[CML 022665] ボランティアが見た南相馬

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2013年 2月 16日 (土) 14:04:07 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 1ヶ月で帰る予定だったボランティアが、1年半経った今も活動をしています。
 
 東日本大震災により地震と大津波、福島第一原発事故による放射能汚染に見舞
われた福島県南相馬市で活躍するボランティア水野誠人さんは、当初1ヶ月で活
動を終える予定でした。しかし、想像を越えた悲惨な状況に直面した水野さんは
「やるべき事がたくさんある」と、南相馬市に住み込んで活動を続けてきました。
 
 自分の助けを必要とする被災者はまだいる、と休むことなく活動をする水野さ
んの姿をテレメンタリーが追います。
 
 テレメンタリー
 
 3.11”を忘れない「ボランティアが見た南相馬」
 http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/
 
 放送日:2月18日
 放送時間は各地で異なります。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内