[CML 022547] 本日2/10(日) NHKスペシャル「"核のゴミ"はどこへ~検証・使用済み核燃料~」 

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2013年 2月 10日 (日) 03:24:23 JST


紅林進です。

本日2月10日(日)、NHK総合TVのNHKスペシャルで
「"核のゴミ"はどこへ~検証・使用済み核燃料~」
という下記の番組が放送されるとのことです。
 
下記解説を見る限りは、「自公・安倍政権」の誕生にも
関わらず、かなり突っ込んだ内容(?)になりそうです。
 
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0210/index.html

(以下転載)

NHKスペシャル
"核のゴミ"はどこへ~検証・使用済み核燃料~

2013年2月10日(日) 午後9時00分~9時49分総合

3つの建屋が爆発した、福島第一原子力発電所の事故。
原子炉とともに危機的な状況に陥ったのが、莫大な放射能
を持つ使用済み核燃料の貯蔵プールだった。原子炉の稼働
によって生じる使用済み核燃料は、全国の原発などに貯蔵
され、その量は1万7千トンに達している。国が、使用済み核
燃料を資源として貯蔵・再利用する、核燃料サイクルを推進
してきたためだ。しかし、サイクルの要となる青森県六ヶ所村
再処理工場は、トラブルの連続で操業開始を延期し続け、
高速増殖炉「もんじゅ」も、1995年の事故以来、ほとんど
動いていない。さらに、再処理に伴って生じる高レベル放射
性廃棄物を埋設処分する場所も決まっていない。国は、3兆
円近い経済効果をうたってきたが、唯一名乗りを挙げた高知
県東洋町では、激しい反対運動が起こり挫折。原発事故後、
さらに状況は厳しくなっている。こうした中、去年末に誕生した
自公・安倍政権は、「前政権下の原発ゼロ政策の見直し」
「核燃料サイクルの継続」を表明。使用済み核燃料、高レベル
放射性廃棄物が再び大量に増え続ける懸念が出てきている。
もはや、使用済み核燃料や廃棄物から目を背けることはでき
ない私たちの社会。重い課題と向き合う、世界各国の事例も
交えて伝え、次世代に負担を先送りしない方策を探る。 

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0210/index.html             


CML メーリングリストの案内