[CML 022788] 【報告】第676目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 2月 24日 (日) 08:30:34 JST


青柳行信です。 2月 24日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第676日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 2月23日現在 総数2743名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
☆  さよなら原発!3・10福岡集会
     http://bye-nukes.com/fukuoka 
 ・チラシは九電本店前ひろばにあります。
 
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
昨日は天神パルコ前で 3・10のチラシをまきました。
参加者5名 チラシ 150枚 配布です。
あんくるトム工房
3月10日のチラシ 配布  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2298

★ 小田博子(埼玉から福岡に疎開)さんから: 
青柳行信さま
もともと線維筋痛症を患っています。
病気に対する放射能の影響を懸念していたのですが、
事故後半年くらい経ってから悪化してきて、
埼玉にはもう住めないと覚悟を決め、去年の4月に疎開してきました。

持病の悪化とともに電磁波過敏症がひどくなってきて、
一時パソコンがまったくできなくなっていたのですが、
いろいろと対策を立てて、ようやく少しできるようになりました。
放射能による被曝は、自分の病気や電磁波過敏症、
そのほかの病気ともおそらく関係があると思います。
次の日時で、健康ラボラトリー準備会主宰で、
電磁波過敏症の情報交換会を開きます。放射能の影響も、少し話す予定です。
「電磁波過敏症ってどんな病気?」
会場:コミセンわじろ(JR博多駅から鹿児島本線で6つめ、
各駅停車か快速に乗り「福工大駅前」下車。徒歩0分。改札の前に入口があります。)

2月27日(水)14時から16時 コミセンわじろ第2和室 参加費:300円
(内容)
・増える電磁波(高圧線、携帯基地局、携帯電話・パソコンなど)
・どんな健康被害が出るの? 
*原因がわからない頭痛、不眠、耳鳴り、疲労感、身体の痛みは、電磁波が原因かも。
・国による規制・各国の比較
*アメリカ・ヨーロッパ・ロシアではどんな規制をしているか。日本の規制は?
・すでに症状が出ている人のために:身体が楽になるには
*自分でできる対策
*電磁波を遮断するさまざまな製品
*放射能被曝との関係

「NPO法人健康ラボラトリー」準備会とは・・・ 
これまで電磁波過敏症や化学物質過敏症、慢性疲労症候群や線維筋痛症などは、なかなか病気と認められず、また別べつの分野で扱われてきたために、共通する症状に注目が集まる
ことはありませんでした。でも調べてみると、これらには共通点が多く、そこに共通の発生メカニズムが存在するという研究も、海外では進んでいます。
日本では、さまざまな診療科は縦割りになっていて、多彩な症状への研究もなかなか進みません。医療がカバーしきれない分野で、患者が助け合い、海外の研究も参考にしつつ、情
報を共有し、調査や研究を行い、そこで得られた知識を自分たちを守るために役立て、かつ必要なことは行政や国に要望していくことを目指して、準備会を立ち上げました。
連絡先 080−3381-0126 小田博子
第1回「線維筋痛症について」は1月25日に行いました。

★ 増井 さんから: 
 鳥飼かおるさんへ
 とっても面白い投稿ですね。
 しかし東京〜福岡へ舞い戻った私は、博多のあけすけなところが大好きです。
 東京では、しかともないのに高いブランド品を身につけることがステータス 
で、値段を聞けば下品と軽蔑されるのが日常。
 まあ、洋服や装身具の値段を聞いてもすぐ答えるのが関西以西かな。
 「ケ丘やしゅうゆだけが高校やナイトよ」と反抗するのも博多の人間。
 右翼の巨頭もいれば極左・無政府主義の伊藤野枝を生んだのも福岡ですから、 
今も女性解放運動は地道に息づいてますよ。
 夫婦別姓、DV被害者駆け込みシェルター、婚外子差別問題、母子家庭支援、外 
国人女性による外国語教室…
 そしていろんな土地の人、外国人も、さまざまな文化も受け入れる風土があり 
ます。
 ぜひ帰って来て一緒に活動しませんか? 

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
どうして、よその国にいって、こんなことを約束してくるのでしょう。
1.「安倍首相、原発ゼロ見直しを伝達=シェールガス輸出要請−日米首脳会談」時事通信02/2310:23 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013022300134
記事「2030年代の原発稼働ゼロを目指すとした民主党政権の政策について『ゼロベースで見直し、責任あるエネルギー政策を構築していきたい』と説明した。『米国とは原子力
協力のパートナーとして緊密に連携していきたい』とも語った。」
・・・・よその国に行って、いい顔をつくってなんと言うことをしてくるのか・・・とんでもない。
 続いて被災地フクシマ 地方紙福島民友の記事、
2.「ベント前、敷地外も高線量 福島第1原発」(02/23 10:00) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0223/news6.html
記事「東京電力福島第1原発事故で、2011(平成23)年3月12日に1号機の原子炉格納容器の圧力を下げるために蒸気を排出した『ベント』が行われる前に、原発敷地外の
複数の地点で通常時を大幅に上回る高い空間放射線量を計測していたことが、22日までの県の調べで分かった。震災が発生した同年3月11日午後以降、原発敷地内にとどまら
ず、周辺でも放射線量の上昇が確認されていたことが、あらためて裏付けられた形だ。」
・・・先ず地震で壊れていた・・・。
2.「富岡、葛尾が3月下旬にも避難区域再編」(02/23 10:00)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0223/news5.html
3.「県庁敷地に『仮置き場』検討 除染土壌を一時保管」(02/23 09:35) 
http://www.minyu-net.com/news/news/0223/news2.html
4.「先行除染で線量減 大熊の農地、表土削り取り」(02/23 09:35)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0223/news3.html
・・・・“除染”“区域再編”をしても汚染状態はなくならない、もっと抜本策を。
他紙、
5.「福島の山や川 元に戻らない 農家の苦悩 人形劇に託す」東京新聞2月23日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2013022302100010.html
記事「福島第一原発事故から二年近くたった今も、放射能の影に悩まされる地元の農家たち。山と土の恵みを受けて作物を育ててきた福島県田村市の農家らは、生活が一変する中、
苦闘を続けている。・・・・・<山も川も元には戻らない。放射能は簡単に消えない。たくさんの涙が今も流されている…>・・・・希望を抱かせる結末、ではない。これが現実
だ。怖いのは、事故が忘れ去られること。『体の動く限り、私の反原発運動として上演し続けていく』」
・・・と記事は結んでいます。
6.「【国策への異議16】司法判断分かれる 差し止め認めても自戒」福島民報2月23日
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/02/post_6337.html
記事「福島第一原発事故から5年前の平成18年3月。井戸は金沢地裁に勤務していた。石川県にある北陸電力志賀原発2号機の運転差し止めをめぐる訴訟の裁判長だった。
 原告は住民ら135人、被告は北陸電力。井戸は判決で原告の訴えを認めた。・・・原発に対して、司法が出した初めての運転差し止めの判断だった。・・・・・・『原発で事故
が起こる可能性が考えられたので、差し止めの判決を出した。ただ、その可能性は何%か、ごくわずかだと思っていた。しかし、たとえ低い可能性でも、もし事故が起これば、甚大
な被害を及ぼすのだという意識が判決当時、まだ足りなかった。感覚が甘かったと思い知らされた』
・・・福島の事故を経て、自戒したと。
7.「前町長の発言を謝罪 双葉町議会議長ら」福島民報2月23日11:04
⇒http://www.minpo.jp/news/detail/201302236796
記事「・・・・7日の会見で井戸川前町長は『県内の)放射能はやはりひどいと思う』と述べ、『いわきの放射線量が高いと考えているということか』との記者団の問いに「ええ」
と答えていた。」
・・・・なぜ謝罪、井戸川町長の認識が正しい・・・。
8.「6陣営が激突へ 混戦必至の「双葉町長選」福島民友2月23日10:25
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0223/news11.html
9.「ベラルーシの取り組み報告 福島市視察団」共同通信2月23日
http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/02/post-7342.html
記事「旧ソ連(現ウクライナ)で1986年に起きたチェルノブイリ原発事故後の放射線対策を学ぶため、昨年11月に隣国ベラルーシを訪れた福島市民らの視察団が23日、同市
内で報告会を開き、現地の医療体制や放射線教育の現状について議論した。」
次に、反核運動の記事、
10.「ビキニ事件59年で講演 『魚の汚染、調査広げて』」共同通信2月23日
⇒http://www.47news.jp/feature/kyodo/news05/2013/02/post-7343.html
記事「1954年3月1日のビキニ事件から59年を迎えるのを前に『3・1ビキニ記念のつどい』が23日、東京都内で開かれ、水口憲哉東京海洋大名誉教授が、東京電力福島第
1原発事故による水産物の汚染について「魚を食べるためには、一人一人が事実に基づいて考えるしかない。そのために調査の範囲をもっと広げるべきだ」と講演した。『回遊など
魚類の行動によって汚染の度合いは違い、後に出てくるものもある。調査を止めさせてはならない』と訴えた。」
他国では、
11.「核廃棄物施設で新たな漏出、タンク6基で 米ワシントン州」CNN.co.jp 2月23日(土)15時59分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-35028653-cnn-int
記事「放射性物質を含む液体や汚泥を収容する、同様の工法で造られたタンク全ての安全性に深刻な疑問が生まれたとの懸念を表明した。・・・・問題のタンクは単殻の構造だとい
う。・・・・ハンフォードの貯蔵施設の広さは約1518平方キロで、敷地内には計177のタンクが地下に据えられ、今回問題が起きた方式のタンクは149個となっている。
ハンフォードでは1943年、米国が原子爆弾を開発した『マンハッタン計画』の一部が始められ、数千人規模の要員が移ってプルトニウム製造などに当たった。」
・・・・核の廃棄物の問題は深刻です。1943年から貯蔵しているものです、福島のあのタンク群は将来どうなるのでしょう?
11.「原発16基の増設計画発表=核協議前に揺さぶりか―イラン」時事通信 2月23日(土)19時7分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-00000094-jij-m_est
記事「・・・・イランと国連安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国の協議が26日にカザフスタンのアルマトイで開かれるのを前に、新たな原発計画を公表することで、核開発では
妥協しないとの姿勢を示す狙いがあるとみられる。」
次に、この事件の続報です、
12.「福島第1公開“「赤旗」排除の考えない” 東電会見 『今後、取材の機会検討』」しんぶん赤旗2月23日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-02-23/2013022301_02_1.html
・・・・東電は、最初からやり直せ。

昨日の朝刊の記事紹介漏れ、新聞社のネットにはないので次の記事で確認ください。
13.「糸島市がヨウ素剤配備へ」NHK2月23日
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka/lnews/5015718471.html
記事「・・糸島市は玄海原発で事故が起きた場合、原発から半径30キロ圏内に住むおよそ1万5000人に、市外へ避難を求める一方、それより外に住むおよそ8万5000人は
建物の中に避難することを基本としています。」

今届いて西日本新聞では、2面に、1.の記事に関連して、
14.「原発政策 再検討加速 首相 米に「ゼロ」見直し表明」
・・・ネットに記事はありません、“エネルギー政策の変遷と見通し”と題して7月までの工程表を掲載しています。
32面に
15.きょうの九電の「でんき予報」として85%とあります。
・・・・きょうも関連記事がないに等しい。

昨日の誤字訂正 9.の記事中、
誤「病院から非難せずに住んだものを」⇒正「病院から避難せずに済んだものを」

★ 北島 さんから:
2月24日、原発労働者や除染労働者の労働相談ホットラインを開催します。私も相談の対応いたします。
賃金未払いの原発労働者、収束作業員の仲間がおられましたら、ぜひご相談を。秘密厳守、無料です。
この取り組み、ホットライン当日になってしまいましたが、ぜひ拡散にご協力ください。
////////////////////////
被ばく労働者に安全と権利を!
原子力発電所・除染作業で働くあなたの労働相談ほっとライン
2013年2月
※放射線、放射能からの防護策は万全ですか?
※放射線管理手帳は交付されていますか? ※自分の被曝量の把握は?
※危険手当(特殊勤務手当)は、正当に支給されていますか?
 (除染特別区域での作業では、日当と別に1日に付1万円が国から出ます)
※約束と違う労働条件を強制されていませんか?(宿泊費は?食費は?)
※健康診断費や講習費は会社が負担していますか?※不当な解雇や差別は?
※宿舎の環境は?食事は? ※宿舎〜現場の運転も仕事です。労賃は?

集中相談実施します(相談無料・秘密厳守)
《来所、労働相談》
被ばく労働ネット:24日9時〜15時、原発・除染労働で労働相談、いわき市、小名浜地区労働組合評議会にて。
0246-73-8118に事前連絡してからおいでください。給与、手当から放射線防護や健康管理、契約上の問題まで。
秘密厳守、無料。 http://www.hibakurodo.net
《電話相談》
被ばく労働ネット:24日9時〜15時、原発・除染労働の電話相談ホットライン
0246-73-8118、090-6477-9358、090-6688-3740にて。
給与、手当から放射線防護や健康管理、契約上の問題まで。秘密厳守、無料。
http://www.hibakurodo.net
《上記の日以外での電話相談》
090-6477-9358、090-6688-3740、090-6750-0915
被ばく労働を考えるネットワーク 全国一般労働組合全国協議会

★ 前田 朗 さんから:
「ネット右翼の思考を理解するには」をブログにアップしました。
http://maeda-akira.blogspot.ch/2013/02/blog-post_9761.html

★ 消費男  仮面ライダー さんから:
 <反原発は文化闘争>
子どもをリサイクルマートに売ってきました
妻も一緒に(子供が淋しがらないように
私はパチンコに夢中のあまり
(気がつい(たら(たら(たら(たら(たら
サラ金に10(社やも(借(金(ついでに闇金(にも(してました
「闇金融の人は裁判所なんか関係ないですからね。眼に見えない放射能くらいこわいですね。」
3・11もゆ(夢(ではありませんでした

迷い込んだ帰還困難なバリア空間で
男(は(は(は(は(つ(つ(は((っっ))m
笑い死にしたとさ

別の男はコンビニのトイレで
首を括って 糞たれて
い(息・・・)m 絶え(た

シミンハ イツモ ムカンシン
ニ センノウ サレテイマシタ

今から一万年前(存在(していた
銀河系に青く(光っていた
壊滅した(地球の(お話し(し(し

死に((     ))mました
原子(力(発電(所とともに)m(無知)の
星の男

★ 池上 さんから:
他のMLに流れていたものですが,どうぞ。
NO NUKES MAGAZINE プロジェクト
http://coalitionagainstnukes.jp/?p=2551
まだまだ原発が無いと電気が足りないなどと信じている人が多すぎます。
原発などいらないばかりか、あってはならないことをアピールするために
読みやすいリーフレットを用意しました。
是非ご活用ください。
NO NUKES MAGAZINE Vol.1 BASIC編
みんなのぎもんにわかりやすく応えます。
NoNukesMagazine2
1.いま日本で動いている原発の数は?
2.原発がなくなると停電するって本当?
3.原発は安価なエネルギー?
4.原子力の代わりになるエネルギーは?
5.放射能汚染の現状は?
6.なぜ「即時廃止」を主張するのか。
内容の確認は
<http://coalitionagainstnukes.jp/wp-content/uploads/2013/01/NoNukesMagazine.
pdf> こちらのPDFファイル(NoNukesMagazine.pdf 743KB)で!
(実物は4折で正方形になります)

★ 佐藤三郎 さんから:
■皆様 先日NHKでも取り上げられた三重の村上真平さんの映像と講演の集
いが迫ってきましたので、お知らせします。 重複して受け取られる方はご容赦くだ
さい。
 2月2日、NHKEテレ(2チャンネル)で「心の時代(再) 原発禍の飯〓村を離れ農
に生きる 村上真平」(1時間)の放送がありました。映像では若く見えますが、村
上さんは1959年福島県田村市のうまれ。1982年から海外協力の道に入り、インド・バ
ングラデッシュ・タイ等で20年にわたり、自然農法の普及と持続可能な農村開発の活
動に関わり、2002年に帰国、飯館村に入り自然農業・自給自足をベースとするエコビ
レッジづくりを若者たちと共に始めました。
 苦闘10年、取組が軌道に乗りかけた2011年3月11日原発事故発生、翌12日飯館村か
ら避難、村上さんの母校である愛農学園(三重県伊賀市にある日本唯一の有機農業を
学ぶ私立農業高校)キャンバスに受け入れてもらい、また一からの取組が始められて
います。 村上さんはこう言っています。 
 「現代社会は、自然を壊し、人間の命を使い捨てする生き方をしています。その最
たるものが原発です。その意味で、フクシマは自然(神)からの警告だと思います。
そのメッセイジを謙虚に受け止め、刹那的、破壊的、無責任な生き方を止め、新しい
生き方に向かう起点となれるか、否か。 今なくして、セカンドチャンスはないと思
います」。
 
 神戸で、村上真平さんのお話を聞ける機会があります。
自然と人間社会の在り方について、きっと目から鱗の落ちる思いに出合えると思いま
す。是非おいで下さい。
■2月24日(日) 13時30分〜16時30分 神戸市勤労会館307号(JR三宮駅東南5分)
 「アジアの農村、福島・飯舘から見た日本〜自然を収奪せず、人を搾取せず生き
る」お話:村上真平さん(自然農業者) 資料代500円) <主催 憲法の改悪に反
対する元教職員ひょうごネットワーク T・F 078-733-3560(佐藤三郎)

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

★ 『九州原発ゼロへ、48の視点』
希望者は氏名・住所・電話記載して
★九電本店前ひろばテント青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jphttp://ameblo.jp/yaaogi/

● さよなら原発!福岡例会 ●  
日 時:3月5日(火)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   地図: http://tinyurl.com/94fdcvh
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● さよなら原発! 3・10福岡集会とサウンドデモ  
 日 時:3月10日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 
住 所:福岡市博多区上川端町
    地図:http://tinyurl.com/6rr76od
主 催: さよなら原発! 3・10福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう! 九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
ホームページ http://bye-nukes.com/fukuoka 
賛同カンパ送り先:郵便振替 番号 01770−5−71599
加入者名 さよなら原発! 福岡
賛同金一口 500円(何口も可・大歓迎)
…ツイッターやFaceBookなどでもぜひ拡散をお願いします!

● 原発労災・梅田隆亮さん第5回口頭弁論 ●
日 時:3月13日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(1748)当座26149691

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆        
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内