[CML 022741] 【みんなでつくる新しい政治 ― 希望ある未来を】 2/20 長谷川羽衣子公式HPオープン! 鎌仲ひとみ監督からも応援メッセージ‏

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2013年 2月 21日 (木) 13:06:11 JST


【2/20 長谷川羽衣子公式HPオープン!】 
http://www.hasegawauiko.com/ 
長谷川羽衣子公式HPをOPENしました。政策や映像などのコンテンツはこれからどんどん充実させて行きます。どうかシェアをお願いします♪鎌仲ひとみ監督からも応援メッセージをいただきました。 

<鎌仲ひとみ監督からの応援メッセージ> 
何もかもが問い直される時代に、政治もまた根底から問い直されています。政治への希望を一から作り直すためには前と同じことをしていてはできません。挑戦的で、本質的な提案ができる、長谷川さんを私は心から応援します。緑の思想や女性性こそが日本の政治にかけているからです。―鎌仲ひとみ 


みんなでつくる新しい政治 ― 希望ある未来を 
  
  
脱原発を導いたドイツ緑の党―日本にも緑の党を 

2011年3月の福島原発事故は、多くの方々の生活や健康を脅かすとともに、これから生まれる子どもたちに大きな負の遺産をもたらしました。事故を受けて、子どもを持つお母さんたち、若者たちが日本各地で立ち上がり原発の廃止を訴えましたが、政府は市民の声に耳を傾けることなく、現在でも脱原発は実現していません。 
  
  
女性と若者が社会を変える  
  
ドイツを脱原発に導いた緑の党は、「女性と若者の党」として生まれました。原発や核兵器、環境破壊、格差や差別に反対して立ち上がった女性や若者が緑の党の政治家となり、具体的な政策を実現することで、ドイツの社会と未来を大きく変えたのです。  
  
  
みんなでつくる新しい政治  
  
ほんの一年前まで政治活動には無縁だった私ですが、原発事故をきっかけに立ち上がった人びと、特に女性や若者のエネルギーが政治に向かわなければ社会を変えることはできないと強く感じ、緑の党の結成に参加、共同代表となりました。全国の緑の仲間と共に、民主的な党運営などを実践しながら、新しい政治の在り方を追及しています。  
  
  
持続可能で多様な社会へ―3つのe!  
  
私が特に力を入れて取り組んでいるのは、脱原発・エネルギー、経済、そして女性・多様性・参加型民主主義です。これらの政策を、「energy」「economy」「empower」の3つに分け、「 e みらい政策」としてまとめました。脱原発・エネルギーシフトと持続可能で実効性のある本当の経済政策を実現し、女性をはじめ多様な人々がもっと参加できる政治と社会を目指します。  
  
  
希望ある未来を  
  
私たちにとっても、そして子どもや孫の世代にも希望ある未来をはぐぐむために、みなさんと一緒に、楽しく力一杯、政治に取り組みます。私の挑戦をきっかけにもっと多くの人びとが、緑の党を土台として政治に立ち上がってくれることを心から願っています。  
  


緑の党 共同代表 長谷川羽衣子                                      		 	   		  


CML メーリングリストの案内