[CML 022807] 「3.30土地の日」集会へ

長船 青治 pencil at jca.apc.org
2013年 2月 25日 (月) 05:34:32 JST


各位さま

早いもので、2002年3月30日に、桧森孝雄さんが日比谷公園かもめの噴水前で焼
身決起してから11年が経とうとしています。本年も、かも めの噴水前で献花・
献杯を捧げ、ささやかながら故人を偲ぶ催しを行いたいと予定しております。
故人と縁のあった方もなかった方も、お気軽にお集まりください。多数集まって
いただいたほうが、故人も喜ぶでしょう。
また、このメールは拡散されてかまいません。

◎集合
2013年3月30日(土) 午後5:00 日比谷公園かもめの噴水前 香川県の県木
オリーブの前
◎予定
集合→献杯→一言→二次会へ(二次会の場所は未定)
◎当日担当
遺影→ムキンポ/ハンドマイク→長船/線香→鷹嘴/酒→小松
ほか、各自持参
◎お問合せ先
(3月29日まで)03-3812-4645(風塵社)

※
ぼくはたぶん老人ホームに3時着で松田政男さんを迎えに行き4時半には「かもめの噴水」前に
行けると思います。
その足で軽四で拡声器はすぐ近くの「経産省前テント」まで借りに行きます。
桧森さんの「横断幕」と「パレスチナ旗」の設営は私がやります。
またいつものごとく二次会の「こだわり山」は8時前には出て門限の9時に間に合うよう
彼を送り届けたいと考へています。
昨年暮れに予告した拙作私小説の「パレスチナに献花を」は現在ゲラ刷り校正の段階です。
当日までには出版に漕ぎ着けれると思いますので当日は皆さんにはサイン入りでご寄贈さし
てもらいます。
※

私小説『パレスチナに献花を』の出版にあたって
作・長船青治
れんが書房新社・刊
定価・1470円

おそらく仮説を立てて見るという方法は、人々を取り巻く猥雑な日常でしなくとも良い
苦労をたしかに軽減してくれるという古来からの知恵であるという事一つ取っても
人々を心の牢獄からしばらくの間だけでも解き放つことができるのではないかと月並みな
言葉ですが「書き上げることができて良かった」と思っています。
この小説は、実は2006年の3月30日「土地の日」に日比谷公園「かもめの噴水」前でやった
「第5回・桧森孝雄追悼集会」でそれまで約50回に及ぶ「対駐日イスラエル大使館抗議行動」
の中間総括としてその日提出しようとしたものでした。
その後更に50回を重ねて100回を越えた頃から参加メンバーの誰からともなく「ただ意地で
続けているだけだ、もうここら辺で止めよう。」という声が何度かありました。
しかし、意地だけで続けることにも十分意義があるという共通の認識を確認して私たちは
3ヶ月に一度だけやることにしました。
本年3月30日の「第10回・桧森孝雄追悼集会」までには出版に漕ぎ着ける予定です。
昔、ミニコミを置いてもらった新宿「模索舎」と京都「梁山泊」に置いてもらう予定です。
皆さんの御存知のミニコミや少部数出版書籍を置いてくれる市民運動系の「お店」がありまし
たらぜひご連絡ください。
長船より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
長船 青治
〒197-0023 東京都福生市志茂28番地
Tel&Fax: 042-552-8223
Cel: 070-5300-0161
pencil at jca.apc.org
http://www.facebook.com/seiji.w.osafune
http://twitter.com/sosafune
Blog「耳根円通法解説」
http://www.jca.apc.org/~pencil/
<東日本大震災緊急支援市民会議の記録>
http://seijiosafune-shushu.blogspot.com/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



CML メーリングリストの案内