[CML 022663] 隠された黒い雨

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2013年 2月 16日 (土) 13:42:08 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 映画にもなった井伏鱒二の小説「黒い雨」は、広島での原爆投下直後、強い放
射能をふくんだ物質が混じった「黒い雨」が降り、それを浴びた人々が戦後、放
射能障害で死んでいく様を描きました。
 
 広島に続いて原爆が投下された長崎でも「黒い雨」が降りました。長崎市北東
部にある間の瀬地区は、「黒い雨」が降った地区です。雨を浴びたあと、髪の毛
が抜けた、ガンや白血病で次々に死んでいった、と地区の人々は証言しています。
 
 しかし、「黒い雨」の存在を認めない日本政府は間の瀬地区の「黒い雨」を浴
びた人々を「被爆体験者」とし、医療費を支給していません。
 
 放置されてきた「黒い雨」を取り上げます。
 
 なお、この番組は九州・沖縄限定です。
 
 ドキュメント九州
 
 「隠された黒い雨」
 http://www.tnc.co.jp/dq/
 
 
 放送日:2月17日
 
 放送時間は各テレビ局で異なります。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 
 
 


CML メーリングリストの案内