[CML 022677] 新刊『見捨てられた命を救え!(PART2)― 3・11後、2年目の警戒区域のアニマルレスキュー 』発行のお知らせ

MAKOTO KONISHI shakai at mail3.alpha-net.ne.jp
2013年 2月 17日 (日) 12:40:23 JST


社会批評社の小西です。

星 広志さんの『見捨てられた命を救え―3・11アニマルレスキューの記録』につづく
最新刊、

●『見捨てられた命を救え!(PART2)ー 3・11後、2年目の警戒区域のアニマルレス
キュー 』(定価1575円)
は、来週・2月23日、全国書店発売ですー小社の直販で本日から発売(送料・手数料無
料)
ぜひ、御購読をお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*3・11後、数千の牛・豚などが「殺処分」され、数十万の牛・犬・猫たちが置き去りに
され、餓死したフクシマ原発警戒区域……、この本は、その飢えと渇きの中、助けを待つ
動
物たちを救出した感動の物語です(「PART1」に続く続編)。

*そして、3・11後2年、未だフクシマには、数千の助けを待つ動物たちが……。そのレ
スキューを写真(約300枚)とルポで描く。ー原発で大被災したのは、ヒトだけではな
かった!
*飢えと寒さの中で待ち続けるフクシマの動物たちのために、この本を「PART1」と同じ
く、全国・全世界へ広めて下さい!

●1/28、この本の著者、星 広志・星礼雄の親子が、福島県警に原子力災害対策特別
措置
法違反事件などで、不当にも逮捕されました。理由は、アニマルレスキューのためにフク
シマ
警戒区域に違法に立ち入った、とするものです。
2/17現在、長期の勾留が続いています。フクシマ原発被災の実態を押し隠すために、
またも
や、この原子力災害対策特別措置法の適用という法律の悪用が始まっています。なぜか、
これに対
してメディアは沈黙です! 詳細はFacebookのページにあります。
http://www.facebook.com/y0kohoriguchi/notes

■本書の内容「はじめに・目次・表紙」などは下記のサイトでお読み下さい。
  版元ドットコム http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-907127-01-5.htm
■お知らせ!
 2012年1月、小社発行の『見捨てられた命を救え―3・11アニマルレスキーの記録』
(PART1)など3冊が第28回「梓会・出版文化賞特別賞」を受賞しました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■(株)社会批評社 東京都中野区大和町1-12-10 電話03-3310-0681 ファクス
03-3310-6561
shakai at mail3.alpha-net.ne.jp
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/shakai/top/shakai.htm
[社会批評社・新刊好評発売中]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・
●『本土決戦 戦跡ガイド(part1)―写真で見る戦争の真実』(小西誠著)本体1600円
●『復興支援ボランティア、もう終わりですか?―大震災の中で見た被災地の矛盾と再興』(中原
健一郎著)本体1500円
●『見捨てられた命を救え―3・11アニマルレスキューの記録』(星広志著)本体1500円
●『フクシマ・ゴーストタウン―全町・全村避難で誰もいなくなった放射能汚染地帯』
(根津進司著)本体1500円
●『サイパン&テニアン戦跡完全ガイド―玉砕と自決の島を歩く』(小西誠著)本体1600円



CML メーリングリストの案内