[CML 022808] 【報告】第677目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 2月 25日 (月) 07:31:40 JST


青柳行信です。 2月 25日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第677日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 2月24日現在 総数2743名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
☆  さよなら原発!3・10福岡集会
     http://bye-nukes.com/fukuoka 
 ・チラシは九電本店前ひろばにあります。
 
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
今日は Terra 小屋で 子どもの歌や 世界の歌のコンサートがありました。
のんびりした時間を 過ごすことができました。
あんくるトム工房
子どものうた、世界の歌 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2301
食べ過ぎちゃった    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2300

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆手づくりの風車のような地域型 個人の見えるエネルギーめざそう(左門 2・24−212)
  ※小坂さん『九州原発ゼロへ、48の視点』さんの御意見を受けて。

 ☆ペレットを燃料にすれば発電所・製材・林業の一石三鳥(左門 2・25−213) 
  ※同前。荒れたままの森林を復活させることとエネルギー対策と山紫水明の確保と、 
    エイモリー・ロビンズさんの提言を全面的に受け入れたいものです。 

★ 西山進 さんから: 
青柳行信様
 毎日のメールありがとうございます。
 3月10日のビラまきご苦労さまでした。季節もいいし、たくさん集まるといいですね。それにしてもアンクル・トムさんの粘りつよい追求力に敬服しています。あの力はどこから出
るんでしょう。誰にも命じられたわけでもなく、六面はっぴの活躍。私も今日漫画ビラを作りました。月曜日テントにお持ちします。
 とにかくにぎやかにやりましょう。どう考えても原発を動かすのは危険です。老朽化も進むわけですから、やっぱり人間とは共存できません。多くの市民がテントの前をとおり声
をかけていくような姿にしたいですね。九電の社員も子供や奥さんがいるんだから、玄関まで下りて、お茶でも飲んでいけばいいんですよ。『やっぱり原発はだめだ」ときっと共感
してくれると思います。
 TPPで関税は前提にしないといいながら、「車の輸入税は据え置く、小麦、米の輸入税をはずすなら別だが」とアメリカ。 『電気量値上げがいやなら、原発再稼動を認めろ』
と同じ理屈です。危ない危ない。安倍の「あ」はアメリカ、「べ」侍ったり。やっぱりですね。
 多くのところで原発事故避難訓練をしていますが、牛や豚、野菜や果物、魚たちは非難できません。
「死ねというのですか」人間って理不尽ですね。     

★ 増井 さんから: 

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます
昨日の朝日新聞では、これから3.11に向けて、「東日本大震災2年」とう特集記事を掲載し続けるとして、その第一回目が次の記事です、1面、3面、39面社会面と大きな紙面を割い
ています、
1.「原発防災計画遅れ、「めど立った」5割 156首長調査(アンケート)}朝日デジタル2月24日
⇒http://www.asahi.com/national/update/0223/TKY201302230213.html?ref=nmail
記事「朝日新聞が各原発から半径30キロ圏にある自治体の首長156人にアンケートしたところ、来月18日の期限までに「めどが立った」と答えたのは約5割にとどまった。現
政権による原発ゼロ政策の見直しが進む中、危険性と直接向き合う地域の対策の遅れが浮き彫りになった。」
・・・次のところで原発毎に検索ができます、 
2.「原発30キロ圏自治体の首長結果、原発ごとに詳しく」
http://digital.asahi.com/articles/TKY201302230213.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY201302230213
・・・あのフクシマを経験しての首長の認識にはあきれますが・・・・
情報として、
3.「情報集約の仕組み急務=枝野元官房長官インタビュー」
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013022400070
記事「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の拡散予測が生かされなかったことに関し、枝野氏は「明確に文部科学省の問題だ。私にすらシステムを
使っていると言わなかった。意図的だと思う」と文科省を非難。当時の菅直人首相の対応については『東電に乗り込まなければ、情報が官邸に来ないまま物事が進んでいた。マイナ
ス部分も間違いなくあるが、功罪相半ばする』と指摘した。」
・・・・・官庁組織の非常識、原発を握る電力会社の異常さを伝える言葉として、うけとめておこう、原発事故がどこかでもう一度この日本で起きると、福島の比ではないとてつも
ない事態になり世界中が汚染されるということを意味しているに等しい。
被災地フクシマでは、
4.「【国策への異議17】難しい専門家選び 司法、どう向き合うか」福島民報02/24 11:27
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/02/post_6341.html
・・・・・昨日の弁護士の話の続きです。
5.「基準値超の食品控えた結果、内部被ばく線量が低下」福島民友2月24日
http://www.minyu-net.com/news/news/0224/news11.html
・・・・・・昨日の小野俊一医師の講演を聴いた後にこのような記事をみると、そんなことが割っているなら、今すぐにも被災地産の食べ物の摂取をやめるべきだが、そういうと風
評被害を助長すると非難されるのがいまの日本の状況・・・。
6.「【全県】環境放射能の調査結果(栃木県発表)」下野新聞(栃木県の地方紙)(2月24日 17:35) 
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20130224/988001
記事「▼空間放射線量率(24日午後5時。単位はすべてマイクロシーベルト/時。地上1メートルで測定。宇都宮(下岡本町)のみ高さ20メートル) 」・・・・【参考】国が示した
基準値は空間放射線量率換算で0.23マイクロシーベルト/時」
 ・・・・この最後にある国の参考値という数字がそもそもおかしい、通常の自然界の数値は0.05よりもずっと低いはず。各地の線量、高さ1メートルのところだから、その下の地面
はこれの数倍になるか、中でも福島県に接する那須は異常に高い。

今届いた西日本新聞では、30面に、
7.きょうの九電の「でんき予報」として86%とあるのみです。
・・・朝日新聞とはえらい違いですね。

今朝は、しんぶん赤旗もはやい時間に届きました、
14面に、震災・原発特集ぺージがあります、
8「原発事故『避難指示区域』外 東伝の賠償 超定額 政府と合作 幕引きねらう」
・・・・・・福島県の地図で4色に色分けされた区域を示して、賠償額に差をつけて、かつ幕引きをねらっていることを大きく報じています。安倍首相が「とても収束とはいえな
い・・」と言いいながら、現地では不当な対応です。被災した全域では、一律に他の地域で生活を確立できるだけの金額を保証すべきです。もう戻ってまともな生活できないのです
から。

★ 松枝正幸「さよなら原発!佐賀連絡会」さんから:
青柳行信様、こんばんは。ご無沙汰しております。
<九電担当者を呼んでの「電気料金値上げ説明会」のご案内>
3月2日(土) 午後2時〜4時
 佐賀市民会館(佐賀市水ケ江、県庁東300m)
  参加費無料(会場でカンパをお願いします)
なぜ値上げ?・・どうして再稼動?
今回の値上げに疑問をもっている人・おかしいと思っている人
九州電力に質問と意見をぶつけてみませんか
主催:さよなら原発!佐賀連絡会  
(問合せ090-4345-9770田口、0952-84-5516 松枝)

★ 大島 さんから:
今晩は、青柳さん。
いつも大切な情報を流して下さって本当にありがとうございます。
署名集めをしている為時間が余りなく、
隅から隅には目を通せませんが有り難く拝見しております。

既に御承知かも知れませんが、
私の元に拡散希望メールが回って参りましたので
転移でお届けさせて頂きます(重複となりましたら本当に申し訳ありません)
鎌田博さんのフェイスブックの記事が拡散希望で回ってきました。
鎌田さんが、フクイチの現場で頑張って働いている東電社員の友人から直接聞い
た情報です。
下請け労働者の劣悪な労働条件と違法行為の横行については、マスコミにも取り
上げられていますが、現場の東電社員の声はなかなか知ることができません。
労働組合があって守られていると言われる社員の現状です。
下記のページに転載されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/chikako_5155/10348930.html
転移終わります。
また、下記の情報2つも回って参りましたのでお知らせさせて頂きます。
----------------------------------------------------------------------------
グリーンピースが原発メーカーに責任を取らせる為の署名を集め始めました。
「原発にもメーカー責任を」
http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/nonuke/main/
責任をあいまいにできるから、原発ビジネスが拡大
----------------------------------------------------------------------------
「新基準ほぼクリアで伊方原発が再稼働の1番手に 規制委、骨子案了承」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130207-00000088-san-soci

現在伊方原発を止める会さんが署名を集めておいでです。
http://www.ikata-tomeru.jp/wp-content/uploads/2012/06/130101shomeiyousi.pdf

私は下記から苦情を送りました。
愛媛県庁公式ホームページ
http://www.pref.ehime.jp/
----------------------------------------------------------------------------
沢山の運動、ご活躍 いつも本当にありがとうございます。
今年一番の冷え込みとなっておりますようですので
どうかお体を大事になさって下さいませね。


★ 安間 武 さんから:
-----------------
原発関連情報
-----------------
■「100万人に1人」の甲状腺がんが福島で多発 〜都内で緊急デモ〜
(JanJanBlog 2013年2月23日)
http://www.janjanblog.com/archives/91960

■原発事故・福島告訴団 「検察は起訴しろ、東電は自首しろ」
(田中龍作ジャーナル 2013年2月22日)
http://tanakaryusaku.jp/2013/02/0006708

■「フクシマ記念日」:人間の鎖はアリエージュの町をぬけて
(フランスねこのNews Watching/阿修羅 2013年2月21日) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/395.html

■ 【福島県の子ども甲状腺がん検査】結果が悪化しているのに
『調査の打ち切り・短縮をすべき』 県民健康管理検討委員会
(日々雑感  2013年2月21日)

■福島第1取材で「赤旗」除外=東電
(時事通信 2013年2月21日)
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/377.html

★ 浦田龍次 さんから:
以下の様な催しを3月1日、湯布院・原っぱカフェで開催しますので、
関心のある方はぜひご参加ください。
なお、会場が小さいので、要予約、25人までとなります。
どうぞよろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ドイツ放射線防護協会・会長
プフルークバイル博士を囲んでのQ&Aティートーク
「ドイツの放射能専門家は今の日本の状況をどう見る?」
(通訳付き)

○日時:2013年3月1日(金)19時〜21時
○場所:原っぱカフェ(大分県由布市湯布院町川上1525-12)
    tel 0977-84-2621
○参加費:1000円(ワンドリンク付)【要予約】25名様まで
○参加申込:090-7580-8031 浦田まで

来日中のドイツ放射線防護協会・会長プフルークバイル博士が
また湯布院を訪れてくれることになりました。

福島原発事故から2年。
日本の放射能汚染の状況を見つめ続けて来た
ドイツの放射線研究の専門家、プフルークバイル博士に、
今の日本の状況をどう見るか、
じっくりとお話を伺いたいと思っています。

今回は、小さなカフェでみんなでお茶を前に、
こじんまりと、ざっくばらんに、
Q&A形式でいろんなやりとりをする場にしたいと思っています。
映像資料などもその場で見られるようにプロジェクターも準備しました。
会場は25人ぐらいしか入れないため、先着25名様までとなりますが、
どうぞご関心のある方はご参加ください。

<セバスチアン・プフルークバイル博士>
(Dr. Sebastian Pflugbeil)プロフィール
物理学博士。1947年生まれ。
ドイツ放射線防護協会会長。
ボンにあるオット・フーク放射線研究所会員、
欧州放射線リスク委員会(ECRR)理事。
1989年以前、旧東ドイツの学術アカデミーで
医療関係物理学を仕事分野に。
1989年以後、ドイツ統一の過程の中、
暫定政府であった「円卓会議」で大臣として入閣。
統一直後、ベルリン市議会議員となる。
チェルノブイリ事故の諸結果についての専門家。

★ 池上 さんから:

★ 高須裕彦 さんから:
私が参加している「セーブキッズ・江東 放射能からこどもを守る会」で小児科医の
山田真さんの講演会を開催します。ご関心ある方はご参加を。
    ***
3.11から2年
小児科医からみた放射能と子どもたち
山田真さん講演会

と き:3月24日(日)午後2時〜5時
ところ:東京労働安全衛生センター 4階会議室
(東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル4F、JR亀戸駅東口から徒歩7分)
http://www.toshc.org/access.html
参加費:500円

主 催:セーブキッズ・江東 放射能からこどもを守る会
    http://yaplog.jp/savekids/
協 力:東京大学情報学環 佐倉研究室

八王子で小児科医として40年以上開業している山田真さん。その間、常に弱者と向き
合ってきました。2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所事故、
それを受け、山田さんは福島へ飛び、福島の子どもたちの健康相談をしました。また、
東京でも、避難してきた子どもたちの健康相談を行っています。

そのような活動もしている山田さんに、東京で暮らす子どもたちの低線量被曝と健康
への影響について語っていただきます。子どもたちのこれからの健康と私たちはど
う向き合っていけばいか、山田さんのお話をもとにして、共に考えたいと思います。
質問時間も用意しました。お子さまと一緒にぜひご参加下さい。
チラシは以下からダウンロードできます。
https://docs.google.com/file/d/0B9JKqwekl-X_OTBYLUF6RHNrMkE/edit

高須裕彦 一橋大学大学院社会学研究科
フェアレイバー研究教育センター
http://www.fair-labor.soc.hit-u.ac.jp/
Labor Now
http://www.jca.apc.org/labornow/


○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

★ 『九州原発ゼロへ、48の視点』
申し込み者は氏名・住所・電話記載して
★九電本店前ひろばテント青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jphttp://ameblo.jp/yaaogi/

● さよなら原発!福岡例会 ●  
日 時:3月5日(火)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   地図: http://tinyurl.com/94fdcvh
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● さよなら原発! 3・10福岡集会とサウンドデモ  
 日 時:3月10日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 
住 所:福岡市博多区上川端町
    地図:http://tinyurl.com/6rr76od
主 催: さよなら原発! 3・10福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう! 九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
ホームページ http://bye-nukes.com/fukuoka 
賛同カンパ送り先:郵便振替 番号 01770−5−71599
加入者名 さよなら原発! 福岡
賛同金一口 500円(何口も可・大歓迎)
…ツイッターやFaceBookなどでもぜひ拡散をお願いします!

● 原発労災・梅田隆亮さん第5回口頭弁論 ●
日 時:3月13日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(1748)当座26149691

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆        
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内