[CML 022482] 【報告】第658日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2013年 2月 6日 (水) 07:31:00 JST


青柳行信です。 2月 6日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第658日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 2月5日現在 総数2718名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  さよなら原発!3・10福岡集会
    http://bye-nukes.com/fukuoka 
  
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
チラシができたことを ブログに載せました。
必要な方は テントまで取りに来てくださいと告知しました。

原発再稼動の動きを封じ込めていきたいですね。
原子力規制庁は でたらめなところですね。
情報は漏らすし、田中をトップに据えようとするし。

3.10を大きく盛り上げて、原発をストップさせてしまいましょう。
あんくるトム工房 
さよなら原発のチラシ http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2269

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆原子力非常事態宣言発令中この現実を忘れていないか(左門 2・6−194)
  ※忘れていない人と、気づいたひとたちが「官邸前行動―連帯行動」「座り込み」に 
   参加しています。気づく人・立ち上がる人・座り込むを増やすことが大事です。 

★ 金子 譲 さんから:
【Oneness TVアーカイブ:関西大弾圧をはねかえそう!2月3日全国集会】
市民運動への弾圧・不当逮捕に対する大阪での抗議集会。
1:58分ごろからのデモでのモジモジ先生と山本太郎さんの真剣に怒りながらもユーモアあふれる表現に注目。
http://t.co/R7izrMMv

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も規制委の動きから、はじめます、
1.「再発防止へ内規改正検討=報告案漏えい問題−規制庁」時事通信02/0519:19 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013020500882
記事「規制委の内規は、職員が単独で電力会社などと面談することを禁じているが、名刺交換などを想定した『儀礼上のあいさつ』は例外で、面談しても公表していなかった。名雪
元審議官は、単独での面談で日本原電常務らから報告書案の事前提供などを求められていた。改正案では、あいさつを公表対象にすることも含め検討している。」
・・・・いくら規則を作っても守れないのでは、原子力ムラの体質が染み付いている。
2.「規制委人事、来週にも承認=自民、民主が同意方針」時事通信「02/0519:52 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013020500876
次に、電力会社の動き、
3.「追加データで反論=敦賀活断層で規制委に−日本原電」時通信02/0519:48 
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013020500905
・・・いつまで続けるのでしょう。いつのまにかうやむやにされえるかも・・・。
次の記事もひどい、2月5日の朝刊にありました、
4.「中部電、原告の浜岡原発見学を拒否 『会社の方針』」朝日新聞デジタル 2月5日(火)18時44分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130205-00000036-asahi-soci
記事「中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の市民見学を申し込んだ同県袋井市の男性が、同原発の運転終了を求めた訴訟の原告であることを理由に中部電から見学を拒否されてい
たことが、4日わかった。竹野さんは2011年7月、同県湖西市長ら34人が同原発の運転終了を主張して静岡地裁に提訴した訴訟の原告の1人。ただ、同じ訴訟の原告で、同県
牧之原市議の大石和央さん(58)は、市議団としてこれまでに3回視察している。」
被災地フクシマ 福島民友では、
5.「請求あるまで通知 原発事故賠償で東電」(02/05 09:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0205/news5.html
記事「東京電力は4日、福島第1原発事故損害賠償で、被災者が損害を知って3年で賠償請求権が消滅する「消滅時効」の考えについて、3年の起算時期を、事故発生時ではなく、
被災者が東電から請求書やダイレクトメール(DM)を受け取った時期とし、被災者の請求権をなくさない方針を強調した。」
・・・・当然です、放射線が消えるまで認めるべきです。
6.「山下氏、長崎大復帰へ 福島医大副学長、非常勤に」(02/05 09:50)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0205/news10.html
・・・何があったか、大変な健康被害の拡大に一役買った可能性大の“ミスター100ミリシーベルト”が長崎大にご帰還されるそうです。でも、まだ非常勤で残る・・・。
7.「大熊町に情報記録システム 高線量地域調査で活用へ」(02/05 09:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0205/news7.html
記事「ふくしま市町村支援機構は4日、大熊町に高線量地域での道路被災調査などで威力を発揮する道路情報支援システム(通称・RISS)を贈った。」
8.「県『生活拠点課』新設へ 仮の町整備を加速」(02/05 08:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0205/news1.html
他紙では、
9.「13市町村、緊急防護区域に 地域防災計画修正案示す」河北新報(2/5 06:10)
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2013/02/20130205t61013.htm
記事「福島県は4日、福島第1、第2両原発周辺の13市町村を原発事故時に避難を検討する緊急防護措置区域(UPZ)に位置付ける県地域防災計画原子力災害対策編の修正案を
示した。13市町村は原発の立地する双葉、大熊、富岡、楢葉の4町と第1原発事故で避難区域となった南相馬、田村、いわき、浪江、広野、川俣、飯舘、葛尾、川内の9市町村。
原発の半径30キロ圏をUPZと定める原子力規制委員会指針に沿って範囲を広げた。」

今届いた西日本新聞では、5面に、
10.「新型原発の安全性強調 韓国、新古里3号公開」西日本2月5日
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/346851
記事「韓国の全原発を運営する韓国水力原子力(韓水原)は5日、南東部・蔚山で建設中の新古里原発3号機の内部を海外メディアに公開した。同機は出力140万キロワットの新
型の国産加圧水型軽水炉。韓国は同炉を原発輸出の主力と位置付けており、輸出拡大に向け安全性をアピールする狙いもありそうだ。」
・・・・この国も、多数の事故を繰り返しながら、「安全」といい続ける・・・。
20面福岡都市圏に再生エネ関連記事が3つあります、
11.「福岡市 市施設で太陽光発電 民間に屋根貸し出し検討」西日本電子版2月6日
⇒http://qbiz.jp/article/12140/1/
12.「西区のメガソーラー発電 8日から稼動 政令自治体 初の直営」西日本電子版2月6日
⇒http://qbiz.jp/article/12141/1/
13.「再生エネ本格導入」 福岡市 下水処理場と浄水場 新年度」
・・・ネットに記事が見当たりません。
26面社会欄の下方に、6.と同様の記事があります、27面に、
14.きょうの九電の「でんき予報」は84%とあります。

★ 清重伸之(東京都東村山市)さんから:
友人のみなさまへ  
岐阜県の「核融合実験」について、より詳しい資料が届きました。
実験で出たトリチウムを、茨城県へ運び海へ放流する、恐ろしい計画です。
ご一読の上、どうぞ署名にご協力ください。
↓以下転送。 
●岐阜県で核融合実験
放射性物質トリチウムが、1回で4億2920万ベクレルも発生。
わが家から4キロの施設で 。
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11460174243.html

「核融研の重水素実験、地元同意へ 年度内にも協定」
http://www.asahi.com/national/update/1120/NGY201211200005.html

多治見を放射能から守ろう!市民の会
(署名用紙、一般市民向けのチラシ等があります)
http://t-mamorou.digi2.jp/index.html

(署名用紙の「多治見市」は二重線で消して頂ければ他県、他市の方でも良いそうです)
集めて下さった署名は、下記へお送りください。
岐阜の子供を守ろうと、十数年も闘い続けていらっしゃる方が代表です。
〒507−0077 多治見市幸町6−26−19
「多治見を放射能から守ろう!市民の会」 井上敏夫 0572・29・1096
 *

以下は9分30秒の辺りから2分間、
小出先生が核融合の危険性と将来性について明言しています。
2011年12/1(木) 大阪毎日放送ラジオ 小出裕章氏 音声12分
http://www.youtube.com/watch?v=uu31ANx5cyc&feature=player_embedded

「嘘ばかりついてきた核融合研究者」
こちらのサイトは少々過激ですが、詳しく載っています。
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/384.html

「トリチウム:健康との因果関係 
 ガン、遺伝子・生殖への影響、発達異常、腫瘍 低線量でも影響大」
http://rengetushin.at.webry.info/201301/article_13.html

核融合科学研究所が開いた、昨年の市民説明会の質疑応答
http://tinyurl.com/a6wg78s

 ●放射性物質トリチウムの処理方法が7頁めに記載されていますが、
 恐ろしい事に実験で発生したトリチウムを含んだ水の回収方法は
 日本アイソトープ協会がこの水を回収し、茨城県まで運び、
 人体に影響のない低い濃度のものだから、そのまま海に流すということです。

2013年1月18日岐阜県知事への申し入れ書
http://rengetushin.at.webry.info/201301/article_16.html

※下記引用です
核融合研は「公正中立な第三者の専門家、市民」から構成されている安全評価委
員会で、重水素実験の安全性が確認されたとしています。(中略)

しかし、この安全委員会の委員16名について調べたところ、核融合推進の専門
家が5名、原子力を推進してきた専門家が5名含まれています(資料2)。

すなわち、委員の過半数を超える専門家は核融合研の理解者で占められており、
重水素実験の安全確認は既定の結論でした。

さらに、委員のなかには、核融合研の重要事項を審議・決定する核融合研の運営
会議のメンバーである人さえいます。「公正・中立」とは名ばかりです。
  ========
周りに気付かれない様静かに進めてきた為、大変な事態にも関わらず、
県内外、地元ですら認知度が異常に低いです。
署名集めも困難な状況となっている様です。
加えまして時間もなく、切羽詰まった状況です。
お忙しい中本当に恐縮ですが、
どうかどうか、お名前一つでも力をお貸し頂けませんでしょうか。

私も岐阜県に住んでおります一市民です。
どこかの団体に所属しているという訳ではありませんが(HPとも無関係です)
個人として出来る事を精いっぱいしようと思っております。大島(岐阜県民)

★ 杉原浩司 さんから:
5日(火)午前に行われた「名雪事件」の緊急署名提出と交渉についての
阪上武さん(フクロウの会)による報告と呼びかけメールを併せてご紹介
します。提出と交渉には私も参加しましたが、出てきた規制庁官僚の態度
は横柄そのもの。重大スキャンダルを引き起こしたことへの反省のかけら
もありませんでした。自浄能力まったくなし。第三者機関による調査とそ
れが終わるまでの新安全基準骨子策定の中止を、がんがん要求していきましょう。

【IWJによるUstream中継アーカイブ】 この態度!ぜひご覧ください。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/56394

★なお、8日(金)13:30〜16:30には原子力規制委員会の新安全基準検
討チームの「有識者ヒアリング」が行われます。本来なら基準骨子案のと
りまとめの前に開くべきものでした。国会・政府事故調、航空機安全、福
島、の各専門家から意見を聞くとのこと。こちらもぜひ傍聴しましょう。
(事前申し込みは前日7日(木)の正午までとなっています)
http://tinyurl.com/ablw6de
  -------以下、転送-----
みなさまへ
本日、名雪事件で署名提出と交渉を行いましたが、規制庁は一個人の軽率な行動
で済ませ、真相解明すら行う姿勢はありません。基準策定も立ち止まるつもりは
なく、暴走状態が続きます。明日(6日)の原子力規制委員会で、地震・津波の
新安全設計基準、シビアアクシデント基準を含む新安全基準について、骨子案
を確定し、パブコメを始めようとしています。

◆原子力規制委員会の傍聴に行きましょう!
 明日(6日)の原子力規制委員会は10時半〜12時です。登録の受付は今日12時で
終わっていますが、当日行って身分証を提示すれば入れます。傍聴に行ってプレ
ッシャーをかけましょう。

◆パブコメワークショップに参加を!
 明日(6日)の夜18時〜20時、参議院議員会館でパブコメワークショップを開催し
ます。パブコメなんかやってる場合じゃないだろう!というものも含めて、バンバン
意見、疑問を出しましょう。よろしくお願いします!
http://tinyurl.com/aqdv2dc
----------------------------------------------
みなさまへ
本日10時より、名雪審議官が日本原電に敦賀原発活断層調査をめぐる公表前の文
書を渡していた問題について、緊急署名提出と政府交渉がありました。

福島みずほ議員(社民党)、平山誠議員(みどりの風)が参加されました。市民
側は、美浜の会、グリーン・アクション、原子力規制を監視する市民の会のメン
バーが参加。政府側は、原子力規制庁総務課課長補佐(総括担当)の金指壽氏が
対応しました。

署名は36時間の超緊急署名でしたが、3602筆が集まり、冒頭提出しました。その
後、名雪事件について、やりとりがありました。

◆原電は、名雪審議官と8回会ったということが新聞でも報じられています、そ
の内容について質しました。規制庁は、8回会っていたということを含めて把握
いていないし、把握するつもりもない。内規ではもっとも重い訓告の処分をくだ
しているのでその必要はないと回答しました。

◆問題の資料は原電が要求したのか、それとも名雪氏が渡したのかについては、
渡した事実を確認すれば十分だ、アポをとって審議官室で会った、資料は審議官
室にあったとの回答、もし原電側が要求し、それに対する見返りがあれば大問題
なので調べる必要があると、再三詰め寄ったのですが、回答は変わらず、再発防
止対策の検討を行っていると繰り返していました。

◆儀礼的挨拶の実態について調査したのかについては、過去について把握するす
べがないと。しかし、来客リストなど記録があるはずで、これについては資料開
示を行うことにしました。

◆名雪氏が原電と会った翌日に、不自然にも告白をしている件については、翌日
になって、儀礼的挨拶の範囲を超えたため記録が必要だと思い、記録をつくって
いるうちに資料を渡したことが問題だと認識し、告白したとの説明でした。なぜ
渡した時にそう思わなかったのでしょうか。

◆また、原電に会ったのが1月22日、23日に告白していたのに公表が2月1日と遅く
なった件については、調査と処分の決定に時間がかかった、規制委員長には適宜
報告しているとの回答、しかし一人の聞き取りに1週間もかかるはずはなく、再稼
働の新安全基準の骨子案の目処が立つのを待った疑いが残ります。

◆最後に、大飯原発の破砕帯で、規制委員会の検討が行われる直前に、地域安全
統括管理官と大飯原発規制事務所所長が関電の大飯原発所長と会っていた件につ
いて、公表されている記録では、意見交換としかなく、内容が不明である点を質
しました。これについては、検査官事務所に電話して確認することを約束しまし
た。

規制庁は、再発防止や信頼回復と繰り返し言いながら、それに不可欠なはずの今
回の名雪事件の真相解明、さらには規制庁幹部と電力幹部との秘密裏の情報交換
の実態について、解明する姿勢がまったくみられません。規制庁に対する不信を
ますます高める結果となりました。交渉後、追加の質問を出すことと、超党派の
議員で、再度の交渉を含め、継続してこの問題を取り組むことにしました。
******************
追加質問事項
・今日提出した緊急署名にある要請項目4項目について回答すること
・原電と8回会った会合について調べて公開すること
・なぜ破砕帯の未公開資料を渡したのかその理由を明らかにすること
・原電が自ら要求した語っているが真相はどうか
・儀礼的挨拶等面会の記録(来客リスト)を公開すること
・儀礼的挨拶の位置づけを明らかにすること
・大飯の意見交換について、検査官事務所に電話して確認するということだがそ
の結果について明らかにすること
**********************
規制庁の原子力ムラ体質は許せない!緊急署名
◇敦賀原発の断層調査情報提供は 原子力事業者への利益供与
◇名雪事件の真相と、規制委員会としての責任を明らかにするよう求めます
◇名雪氏が関与した再稼働のための新安全基準策定作業の中止を!
**********************
原子力規制委員会委員長 田中俊一 様
要 請 事 項
1,名雪元審議官が関与した敦賀原発の断層調査情報提供事件に関して、原子力
規制委員会として責任を明確にすること。そのために第三者機関を設置して、調査
し公表すること。

2,規制委員会・規制庁と原子力事業者との「あいさつ」「面談」について
・これまでの「あいさつ」「面談」の詳細資料を公開すること。
・「あいさつ」も含めて、原子力事業者との面談については詳細な議事録や録
音・録画を公開し可視化すること。

3.名雪元審議官が関与した、「地震・津波の新安全設計基準」、「再稼働の新
安全基準」骨子の策定作業を全て中止すること。 新安全基準策定等の各種検討チー
ムの委員について、利益相反が明確な委員を解任すること。批判的専門家等を採
用して議論をやり直すこと。電中研の職員・OB等の意見を参考意見として採用
することをやめること。

原子力規制を監視する市民の会 グリーン・アクション
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)

[署名の趣旨]
今回発覚した、名雪元審議官による日本原電への敦賀原発断層調査の情報提供は、
原子力事業者への利益供与に他なりません。中立性と独立性を謳う原子力規制委
員会の事務局でこのような事件が発覚したことは、いまだ、原子力ムラの体質が
なんら変わっていないことを端的に示すものです。

2月1日の原子力規制庁の森本次長の緊急記者会見では、今回の事件の真相は全
く明らかになっていません。規制庁は、名雪元審議官がなぜこのようなことを行
ったのかも調べず、日本原電への調査さえ行わず、名雪氏個人の「内規違反」に
とどめようとしています。他方、日本原電は同日の記者会見で、昨年12月から
名雪氏と5回「面会」したと発表していますが、その内容も闇の中です。
 このような中で、原子力事業者への利益供与は本当に今回だけだったのかとの
不審が大きくなっています。事件の真相を明らかにし、規制委員会としての責任
を明確にすべきです。今回の事件を含め、原子力事業者への利益供与等の実態を
解明するために、第三者機関を設置し、調査内容・結果を公表すべきです。

今回の事件は「儀礼的あいさつ」という名目で、しかし実態は電力会社に未公表
の資料を提供するという密室から始まりました。まず、これまでの「あいさつ」
「面談」の詳細な資料を公開するべきです。さらに、今後このような不正をなく
すためには、少なくとも、「あいさつ」も含めた原子力事業者との面談について
は詳細な議事録や録音・録画の公開等で可視化し、社会的監視が実行できるよう
にするべきです。
規制委員会ホームページに掲載されている「面談」資料では、内容が全く分かり
ません。例えば、1月16日14時から行われた大飯原発断層調査の第3回評価
会合直前の、13時20分から、大飯原発内で大飯発電所長との面談を行い、
「各電所で行われている破砕帯等調査について意見交換を行った」とだけ記載さ
れています(※1)。これでは面談の内容が確認できません。

さらに、名雪氏は、大飯・敦賀・東通の活断層調査、地震・津波の新安全基準策
定に直接関与し、審議官という重責にありました。1月22日に情報提供を行い、
そのことを翌日23日には規制庁が把握していながら、事件の公表は10日後の
2月1日です。これは、再稼働のための新安全基準骨子案の議論を済ませてしま
うまで、意図的に事件の公表を遅らせたとしか考えられません。名雪氏が基準骨
子案の策定に関与し、規制庁としてそのことを隠蔽してきたことからして、新安
全基準の策定作業は全て中止すべきです。6日の原子力規制委員会本会議で、
「地震・津波の新安全設計基準」と「再稼働の新安全基準」の骨子案を確定し、
わずか2週間のパブコメを実施しようとしています。骨子の策定作業を全て中止
すべきです。

また、新安全基準策定等の各種検討チーム等の委員について、利益相反が明確な
委員を解任し、批判的専門家等を採用して議論をやり直すべきです。電中研(電
力中央研究所)の職員・OB等の意見を参考意見として採用することもやめるべ
きです。
(※1)
http://tinyurl.com/aray75f

★ YAMASAKI Hisatak さんから:
 検察庁による捜査が行われているもよう
 一刻も早く立件を求める署名の要請と合わせて

【テレビ朝日のニュースから】
 福島第一原発事故巡り…班目元委員長を任意聴取(02/03 15:28)
 http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/230203013.html
 福島第一原発の事故を巡る告訴・告発を受けて捜査を進めている検察当局が、
当時の原子力安全委員会の班目春樹元委員長から事情聴取していたことが新た
に分かりました。
 福島第一原発の周辺住民らは、原発事故で救助活動や避難が遅れたなどとし
て、東京電力の旧経営陣らを各地検に告訴・告発しました。これまでに検察当
局は、勝俣恒久前会長ら当時の東電トップらから事情を聴いていますが、関係
者によりますと、2日までに原子力安全委員会の班目元委員長からも任意で事
情を聴いていたことが新たに分かりました。津波対策など原発の安全審査のほ
か、事故後に安全委員会が放射性物質の拡散予測システム「SPEEDI」の結果を
公表するまでの経緯について詳しく説明を求めたものとみられます。

【以下は署名サイトと署名の要請文章です】
http://urx.nu/2ZaN
<福島原発事故に関し、厳正な捜査・起訴を求める署名>
福島地方検察庁 検事正殿
東京地方検察庁 検事正殿

 2011年3月11日の東日本大震災に伴い発生した東京電力福島第一原子
力発電所の事故は、かつてなく大きな被害をもたらし、1年10ヶ月以上経っ
た今なお16万人が故郷を思いながら帰ることができないでいます。また、障
がい者などの災害弱者の中には、原発事故に伴う避難区域の設定によって過酷
な避難を余儀なくされ、亡くなった人たちもいます。これほどの巨大な人災で
ありながら、福島原発の事故では政府も自治体も東京電力も誰一人刑事責任を
追及されていません。他の事故や災害と比べ、あまりに不公平であり理不尽で
す。
 福島原発告訴団は、こうした現状に危機感を抱き、加害者である国や東京電
力、原発を安全と宣伝してきた学者の刑事責任を問うため、2012年3月に
発足しました。2012年6月に福島県内の被害者・避難者による第一次告訴
を行い、11月には全国の被害者を集めた第二次告訴を行いました。この告
訴・告発を検察がどのように取り扱うのかに世界が注目しています。
 巨大な事故を引き起こした政府や企業が何の責任も問われなければ、法治国
家としての土台は崩れ去り、日本社会の信頼は損なわれることになるからです。
私たちはこの国の主権者として、国の捜査権限が公権力と癒着した企業犯罪を
裁くために正しく行使されることを求め、社会正義と人々のいのちが最優先の
価値とされる日本社会を構築することを目指すものです。よって、下記の通り
要請します。
                  記
 告訴・告発を真摯に受け止め被告訴人に対し強制捜査を含む厳正な捜査・起
訴を行うこと。

 取り扱い団体:福島原発告訴団
 〒963−4316 福島県田村市船引町芦沢字小倉140−1
 電話080−5739−7279
 第一次締め切り:2013年2月15日 
 第二次締め切り:2013年3月5日
 本署名は上記の要請を行うためのものであり、個人情報をこの目的以外に使
用することはありません。年齢、国籍、居住国の制限はありませんが二重の署
名には注意してください。

★ 芦原康江 さんから:
 島根原発3号機差止訴訟の原告並びにサポーターの募集お知らせです。ご協力
をお願いいたします。
   島根3号を止めよう
皆様
 まだ燃料の装荷されていない新しい島根原発3号機を、国は名指しで動かそ
うとしています。この原発が稼働し始めれば、あと40年は、私たちの目の前で
動き続けることになります。それも、福島の事故後、新規の原発で初めて動く
ことになります。大きな地震発生の危険性が指摘される中、このまま動かせば
フクシマのような事故が起きる危険性が高まります。
 私たちは、この原発の稼働を何としても止めたいと思い、中国電力と国を相
手に訴訟を起こすことにしました。
 つきましては、原告を1000人程度募集します。訴訟は、島根と鳥取の弁護士
の皆さんが訴訟にかかわる費用の実費のみで引き受けて下さり、準備中です。
4月をめどに訴訟が開始できるよう、準備を進めてまいります。
 原告の方は、初年度に1万円(印紙代他)と年会費3,000円を振り込んでいた
だくとともに、弁護士への委任状2通が必要です。また、訴訟を支えてくださ
るサポーターも募集しています。サポーターは、年会費3,000のみを振込み願
います。
 委任状等の詳細は、ホームページからダウンロードできるようにしてありま
すので、こちらからダウンロードしてお使いください。短期間での原告募集で
すので、どうか皆様、拡散願います。
http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/3goro/

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

★ 『九州原発ゼロへ、48の視点』
http://www.nanpou.com/book/bok_364.html
<青柳コメント:九電本店前ひろば・テントにも50冊あります。>

● さよなら原発!福岡例会 ●  
日 時:2月20日(火)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://tinyurl.com/94fdcvh
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● さよなら原発! 3・10福岡集会とサウンドデモ  
 日 時:3月10日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発
場 所:福岡市・冷泉公園 
住 所:福岡市博多区上川端町
    地図:http://tinyurl.com/6rr76od
主 催: さよなら原発! 3・10福岡集会実行委員会
連絡先: 原発とめよう! 九電本店前ひろば(080-6420-6211・青柳)
ホームページ http://bye-nukes.com/fukuoka 
賛同カンパ送り先:郵便振替 番号 01770−5−71599
加入者名 さよなら原発! 福岡
賛同金一口 500円(何口も可・大歓迎)

↓↓↓↓ツイッター用告知文↓↓↓↓
【拡散】さよなら原発3・10福岡集会/3月10日(日)14:00集会開始@福岡市・
冷泉公園(博多区上川端町)http://bye-nukes.com/fukuoka 打楽器募集!太鼓など
買わなくても、金属片(フライパンやスチール缶等)とスプーンさえあれば、サンバ
風な楽器に。
…ツイッターやFaceBookなどでもぜひ拡散をお願いします!

● 原発労災・梅田隆亮さん第5回口頭弁論 ●
日 時:3月13日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(1748)当座26149691

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆        
<facebook、twitter、mixi、ホームページ、メルマガ、ブログ等で拡散よろしく>
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内