[CML 022892] ボリビア・エクアドルで進む社会主義「市民革命」-「7年で所得格差縮小(3分の1に) 2025年までに貧困一掃」(モラレス政権)、「就任以来、最低賃金の引き上げ、貧困・失業率の低下、新憲法の制定、米軍基地の閉鎖などを実現」(コレア政権)

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2013年 2月 28日 (木) 04:38:28 JST


ボリビア・モラレス政権 7年で所得格差縮小

政権発足時95倍→現在36倍

2025年までに貧困一掃

 南米ボリビアで、貧困層への支援策を重視してきたモラレス政権の7年間で国民の所得格差が大幅に縮小されていることが明らかになりました。同国は先住民人口が多く、中南米地域で最貧国の一つとされてきましたが、政府関係者はもはや最貧国から脱したと強調しています。

 国営ABI通信などの報道によると、アルセ経済・財務相は14日、所得の最も高い10%の富裕層と最も低い10%の収入格差がモラレス政権発足当初の06年には95倍だったが、現在では36倍まで縮小したと報告しました。

 モラレス政権は、貧困と失業を増大させ、格差を広げてきた前政権までの新自由主義政策の転換を唱え、天然ガスの国有化などで得られた新たな財源を、年金支給や教育・医療政策の充実に振り向けてきました。

 アルセ氏は、こうした「平等な所得再分配の政策」によって貧困層が減り、所得格差の縮小が実現したと説明。農村地域では、5人に1人が貧困状態から脱したなどの例をあげながら、ボリビアは中南米で最悪の貧困指標を持つ国ではなくなったと述べました。

 モラレス大統領は就任から7周年を迎えた1月22日、25年までに貧困をなくし、公共サービスを全ての国民に提供するなど13項目の国家計画「愛国のアジェンダ」を発表しています。

 大統領は、1月末にチリの首都サンティアゴで開かれた市民団体や労働組合の活動家らの集会に出席した際には、経済発展から除外される人々をつくらない社会政策の成果を報告。「われわれの政策は、農村地域の兄弟たちが極貧状態を脱することに結実した」と述べていました。

 大統領は、ボリビアの人口約1030万人のうち、1日1ドル以下で生活する農村地域の貧困層約130万人が06年から12年の間に貧困状態から抜け出したといいます。

 (菅原啓)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-02-18/2013021807_01_1.html

////////////////////////////////////////////////////////////

ボリビア政府、スペイン系の空港運営会社を国有化

  2月18日(ブルームバーグ):ボリビアは、国内の3大空港を運営するスペイン系企業を国有化した。国営通信社ABIが18日報じた。

国有化されたのは、スペインの交通インフラ管理会社アベルティス の子会社サブサ。ABIのウェブサイトによれば、サブサはコチャバンバとサンタクルス、エルアルトの3空港を整備する投資を怠ったとして、国有化された。エルアルト国際空港は政府所在地ラパスの空の玄関口となっている。サブサには、スペインの同業アエナ・アエロプエルトスも出資している。

ABIは、モラレス大統領がコチャバンバで記者会見し、1997年のサブサ民営化は「強盗」や「略奪」に等しく、サブサの利益は「法外」である一方、同社による投資は「話にならない」と述べたと伝えた。

スペインのバルセロナに本社を置くアベルティスは電子メールで、ボリビア政府の決定を尊重すると表明。その上で、適切な補償を受け取ることができると信じてるとコメントした。アエナの広報担当者は電話取材に対しコメントを控えた。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MIFY3P6JIJUV01.html

////////////////////////////////////////////////////////////

「世界キヌア年」、ボリビア大統領が多国籍企業批判

2013年02月21日 15:44 発信地:国連本部/米国 

米ニューヨーク(New York)の国連本部で、国際キヌア年の開始にあたって記者会見するボリビアの(Evo Morales)大統領(2013年2月20日撮影)。(c)AFP/Stan HONDA

【2月21日 AFP】国連(UN)は20日、国際キヌア年(International Year of Quinoa、IYQ)の始まりを記念する行事を行い、南米ボリビアのエボ・モラレス(Evo Morales)大統領らが国連総会で演説した。

 キヌアはアンデス地方で7000年前から栽培されてきた穀物で、ビタミンとタンパク質を豊富に含んでいるが、その栽培はヨーロッパからやってきた植民者たちによって長い間禁じられていた。モラレス大統領や多くの専門家らはキヌアが世界的な食糧危機の解決手段になり得ると指摘している。 

 ボリビアのキヌアの年間生産量は約3万8000トン。その3分の2以上が輸出されており、大半が欧米向けとなっている。エクアドルや年間生産量が4万トンを超えるペルーも世界の主要なキヌア生産国だ。

 モラレス大統領は演説の中で、西側諸国のファストフードはがんなどの病気の原因になる「人類への脅威」だと訴えるとともに、ボリビアの主食であるキヌアの発展を妨害しているとして多国籍企業を非難した。

 また、米国に率いられた国際的企業が2013年を国際キヌア年にすることを阻止するために活動してきたと指摘し、「これらの多国籍企業は国際キヌア年を失敗に終わらせようとしている。(国際キヌア年をきっかけに販売量が増えれば)価格が上昇し、彼らがキヌアを入手しにくくなるからだ」と発言。「多くの国際的な食品会社は、食糧生産をコントロールし、支配しようとしている」と述べた。

 一方、国連(UN)の潘基文(パン・キムン、Ban Ki-moon)事務総長は演説の中でキヌアは「用途が広く、おいしい」と述べるとともに、世界キヌア年を機に食料・栄養安全保障、貧困撲滅、持続可能な農業の分野でキヌアが持つ潜在力についての理解が広がることを期待する、と述べたが、モラレス大統領とは違って多国籍食品企業を批判することはなかった。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/economy/2929921/10321810?ctm_campaign=txt_topics

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

食糧危機対策には「キヌア」、ボリビア大統領が力説

2012年06月13日 12:09 発信地:ローマ/イタリア 

南米ボリビアのチャヤパタ(Challapata)で脱穀されたキヌア(2011年2月15日撮影、資料写真)。(c)AFP/Aizar Raldes

【6月13日 AFP】南米ボリビアのエボ・モラレス(Evo Morales)大統領は11日、伊ローマ(Rome)の国連食糧農業機関(Food and Agriculture Organisation、FAO)本部を訪れ、アンデス(Andes)地方で数千年前から食べられてきた穀物キヌア(キノア、キンワとも)は食糧危機の解決手段になり得るとして、その利点を力説した。

 キヌアは栄養が豊富で、健康意識の高い人々の間で人気がある。ボリビアはキヌア生産量が世界で最も多く、国連(UN)も地元農家と有機農業の支援策の1つとしてキヌア栽培を奨励している。

 FAO本部で行われた式典で「キヌア大使」に任命されたモラレス大統領は「世界的な食糧危機に際し、アンデスの人々はさまざまな対応策を持っている。その1つがキヌアだ」と語った。

 自らもかつてキヌアとコカの生産者だったモラレス大統領によれば、米航空宇宙局(NASA)もキヌアを最も栄養バランスが良い健康的な食物として認定したという。「キヌアは宇宙飛行士にとって理想的な食べ物と見られている」(モラレス大統領)

 FAOは2013年を「国際キヌア年(International Year of Quinoa)」と定め、食糧安全保障や栄養状態の改善、貧困撲滅の手段として、この「スーパー穀物」の普及を推進する計画だ。FAOのジョゼ・グラジアノ・ダ・シルバ(Jose Graziano da Silva)事務局長は、キヌアの栄養価を多くの人に知らせたいと述べた。
 
 キヌアはボリビアの他、アルゼンチン、ブラジル、チリ、エクアドル、ペルーでも栽培されているが、世界のそれ以外の地域では近年まであまり知られていなかった。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2883575/9101782

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 キヌア

キヌア(Quínua、学名:Chenopodium quinoa)キノア (Quinoa) は、南米のアンデス地方原産の穀物。

植生・生産 

アカザ科・アカザ属の植物で、アカザやホウレンソウとは同属である。1年草で、草丈は2 m以上にもなるが、近年では1 m前後までしかならない短幹な品種もある。穂は品種により、赤、黄、紫、白など様々な色を呈し、直径2-3 mmの種子を一つの房に250-500個程度つける。この種子を脱穀し食用とする。脱穀した種子は白く扁平な円形をしている。冷涼少雨な気候でもよく育ち、逆に水はけの悪い土地では種子の収量は大きく減る。
チチカカ湖周辺地域が原産地で、現在でもボリビアとペルーで多く生産されている。標高2,500 mから4,000 mにかけての高原地帯で栽培されている。年間生産量は、ペルーで150トン、ボリビアで約3万8000トン、エクアドルで4万トンを超える程度。日本での生産はほとんど無い。
アンデス地方ではインカ帝国時代か、それ以前から栽培されていた。一説には5,000年前から栽培されていたとも言われる。古くから「穀物の母」と称され、重要な穀物であった。
いわゆる痩せた土地でも栽培ができるため、モンゴルなどの気候条件が厳しくもっぱら遊牧が行われてきた地域などでも栽培が試みられている。[1]

栄養

脱穀乾燥したキヌア

キヌアは栄養価が非常に高く、またアミノ酸のバランスが優れていることより、近年ヨーロッパや日本などで健康食品として注目されてきている。
1990年代にはアメリカ航空宇宙局が理想的な宇宙食の素材の一つとして評価し、「21世紀の主要食」と述べている。
タンパク質の含有率が他の穀物と較べて多く、その構成は牛乳と似ている。グルテンを含まないため、小麦アレルギーのような対グリアジンアレルギーを持つ人でも摂取できる。
アミノ酸はリシン、メチオニン、イソロイシンなどの必須アミノ酸を多く含み、その量は白米に匹敵するかそれよりも多い。
粘性の高いデンプンを含むため、小麦粉にキヌア粉を混ぜて使うとコシの強い生地を作る事ができる。
脂質のほとんどがリノレン酸、オレイン酸といった不飽和脂肪酸で、特にリノレン酸はコレステロールの産出を抑制するなど、健康増進に役立つ。なお、キヌアの脂質量は乾燥品で8%程度とあまり高くはない。
コレステロール値を下げる効果がある一方、赤血球を破壊する性質(溶血性)があるサポニンを多く含む。このため、調理には十分な水洗いと加熱を行なったほうがよい。

料理 

ボリビアやペルーでは、スープに入れてよく煮たものを食べる事が多い。煮たキヌアは軽いプチプチとした食感があり、わずかにくせがある。他の食材の味をあまり変えないので、様々な味のスープに合わせる事ができる。現代ペルー料理では、キノット(キヌアのリゾット)にもする。果物と煮て甘い飲み物にすることもある。
また、小麦粉とあわせてクッキーやパウンドケーキやパンの生地にして焼いて食べる事もある。
醗酵させる事により、ビールに似た飲料やチチャのようなアルコール飲料を作ることもある。
日本では、白米に混ぜて炊いて食べるのがブームになったことがあった。キヌアを混ぜて炊いた米は若干粘り気が強く、またいわゆる「薬臭い」香りがする事がある。この独特の臭気を誤魔化すため、炊き込み御飯にするなどの工夫が行われることもあった。
キヌアを用いて味噌や醤油を製造しているメーカーもある。

呼び名

各国語での呼び名は以下の通り。
ドイツ語: Quinua, Reisspinat(米ホウレンソウ), peruanischer, Reismelde(米ハマアカザ), Reis-Gerwacks
アイマラ語: Supha, jopa jupha, juira, ära, qallapi, vocali
チブチャ語: Suba, pasca
スペイン語: Quinua, quínoa, quinqua, kinoa, triguillo(小さな小麦), trigo inca(インカ小麦), malla, arroz del Perú(ペルー米)
フランス語: Ansérine, quinoa, petit riz du Pérou(ペルーの小さな米), quinoa.
オランダ語: Melle, melganzevoet.
英語: Quinoa, quinua, kinoa, sweet quinoa, Peruvian rice(ペルー米), Inca rice(インカ米)
イタリア語: Quinua, chinua
マプチェ語: Quinua
ポルトガル語: Arroz miúdo do Perú(ペルーの小さな米), espinafre do Perú(ペルーのホウレンソウ), quinoa
ケチュア語: Ayara, kitaqañiwa, kuchikinwa, qañiwa, qañawa

国際キヌア年

2013年は、国際連合が定めた国際キヌア年。2月20日には、ボリビアのエボ・モラレス大統領らが国連総会で記念演説を行った[1]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%8C%E3%82%A2

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ボリビアでリチウム抽出本格化 日本が実験

 雨期で水がたまった、世界のリチウム埋蔵量の約半分が眠るとされるボリビアのウユニ塩湖=6日(共同)

 世界のリチウム埋蔵量の約半分が眠るとされる南米ボリビアのウユニ塩湖で、同国と日本による塩水からリチウムを抽出する本格的な実験が23日までに始まった。抽出に携わる外国勢は日本のみで、電気自動車用などの電池に使われるリチウムの争奪戦では優位に立つ。ただ、反米左派モラレス政権はリチウム産業国有化の姿勢を崩しておらず、事業化へは壁がある。

 「リチウムの国営産業化は絶対に失敗できない」。モラレス大統領は今年1月、ボリビアの技術のみでリチウムイオン電池の生産に必要な高純度の炭酸リチウム生産に成功したと発表した。(ウユニ共同)

2013/02/23 17:03 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013022301001697.html

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ティキパヤで「気候変動と母なる大地のための世界民衆会議」開催

放送日: 2010/4/21(水)

ボリビアで開催されている「気候変動と母なる大地の権利のための世界民衆会議」は3日目を迎え、ティキパヤには世界中から代表が集まっています。15000人が参加した20日の開会式の模様をお伝えします。現地取材ならではの、アンデスの民族音楽や踊りが満載の式典をお楽しみください。

先住民出身のエボ・モラレス大統領の開会宣言は、COP15会議で先進国が有効な温暖化ガス削減目標を打ち出せなかったことに対するアンチテーゼとして、それに代わる道を明快に打ち出すものでした。

「我々が進む道は2つに1つです。資本主義が死ななければ、母なる大地(パチャママ)が死ぬ。生き残るのはどちらか?もちろん、ここに集まったのは、生命と人類と 母なる大地のためです。母なる大地よ、永遠に!資本主義に死を!」(中野)

ゲスト
*アンジャリ・カマト/リック・ローリー

字幕翻訳:小椋優子/校正全体監修:中野真紀子・付天斉

http://democracynow.jp/video/20100421-1

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

エクアドル、反米大統領「3選」の理由は?
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/newsphere/2013/02/3-3.html

  [2013/02/20]

 エクアドルで17日に実施された大統領選で、現職のラファエル・コレア大統領が勝利し、3期目を迎える見通しとなった。「革命は止められない!」と声高らかに叫ぶ同氏は、2007年に初当選して以来、ベネズエラのチャベス大統領やボリビアのモラレス大統領ら左派諸国の指導者と共に、社会主義を掲げて「市民革命」を推し進めてきた。その実行力が人気の源となって、政局の不安定な同国で最長の任期を果たしている。今後は、海外からの石油・鉱業投資や社会計画の拡大などによる成果が期待される一方で、権力の集中による独裁政治やメディア規制の強化が懸念されている。

 海外各紙は同氏の再選に対する賛否両論の見解を分析している。

【貧困層を中心に人気】

 コレア氏の人気は、就任以来、最低賃金の引き上げ、貧困・失業率の低下、新憲法の制定、米軍基地の閉鎖などを実現してきたことで培われてきたと、フィナンシャル・タイムズ紙が報じている。ニューヨーク・タイムズ紙によると、人口1400万人の37%が貧困層とされていた2006年に比べ、2011年には28%に減少したという。

 さらに、価格高騰が続く原油の輸出で得た資金を、教育や医療、公共インフラの整備に充てていることから、特に貧困層を中心として絶大な支持を得ているという。実際、ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、原油輸出による歳入増で拡大した社会計画予算は、就任前の2006年の170億ドルから、2012年には630億ドルへと大幅に増えている。貧困層へ支払われる助成金も、月額15ドルから50ドルへ増加されたという。

 「数多くの歴代大統領の中で、ラファエルだけがエクアドルに威厳を与えてくれた」、「税金を盗むだけの以前の大統領とは違い、今は無料で通える質の高い学校などが設立されている」と、同氏の実績を称える国民の声を各紙は取り上げている。

【長期政権による功罪】

 貧困層を中心に支持される大統領だが、長期政権によって権力が偏ることを懸念する人々もいるようだ。特に、コレア氏はこれまで政府に批判的なメディアを弾圧しており、今後はさらなる規制強化で言論の自由が侵害されるのではとの声が挙がっていると、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は指摘している。また、政策が貧困層に手厚すぎると不満を漏らす都市部有権者や、投資が促進される石油・鉱業に対して環境保護を主張する人々の反発が予測されているようだ。

 さらにフィナンシャル・タイムズ紙は、経済政策として多様性を掲げているものの原油依存から抜け出せていない点や、中国からの融資に頼っていることを、弱点として分析している。今後、原油価格の下落や中国の融資限度などの問題が発生した場合にどう対処していくかが問われると指摘している。


海外ニュースをもっと読みたい方は「NewSphere」へ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

中南米カリブ海諸国共同体

20年に識字率を100%

キューバで教育相会議、計画確認

 中南米カリブ海地域の全独立国33カ国でつくる中南米カリブ海諸国共同体(CELAC)は7日、キューバの首都ハバナで教育相会議を開き、2020年までに地域全体で識字率(読み書きできる人の割合)100%を目指す計画を確認しました。各国が取り組む識字運動を地域全体の計画として推進する構えです。(島田峰隆)

 キューバ政府によると、中南米カリブ海地域には約3600万人の読み書きできない人がおり、55%が女性だといいます。

 現地からの報道によると、教育相らは、すでに国民の90%以上が読み書きできる国は15年までに、それ以外の国は20年までに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が定めた非識字克服の基準を達成することを目標に定めました。

 奨学金制度の整備や学術交流の充実のほか、国連中南米カリブ経済委員会(ECLAC)の協力を得て、地域内で実践されている非識字克服の運動や公教育政策の経験を各国が共有することも議論になりました。

 キューバのディアスカネル閣僚評議会副議長は同日、「各国の国民が歴史や文化について知識を得ることなしには公正な社会をつくれない」と語り、教育充実をCELACの柱とする姿勢を示しました。

 中南米カリブ海地域では、米国主導で弱肉強食の新自由主義が押し付けられた結果、多くの国が公教育を放棄。学費の高い私立学校に通えない貧困層は最低限の教育も受けられず、今も読み書きできない成人がいます。最近は新自由主義からの脱却を掲げて国民生活を優先する政権が増え、非識字克服に取り組んでいる国も多くあります。1960年代に非識字を克服したキューバに加え、最近はボリビア、ベネズエラ、エクアドルなどが非識字を克服しました。

 キューバは先月末にチリで開かれたCELAC首脳会議で議長国になりました。ラウル・カストロ国家評議会議長は議長国就任にあたり「教育は経済社会発展の基礎だ。非識字は達成可能な目標だ」と述べていました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-02-10/2013021001_03_1.html 		 	   		  


CML メーリングリストの案内