[CML 022655] 【報告】第668日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 2月 16日 (土) 07:48:59 JST


青柳行信です。 2月 16日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第668日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 2月15日現在 総数2731名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】2月15日8名。
     金繁典子 佐藤潤一 森永幹也 平良行雄
     俵野陽一郎 谷口陽子 榊原正好 大塚 厚  
☆  さよなら原発!3・10福岡集会
     http://bye-nukes.com/fukuoka 
 ・チラシは九電本店前ひろばにあります。
 
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
汚染水のタンクのたくさんあることにまず驚きました。
持って行き場のない汚染水、高濃度放射能汚染水、
東電は 薄めて海に放出しようとしています。
きちんと保管して 安全な場所に埋めてしまうことが大事です。
あんくるトム工房
持って行き場のない汚染水 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2284
来んしゃい 金曜 脱原発 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2285
  金曜日の 抗議も 今日は人が増えました。

★ 橋本左門 さん <無核無兵・毎日一首> から:
 ☆前田トミさん「原発いらぬ」と首相あて毎日ハガキを送りたまひし(左門 2・16−204)
  ※『48の視点』永野隆文さんの御文章を読んで知りました。石の心の歴代首相
   には届きませんでしたが、その真心の営みが「日本の心と文化」を優しくするのです。
   安倍首相は「美しい日本」などと、自分の心の本質と反対の宣伝をしていますが、
   前田さんのお心は日本の心を美しく優しくしてくださいました。私たちも続きましょう! 

★ 山根知子 さんから:
「暮らしと原発を考える上映会・学習会――今、ここから未来を育むために」ご案内
日 時:2月17日(日)13時から
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://tinyurl.com/94fdcvh
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

  2011年の夏に九電前ひろばで出会ったことが初めのきっかけで、
それから活一緒に動を続けている若年者メンバー
(ぴゅぶりっく・プロジェクト&ひろば・「楽しい節電ライフ」)で、
来月イベントを開催します。
      ********
「暮らしと原発を考える上映会・学習会――今、ここから未来を育むために」

  2011年3月11日に起きた東日本大震災とその後の原発事故から、間もなく二年。
原発に頼りながら電力を大量消費して暮らす、今の社会を問い直し、
それぞれの足元から未来を育んでいくために、

(1)映画『シェーナウの想い』鑑賞
ドイツ南西部の小さな村・シェーナウ。チェルノブイリ原発事故後、
「自然エネルギー社会を子どもたちに」という想いから活動を始めた村民たちが、
ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を追った映画です。

(2)「九州LOVERS」代表、木村雄一さん講演
「我が子のために安全な未来を育みたい」という想いで、福島県から家族で避難してきた木村雄一さん。
「今も残る人たちの食を支えたい」と、佐賀県で野菜を作り、無償で送る活動を始めた現在までの、
被災者、被曝者、避難者としての体験談を話して頂きます。

(3)映画『松下竜一・日出生台2000〜2004 いのちきの思想』鑑賞
復刊された『暗闇の思想を』をはじめ、開発の美名の下で犠牲とされる地域の「生活者」の視点から、
闘いと思考を続けた記録文学者の故・松下竜一さん。
映画で語られる「現場で抗議の声を上げる理由」には、今なお多くの人が心を揺さぶられるでしょう。

(4)「草の根の会」代表・「竜一忌」主催者、梶原得三郎さん講演
松下さんの「盟友」として、共に反対運動を行った梶原得三郎さん。
昨年の「竜一忌」で行われた小出裕章さんの講演が、
『今こそ“暗闇の思想”を』として出版されるなど、足元の「草の根」を見つめ直し、
今何を始めるべきかを話して頂きます。

 なお、上映会・学習会の参加費は一人500円、定員50名となっております。
☆申し込み・問い合わせ先:
ひろば・「楽しい節電ライフ」 hiroba.setsuden at gmail.com
または 上野(090-7382-9151)

★  金子譲 さんから:
【Oneness TVアーカイブ:来んしゃい金曜!脱原発 第32回抗議行動(2013/2/15)」】
毎週金曜日の東京の官邸前抗議行動にリンクする形で福岡で始められた
脱原発抗議行動の32回目。
http://t.co/1g3VFpdk

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も東電の虚偽説明関連の記事から、次々と新事実が明らかになります、
1.「東電、昨年1号機4階を調査=『連携ミス』で公表せず−虚偽説明問題・福島第1原発」時事通信02/1600:21
⇒ http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500905
記事「・・・東電は15日、同年11月30日に同階の現場調査を行っていたことを明らかにし、その映像を公開した。・・・12年に実施した1号機4階の調査をこれまで公表し
なかった理由について、東電の尾野昌之原子力・立地本部長代理は記者会見で「社内の連携ミスによる」とした。・・・東電は12年11月の調査では、使用済み燃料プールの水が
流れ込む排気管で、水漏れを防ぐための4階天井付近にある金属板がゆがんでいるのを目視確認できたと説明。出水は復水器破損によるものではないとした。」
・・・ますます、怪しい、津波の前に壊れていた可能性があったので隠したんではないですか、組織全体が隠蔽体質をもって動くようになっている結果ではないか。
次に被災地フクシマをめぐる一連の記事、
2.「本県沖サヨリの出荷停止 基準値超のセシウム検出」福島民友(02/15 09:40)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0215/news7.html
記事「・・・政府は14日、原子力災害対策特別措置法に基づき、本県沖のサヨリについて出荷停止を県に指示した。サヨリの出荷停止指示は初。本県沖の魚介類で出荷停止となっ
たのは41魚種目。」
・・・・さよりはごく浅いところで、ただようように生活する、海の汚染は相当に広がっているか・・・。
3.「東北電力値上げ 被災地、消費者や企業悲鳴」河北新報 2月15日(金)6時10分配信 
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130215-00000004-khks-soci
記事「・・『先の生活が見えない中での値上げは大きな負担。原発事故で避難させられているのに、電気料金の負担増を強いられるのはおかしい。被災者が忘れられているようだ』
東京電力福島第1原発事故で福島県双葉町から福島市の仮設住宅に避難している無職堀井五郎さん(65)が嘆いた。」
これに対して政府は、
4.「『政府の直接補助考えず』=東北電値上げで−茂木経産相」時事通信02/1511:39 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500345
記事「・・・東日本大震災の被災地が対象となる東北電力の料金値上げ申請について『国民全体の負担により電気料金を直接的に補助することは考えていない』と述べ、政府が値上
げ分を補填(ほてん)するといった負担緩和措置は取らない考えを示した。その上で、『被災地ではさまざまな経済的な影響が出ており、総合的に国として支援をする』と強調し
た。」
除染等の公共工事にお金を使う記事が次々と、
5.「住宅除染、実施はまだ2割=福島以外の自治体−環境省」時事通信02/1517:09 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500652
・・・・まだ膨大な費用を投入している、帰れる見込みを立たないのに・・・。
6.「帰還困難・居住制限の両区域 公共事業、国が代行へ」河北新報(2/15 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/02/20130215t61001.htm
・・・・結局、膨大な費用を投入する事業をどんどん政府の直接指揮でおこなうということ。
7.「除染期間を1年延長 南相馬市、進捗率わずか1%」河北新報(2/15 06:10)⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/02/20130215t61006.htm
8.「決定経緯を早期に検証=指定廃棄物の候補地選びで−石原環境相」時事通信02/1513:36 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500435
記事「同県の福田富一知事と省内で会談した。その中で、民主党政権時の建設候補地の選び方について検証し、結果を早期に報告する考えを示した。」
福島原発の再稼動問題、
9.「原発再稼働の議論できない」=福島県議長が退席−自民調査会」時事通信02/1516:35
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500616
記事「・・・自民党は15日、エネルギー政策を議論する「資源・エネルギー戦略調査会」(会長・山本拓衆院議員)を開き、14道県でつくる「原子力発電関係道県議会議長協議
会」(会長・西谷洌青森県議会議長)と原発政策をめぐり意見交換した。・・・原発再稼働に関する質問が相次ぎ、福島県の斎藤健治県議会議長は『再稼働を進める会合に聞こえ
る。福島の原発事故をまず収束させることを政府の責任でやってほしい』と批判。その上で『再稼働をよその県で行うのは反対しないが、一緒に議論はできない』と述べ、途中退席
した。」
・・・他県のものはよいというのも変、心底から「原発はだめ」、となぜ言い切れないのか。
10.「建屋内除染ロボを公開=夏にも福島第1に投入−東芝」時事通信02/1521:00 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500854
・・・・日立、三菱とともに業績がよい、原発企業がこういう面でも儲かる仕組み、このロボットも、そのうちに施設内で立ち往生して作業を妨げるかも。
次に電力会社の動き、
11.「融通能力30万キロワットに増強=中部電」時事通信02/1519:10 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500791
記事「・・・東清水周波数変換装置(静岡市)の能力を、30万キロワット(従来13万5000キロワット)に増強したと発表した。この結果、東京電力や電源開発の周波数変換
装置も含めた融通電力の総容量は120万キロワットとなる。」
12.「関電、争う姿勢=大飯原発差し止め訴訟−福井地裁」時事通信 02/1512:49
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500041
記事「・・・15日、・・・関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の安全性が保証されていないとして、県内の住民ら154人が関電を相手に運転差し止めを求めた訴
訟・・・・関電側は請求棄却を求める答弁書を提出し、争う姿勢を示した。」
国会・政府等の動き、
13.「田中原子力規制委員長を承認=任期17年まで−国会」時事通信02/1512:15
h⇒ttp://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500042
・・・参院でも通過です。 
14.「シェールガス輸入で1兆円保証=LNG調達コスト削減を支援−茂木経産相」時事通信02/1512:51
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500412
記事「・・・茂木敏充経済産業相は15日の閣議後記者会見で、価格の安いシェールガスの開発・輸入など民間プロジェクトに対し、総額1兆円の債務保証を優先的に行う方針を明
らかにした。 」
15.「新しい海洋研究船が進水=東北沿岸の生態系調査−海洋機構」02/1516:28
 ⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013021500609
・・・・海の中の調査はどのように進める・・・。

今届いた西日本新聞では、13面に紙面の3分の2をつかって、
16.「原発の新安全基準骨子」を図解入りで報じています。
それを受けるように、12面経済欄に関連記事が並びます、
17.「『世界最高水準』原発新安全基準 九電、対応これから」「7月再稼動へ『大急ぎで』」西日本電子版02月16日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/12647/1/
18.「原発ゼロ 見直し開始へ 経産省 来月調査会 新基本計画7月以降」02月16日 西日本電子版03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/12628/1/
・・・・・これらの見出し、まるで新たな“安全神話”の出発のような表現です。
他の電力関連記事、
19.「九電 給与5%削減提案 労組に 退職金、年金見直しも」西日本電子版02月16日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/12644/1/
20.火力の入札 東電が開始 説明会に50社」
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/348346
21.「「新連携事業」に九州の7社認定 中小機構、太陽光発電関連など」西日本電子版02月16日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/12639/1/
32面33面では新年度の福岡市の予算の記事、「エネルギー政策部」の新設などの言葉が並んでいます。
37面、
22.きょうの九電の「でんき予報」は85%とあります。
同じ面に、気になる記事があります、
23.「被災郵便ポスト、西表島へ漂着 宮城から2400キロ」 西日本2月15日 18:07
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/34839
・・・・・黒潮で海流は北上していると思い込んでいたら、とんでもないということでしょうか、東電福島第一で汚染された海の水も広域に予想もしない汚染を引き起こしているか
もです。
最後に紙面にはないが、次のような記事がネットにあります、
24.「次世代エネ事業に1・5億円 薩摩川内市の当初予算案」西日本電子版02月16日 03時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/12648/1/
記事「・・・・市に立地する九州電力川内原発の停止長期化で冷え込む地域経済の緊急対策事業や推進中の次世代エネルギー導入に関連する事業を積極的に盛り込んだ。」

★  天文学が嫌いになった仮面ライダー さんから:
福島原発人災事故の終息は
天文学的な銭(ぜに)と歳月がかかり
その 電力会社の役員等の報酬(給料)は
ワーキングプアのオイラの報酬
会社内の正社員からのイジメの報酬もふくめ
15年分を超えそうな
て て てててててて
て 天文学的な給料じゃねえのか

俺は天文学は解らないのに
天文学的に天文学が嫌いになった
なあ あ〜ん
なんか 言ってみろ
九電社長さんよ
あ〜ん 拝

★ 川崎順哉  さんから:
<アジア一の後進国日本>
青柳様
先日、テント関係者が九電との間で行った
【九州電力電気料金値上げに対する申し入れ 回答説明会】。
これを元エジプト大使館勤務の女性に教えたところ、
以下のような」返事が返って来ました。

>いや〜、大変な会合でしたね、
>九電は、出来の悪い小学生が、ずるをして、
>友人の宿題を書き写したものを、
>教室でしどろもどろに発表しているみたいです。

更に
>本当に「困ったちゃん」の人々は
>人の言うことに易々と引っかかること。
>そして、彼等は自問をしない。
>政府の言ったことを故もなく信じ、それが正しいと考え、
>一般市民が何を語っていることを理解しようともしない。
>正確にいえば、なにも「理解」出来ないのです。
>自分で思考することをしないから。

実に鋭い意見だと感服しました。
尚、九電の関係者がYouTubeで公開されてる事実を知らないようです。
いつもメールに書いていますが、
この多くの無関心な国民はなんとか為らんのモノかと。
先だっても【官邸前の金曜日デモに参加したドイツ・バイエルン州の「緑の党」】。
これをハンブルクの友人に知らせたのですが、
日本人として極めて恥ずかしい思いをしました。
諸外国の干渉を受けないと決断を下せない日本。
まさに「高校の制服を着た中学生」ではないかと。
自ら始めた侵略と戦争で敗戦国と成った日本は、
その敗戦処理という「尻拭い」も出来なかった。
情けないの一言です。

★ 松元保昭 さんから:
長文ですので、前・後、2回に分けてお送りしますが、
ご笑覧いただければ幸いです。

【日本人の倫理を問う】(前)
http://tinyurl.com/d6kwgdn
▼はじめに―嘘と責任
▼嘘と誤魔化しの現実
▼自然の復権―パチャママ法の実現

【日本人の倫理を問う】(後)        
http://tinyurl.com/c3eh9me
▼倫理と希求を押し潰してきたサムライ日本
▼希望は自然と共に―責任倫理と民 族形成の課題

★ マスコミ9条の会・おおさか から:
「2年目の3・11を前に フクシマを問う」
主催:マスコミ9条の会・大阪
日時:2013年 2月16日(土)午後1時30分から
場所:エルおおさか・大会議室  大阪市中央区中央区北浜東3−14    
    (大阪市営地下鉄 谷町線 天満橋駅 から 徒歩5分)
講師:今中哲二・京都大学原子炉実験所助教
   井戸謙一・弁護士
今中さんは、小出裕章氏ら“熊取6 人組”の一人。チェルノブイリ原発事故
の現地に何度も足を運び、
人々の暮らし、子どもへの影響などを研究してきた。
近著に『低線量放射能被曝〜チェルノブイリから福島へ』(岩波書店)がある。

井戸さんは、金沢地裁判事として北陸電力志賀原発の住民勝訴判決を下した。
滋賀弁護士会所属の弁護士になってからは福島・郡山の子どもたちの被爆を
めぐる住民訴訟の母親たちの代理人。福井原発再稼働停止訴訟の弁護士。

内容: 東日本大震災・原発事故から間もなく2 年、被災地の復興は遅々として
進まず、福島県では県内外への避難者は16 万人で、放射能被害は東日本を中心に全国に
広がっています。
にもかかわらず福井・大飯原発の再稼動、青森・大間原発建設再開など
処理方法のない「核のゴミ」は増え続けようとしています。
一方、「原発ゼロ」への世論と運動がかつてなく高まるなかで、
私たちはどう考え、どう行動したらいいのか。
集会では放射能の危険から子どもたちをどう守るかを中心に、ともに考えたいと
思います。
資料代; 一般 1000円 (学生・障がい者 500円)
問い合わせ先; 吉田一典 Tel.090-5647-8218
事前予約は不要です。

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発!福岡例会 ●  
日 時:2月20日(水)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   地図: http://tinyurl.com/94fdcvh
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● さよなら原発! 3・10福岡集会とサウンドデモ  
 日 時:3月10日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 
住 所:福岡市博多区上川端町
    地図:http://tinyurl.com/6rr76od
主 催: さよなら原発! 3・10福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう! 九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
ホームページ http://bye-nukes.com/fukuoka 
賛同カンパ送り先:郵便振替 番号 01770−5−71599
加入者名 さよなら原発! 福岡
賛同金一口 500円(何口も可・大歓迎)
…ツイッターやFaceBookなどでもぜひ拡散をお願いします!

● 原発労災・梅田隆亮さん第5回口頭弁論 ●
日 時:3月13日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(1748)当座26149691

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆        
         午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
    <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内