[CML 025193] 【報告】第803目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 7月 1日 (月) 07:02:16 JST


青柳行信です。 7月1日。

「きみへ」 さよなら原発! 
http://twitsound.jp/musics/tsMDocgv4

【転送・転載大歓迎】
  ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第803日目報告☆
     呼びかけ人賛同者6月30日2880名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
   
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
新聞の片隅に とても大事な記事を見つけることがあります。
福島の井戸からまた核物質ストロンチウムが検出されたそうです。
今までいかにずさんな管理がなされてきていて、いまだに解決の糸口が
見つからないという事実が明らかになりました。
あんくるトム工房
焚火祭りのご案内  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2502
安全性に疑問   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2501

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆原子力「ムラ」とは美辞なり伏魔殿この世を呪う禍事次々(左門 6・30−338) 
※原発がそうであるように、この複雑にして脆弱なシステムは、
制御不可能なフ伏魔殿となって「全身から禍事を噴出している」メルトダウン状態だ。
一日も早く「石棺」にしなければ・・・。 

☆幼児らの被曝を憂う若き母 その国の首相は原発商人(左門 7・1−339)
※被災地に留まるか・安全地帯へ移住すべきか、
若き母たちの憂いと闘いをよそにノーテンキの首相は行く先々に原発を売り込んでいる。
これはもはや政治家ではない。原発ムラの売人だ。
一日も早い退陣を迫ろう! 

★ 藤嶋嘉子(若宮農民組合)さんから:
いつもメールありがとうございます。
 たくさんの方から寄せられるメールの編集作業も大変だろうと思います
 
 そして、先日の田植え交流会参加ありがとうございました。
 ともに連帯して、原発もない核もない平和な世界を目指して闘いましょう!
 
<若宮農民組合ニュース 7月号宮若市福丸342-5TEL0949-52-3098>

田植えと
ジャガイモ掘り  6.22曇りのち晴れ

よしこさんの一句  
「横一列 心ひとつの 田植えかな」←<写真>→青柳さんと福島から避難されているくうえさん

九電本店前のテントで「ゲンパツいらない」800日も座り込みを続ける青柳さんも交流会に参加されました。ゲンパツは、いらんのじゃが(掘ったばかりのジャガイモ)を参加者
に買ってもらい
テント買い替えの資金の足しにと、ちなみ組合長より手渡されました。
<青柳コメント:お陰様で新しい二張りのテント購入で安心しての活動続行。鈴木釋尼・倶會(しゃくに・くうえ)さんも大変喜ばれていました。>

あんど よしこさんおかえりなさ〜い の おまけつき交流会
私、藤嶋よしこはインドネシア世界会議を終え無事帰国しました。みなさんからの温かい励ましと貴重なカンパをいただき、とても心強い世界会議でした。世界会議において短いス
ピーチではありましたが、発言しました。参加国は88カ国、通訳を交え「私は、日本の農民連です。食糧主権を願う農民と消費者からの寄付でこの会議に参加をしました。
作る人と食べる人が心通わすサンチョク運動の成果です」発言の最後に日本のガンバローを披露し、世界各国の方々がこぶしを突き上げ"ビアカンペシーナガンバロー!"が3回会場に
こだましました。
《食糧主権》 持続可能で、健康で文化的で適切な食料を得る権利。

この食糧主権の概念は、多国籍企業に土地を収奪されたり、土地を持たない農民労働者が食糧生産に従事した賃金で、主食のトウモロコシも買えない状況や、モンサント社(米国
農薬会社)の遺伝子組み換え種子で大量に生産され、大量に使用する農薬により地球規模の自然破壊が起きている事など、食糧主権はこれらの事に真っ向から立ち向かうものです。
敵は、新自由主義であり、モンサントである。小農や家族規模の農民たちが、自然農法で食糧を生産し、種子バンクを活用し大切な種を取りもどす運動など、アグロエコロジー
の取り組みが議論され、ジャカルタ宣言という提言がなされました。
農民は人類にイノチ根源である食糧を提供する尊大な役割を持つ。

★ 清重伸之 さんから:
みなさま
憲法の危機を理解するため、私の友人たちが、
ゆかいでとっても解りやすいマンガを描いてくれました。
「ちゃんと知らなきゃ大変だ!」
http://nabeho.com/inomira/have_to_know.html

ページ末尾の「注意事項」(別添ふろく資料あり!)
をご覧の上、プリントして自由にご利用ください。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝は、はじめに、大飯原発再稼動から一年になるのを前に、その抗議行動を伝える記事から紹介します。
1.「大飯再稼働1年で抗議行動 『原発認められない』」共同通信6月30日
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/06/post-7921.html
記事「・・関西電力大飯原発3、4号機が再稼働から1年となるのを前に、立地する福井県おおい町で30日、集会やデモ行進など市民団体による抗議行動が行われ、参加者が『原
発の稼働は絶対に認められない』と訴えた。・・・・30日の抗議行動には東京や福島、大阪など各地から約450人が集結。」
1’.「大飯原発再稼働から1年 運転停止求め450人デモ」朝日7月1日1時1分
⇒http://www.asahi.com/special/news/articles/OSK201306300122.html
記事「・・・・・ルポライターの鎌田慧さん(75)も駆けつけ、『再稼働を止める世論を盛り上げていく。第二のフクシマを発生させないことが、せめてもの私たちの償い』と訴
えた。・・・・」
一方、首都圏では、
2.「「脱原発訴え参院選前に街宣活動 東京都心で」共同通信6月30日
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/06/post-7919.html
「毎週金曜日に首相官邸前などで脱原発を訴えている『首都圏反原発連合』は30日、参院選で原発問題を争点にして有権者に脱原発を掲げる政党や候補に投票してもらおうと、東
京・新宿駅前などで(20人が)街宣活動をした。・・・・・昨年の衆院選前にも東京・原宿などで同様の活動をしていた。参院選前にはこの日に加え、週末を中心にさらに3回の活
動を予定している。」
先週の金曜行動は、
2’.「原発輸出で成長とんでもない 官邸前抗議」しんぶん赤旗6月30日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-29/2013062901_07_1.html
記事「首都圏反原発連合(反原連)は28日、首相官邸前と国会・霞が関周辺で『原発即時廃止』を訴える60回目の抗議行動を行いました。『原発の活用』の方針を明記して再稼
働も輸出も推進する安倍晋三内閣に、4000人(主催者発表)の参加者は『再稼働反対』『原発輸出で成長戦略なんてとんでもない』『原発大好き政党はいらない』と声をあげま
した。」

次に被災地フクシマでは、
昨日、朝日新聞で取り上げていた国の説明会、地元紙では次のように報道している、
3.「年間1ミリシーベルトの認識にズレ 区域解除へ対応課題」福島民友(06/30 10:15)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0630/news9.html
記事「・・・・福島第1原発事故に伴う避難区域の解除に向けた協議が始まった田村市。区域解除に向けて、政府が除染の長期的な目標に設定した年間の追加被ばく線量1ミリシー
ベルト(空間線量で毎時0.23マイクロシーベルト)をめぐる住民間の認識の違いに、国と同市がどう対応するかが課題となっている。避難指示解除準備区域に指定され、11市
町村で初めて国の直轄除染が完了した同市都路地区の多くの地域で除染後の数値は目標に届かなかったが、23日の住民説明会では早期帰還か、再除染かで住民の意見が分かれた。
政府は避難区域解除で放射線量の基準を示さず対象の市町村や住民、県と協議して決めるとしている。」
・・・・・国の無責任ぶりは目に余る・・・田村市―福島第1原発から西へ30〜45キロ。.
4.「食材半分で測定可能に 県民向け食品放射性物質検査」福島民友06/30 08:27 
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201306309323
記事「県は、県民向けの食品放射性物質検査で、使用する食材の量が従来の半分で検査可能なシステムを開発、7月から本格的に導入する。これまで1回の検査で食材1キロ(1
リットル)が必要だったが、半分の0・5キロで済み、利用者の利便性が向上する。7月末までに県内全市町村に配置している520台の測定器全てを新技術に更新する。・・・ 」
・・・・住民の利便性が向上??、そもそもこうした食材の検査しなければならなくなった原発が問題なのに。検査で一回500gになったとしても、大変な量です。液体にして1リッ
トルの半分です。
5.「福島県浪江町で消防団が再開 2年3カ月ぶり」共同通信6月30日
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/06/post-7920.html
福島第1原発事故で避難区域になっている福島県浪江町の消防団が30日、事故から約2年3カ月ぶりに活動を再開し、町内をパトロールした。・・・・・浪江町は全町民の避難が
続いているが、4月から一部地域で日中の立ち入りができるようになった。
6.「ADR申し立ての浪江町民 1万5000人超す見込み」福島民報06/30 08:45
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201306309330
記事「・・・福島第一原発事故で、東電に精神的損害の賠償増額を求め、原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(ADR)を申し立てる浪江町民は、1万
5000人を超える見込みとなった。29日、二本松市で開かれた住民向け説明会の席上、町支援弁護団が明らかにした。 ・・・町の人口の約7割に当たり、7月2日に、このうち
の2809人分を新たに申し立てる。 ・・・・馬場有町長は説明会後、記者会見し、『町民の燃えたぎるような怒り、悲しみ、悔しさの表れだ』と述べた。 ・・・・・」
・・・・浪江町は福島第一から北、5〜20キロ。

放射性物質を含む廃棄物のこと、
7.【シリーズ復興(11)】原発の指定廃棄物、決まらぬ最終処分場]」YAHOO最終更新日6月30日
⇒http://seiji.yahoo.co.jp/close_up/1319/
記事「福島原発事故で発生した高濃度の放射性物質を含む「指定廃棄物」の処分場が決まりません。国は、周辺の県ごとに1カ所ずつ最終処分場を設置する方針です。しかし異論が相
次ぎ、今夏の着工計画はずれ込む見通しです。今、どのような現状なのでしょうか。」→以下、長文レポートです。

電力会社のこと、
8.「電力10社、料金値上げ 円安も影響、燃料費増大」産経新聞 6月30日(日)7時55分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130630-00000076-san-bus_all
記事「原発の稼働停止で、代替電源である火力発電所への依存が高まっている。そのため液化天然ガス(LNG)などの燃料費が増大し、電力各社による電気料金値上げが相次ぐ。
円安の進行もあって電力コストは右肩上がりで、国富の海外流出を大きくしている。・・・・平成25年度に沖縄を除く電力9社が支払う燃料費は震災前の22年度と比べて原発停
止分だけで3兆8千億円増えるとの試算もある。・・・・原燃料費の輸入価格の上昇で、全国電力10社と都市ガス大手4社が7月にそろって値上げする。電力10社は、標準家庭
で6月の料金より27〜116円引き上げる。値上げ幅は東京電力が最大。中部電力が87円、関西電力が78円と続く。・・・・・・・」
・・・言い回しが“意図”を感じさせる記事です。

さて、今届いた西日本新聞朝刊では、関連記事がない。
読者投稿欄「こだま」に次のような見出しの投稿が一件ありました。
9.「高市氏の発言 思いやり欠く」
記事「思慮に欠ける言葉がどうして政治家から次々と飛び出すのだろう。・・・発言に唖然とした。・・・・・・」
きょうはこれだけです。

★ 飯塚市出身の清水亜矢 さんから: 
青柳さま
いつも情報のシェアをありがとうございます。
お忙しいところ恐縮ですが、講演会の情報の拡散をお願いできれば幸いです。

飯塚市にて、菊地洋一さんの講演会を開催致します。
再稼働について、もう一度みんなで考えてみようという企画です。
技術者の方のお話なので、男性向けの企画になればなあと言う気持ちもありますが、
菊地さんのお話はなんせリアルで身近な感じなので、女性にもおススメです!

「福島のプラントをつくった元GE技術者 菊池洋一氏 筑豊で語る」
7月20日土曜日
午後 2 時から4時まで?
イイヅカコミュニティセンター( 福岡県飯塚市飯塚14の?67)
2階展示ホール
チケット 700 円 ( 前売り or 予約 0948-72-0007 )
託児無料 要予約 0948-72-0007 *18日まで
主催 原発知っちょる会 Mailshicchorukai at gmail.com
後援 飯塚市教育委員会

講師プロフィール
1941 年岩手県釜石市生まれ。 1973 年 3 月からの 7 年 4 ケ月、米国の原発関連会社 GETSCO(=GE)の原子力事業部極東東京支社企画工程 管理スペシャリストとして東海原発2号、
福島第1原発 6号機の建設に広く関わる。各セクションの調整、日立、 東芝、IHI、ゼネコン等のスケジュールチェック、 米本社への現場報告書の作成など。 古い原子炉内改造工事
の安全管理者の仕事を終え退社。 宮崎市串間市に在住。 元鹿児島大学非常勤講師(「地球環境エネルギー論」)。

 菊地さんは、もともと原発を造っておられた技術者です。「どうか事故りませんように。日本のためになりますように」と情熱を込めて原発を造っていらっしゃった菊地さん。
今、原発について何を思うのか、語ってくださいます。
 技術者ですから機械のお話をされるのですが、目の前で起こっていたことのお話なので、とてもリアルで分かりやすく、圧倒的な説得力があります。初めての方にもおススメで
す。大切な方を誘っていらしてください。

ちなみに個人的な好みですが、菊地さんは、声となまり(東北なまりだと思います)がとってもカッコ良く、渋いです。
先日幸運なことに鹿児島でお会いできたのですが、生で聞くとますます渋かったです。
よろしかったら是非(^^)/

★ くじゅう さんから:
みなさま
<グローバー勧告の実施を求める署名にご協力のお願い。>
  昨年11月に来日し、福島原発事故後の人権状況を調査した国連「健康に対する権利」の 
特別報告者のアナンド・グローバー氏が、5月27日(現地時間)から開催される国連人権理事会
(ジュネーブ)で調査内容を報告し、日本政府に対する勧告を発表しました。

 追加被ばく量1mSv以上の地域での健康調査の実施や、1mSvを下回るまでは帰還を強いる
べきでないことなどを盛り込み、原発被害者の「健康に生きる権利」を具体的に示した価値ある内容です。

  現在、このこのグローバー勧告を支持し、日本政府に勧告の実施を求める署名を集めています。
ぜひご覧ください。

 個人による賛同
 フォーム1 (iphoneでは文字化けすることもあります):  
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/

 フォーム2 https://pro.form-mailer.jp/fms/3c55686543288
 ※紙の署名呼びかけ(PDF):
 https://dl.dropboxusercontent.com/u/23151586/UN_sr_ag_fukushima.pdf

 団体による賛同:https://pro.form-mailer.jp/fms/63cbe0f843289

★ 仮面ライダー さんから:
下園君へ
君のいう通りだ
ゴメン!
働きすぎは良くないということです。
確かに現実 生きていくいえで
必要ですね
でも金に眼がくらんだことが
ある我輩は
やはり「金より命」なのだ!
さらば!

★ 吉田典子 さんから: 
生涯学習センターに新聞を読みに行ったら、戦争関係のパネルが沢山はり出されていました。
毎年、この時期に近場の小学校の先生達が、やってるそうです。
ヨタヨタ・ロング・テールばあさんは、古い縮小版の新聞の小さい文字に泣かされていたので、パネルの字が大きいのが、とても嬉しい!!
日本地図に空襲があった地点が、丸で示されているのは、特に興味深かったです。
空襲が集中している場所と、ない場所がハッキリ判るから。
「まかり間違って、また戦争が起こったら、この空襲がなかった地域に引っ越して、お芋を作って生活するだ!」
と、シブトイばあさんは、考えたです。
でも、これは68年前の空襲地図。
今、空襲計画たてるとしたら、爆弾の落とし所は大分、違う筈…。
昔、ばあさんの母ちゃんは
「次に戦争が起こったら、今度はやり方しってるから、闇屋をやる!」
と言ってました。
どうやるのか?
聞いとけば良かったです。
でも、そんなのが役に立ったら、それこそ
「芸は身を助ける不幸せ」
です。
やはり困難でも、戦争という手段を使わなくても済む世界を作るには、どうしたらいいか考えた方が良さそうです。
そこで、女先生(この言い方が不思議な人は「24の瞳」を読みましょう)から、下関で出されている長周新聞というのを、もらいました。
捲ってみたら、30年間、上関原発の建設に反対している祝島の記事が、出てました。
「山口県漁協が漁業補償金の配分をごり押ししようとしている」
原発会社の賄賂のバラ撒き話です。
化け猫面になったロング・テールばあさんは
「あたしだったら、賄賂はもらってやるけど、言う事はきかないニャ〜」
と、呟いたです。
生かしておくのも厄介だけど、殺すともっと厄介な事になりそうな年寄りを目指すロング・テールばあさん。
祝島はビワが全国出荷の最盛期と知って、
「墓に入る前にタラフク食うだよ!」
と、涎を垂らしています。
「とぼけたお顔は可愛いけど、ウリ坊と呼ぶには育ち過ぎの九電道明君。
ビワは、放射性物質付きでない方が、美味しいよ〜ん…シャフーッ!!」
「放射線を浴びてビワが巨大化したら、沢山くえるぜ!ばあさん」
って?シャーッ!!
化け猫vs妖怪イノシシの戦いは続く。

★ 前田 朗 さんから:
毎日新聞大阪本社版の連載です。各回とも2ページ。

ヘイトの現場から:/上 「はまる体験」デモに老若男女  ネット信じ「嫌韓」
http://mainichi.jp/area/news/20130625ddf041040012000c.html
 
ヘイトの現場から:/中 京都朝鮮学校への差別街宣
http://mainichi.jp/area/news/20130626ddf041040010000c.html
 
ヘイトの現場から:/下 カウンター活動、現場で抗議 「対話を」思い届くか
http://mainichi.jp/area/news/20130627ddf041040009000c.html

○−−−−−−−−−−集会等のお知らせ−−−−−−−−−−○

●  原発労働裁判・梅田隆亮さん第6回口頭弁論 ●
日 時:7月17日(水)11:00 (301号大法廷)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
裁判終了後 弁護士会館3階ホールで報告集会

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第6回口頭弁論期日 9月27日(金)14:00 佐賀地裁
     午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
     原告総数 原告総数6358名(6/20現在)
ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
   ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
  ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
<facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内