋下・大阪市長発言は絶対に許すことはできません。政府が勝手に戦争を始めて人々を巻き込むことを防止するために、「平和的生存権」や「近代立憲主義」を定めたのです。私たちは、排外主義に陥って、ふたたび戦争への道を歩んではなりません。
私たちは憲法の改悪を許さず、憲法の内容を為政者に実践させる中から、外国人や女性ほか社会的マイノリティの人権を保障する社会を築かなければ・・・
いまから76年前の1937年7月7日は、日本軍が中国に駐屯する中で、中国への全面侵略戦争を開始するための契機とした盧溝橋事件が起きた日です。みなさん、憲法と人権について考えましょう。ぜひご参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで

藤井悦子
http://www3.to/agenda/ 



CML メーリングリストの案内